犬のしつけが上手くいかない時に考えたいこと5つ

犬のしつけが上手くいかない時に考えたいこと5つ

お気に入りに追加

犬のしつけは、私たち飼い主の永遠の課題です。ときには、愛犬が言うことを聞いてくれず悩むこともあるでしょう。そこで今回は、犬のしつけが上手くいかない時に考えたいことをご紹介します。しつけと称し、飼い主の考えを犬に押し付けていないか改めて見直してみましょう。

6933view

犬のしつけが上手くいかない…

女性と犬

いまや犬のしつけに関する情報が溢れ、本当は何が正しいのか分からなくなっている飼い主さんも少なくないはずです。マニュアル本通りにしつけを行っても、言うことを聞いてくれない…。もしかしたら、それはしつけの方法が間違っているのかもしれません。

そこで今回は、犬のしつけが上手くいかない時に考えたいことをご紹介します。犬との暮らしをより良いものにするために、しつけを見直してみましょう!

1.タイミングを間違えていないか

粗相をする犬

例えば、トイレのしつけを行う場合は犬がトイレをした時点で褒めたり、叱ったりする必要があります。なぜなら、後になって粗相に気付いて叱ったとしても、犬は何を叱られているのか理解しにくいからです。

このように、しつけはタイミングを見計らって行うべきです。飼い主は、犬が行動を起こした時点で、即座に反応しなければなりません。愛犬の行動に目を配ることができていないのであれば、しつけが上手くいかないのも無理はないでしょう。

2.声のトーンに注意する

犬に指示する女性

愛犬がいけないことをしたとき、つい高い声で叱ってしまってはいませんか?基本的には、犬を叱るときは低い声を使うべきです。

高い声は、犬を興奮させます。そのため、高い声で叱ると余計に吠えたり、悪さをしたりするようになる可能性があります。叱り方やタイミングだけでなく、叱るときの声のトーンにも注意しましょう。

3.コマンドを統一する

女性にハイタッチする犬

「待て」や「お座り」といったコマンドは、家族で統一する必要があります。それぞれが違う言葉やジェスチャーで指示してしまうと、犬は混乱してしまうでしょう。そうなると、今までできていたしつけもできなくなる可能性があります。

なぜできなくなったのだろうと疑問を持ったときは、コマンドにバラつきが出ていないか見直してみましょう。

4.一貫した態度を取る

大きな犬と女性

昨日はダメと言ったのに、今日はOKという曖昧な態度はよくありません。ダメなものはダメなのだと、犬には一貫した態度で接しましょう。

そうしているうちに、人の食べ物を欲しがったり、困ったイタズラをしたりする回数は徐々に減ってくるでしょう。

5.犬のしつけに終わりはないと大きく構える

犬と子どもと男性

犬のしつけは、マニュアル通りにはいかないものです。あの子はできているのに、なぜできないのだろうとイライラすることもあるでしょう。しかし、それこそが愛犬の個性です。

犬のしつけに終わりはありません。一生かけて、できることを1つずつ増やしていけばよいだけなのです。そして、お互いが心地よく暮らせるように歩み寄っていけばよいのです。

犬のしつけは1日や2日でできるものではないと覚悟して、今日の続きはまた明日にでも取り組んでみませんか?

まとめ

家族

犬のしつけが上手くいかない時に考えたいことをご紹介しました。いかがでしたか?

犬のしつけは、飼い主の考えを押し付けることではありません。ましてや、力でねじ伏せるなんてもってのほかです。それは、到底しつけと呼べるものではないのです。

なぜこんな簡単なことができないのかと悩んでいる飼い主さんは、落ち着いて愛犬の目を見てください。そこには、動揺や恐怖、混乱、興奮…様々なものが映っているはずです。

犬のしつけは、私たち飼い主の永遠の課題です。そして、愛犬もどうすべきか悩んでいるのだということを忘れてはなりません。お互いに歩み寄って、心地よく暮らせるように改めて犬のしつけを見直してみませんか?

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    4頭のワンコがいました。

    出かける時に必ず吠えられ、吠え続けるので引っ越しをせざるおえなかったこともありました。

    しつけグッズやしつけの方法を調べていろいろためしましたが、効果は全くなくいつも頭を悩ませていました。

    そんな生活を何年も送っていましたが、ひらきなおって違う方法をとってみました。

    よくある出かける前に声をかけたらダメ、というものを逆に「いってくるね」と声をかけ頭を撫でるようにしました。

    家に戻ると「ただいま」と、おもいっきり撫でました。

    最初のうちはいつもと同じで吠えていましたが、だんだん「いってくるね」と言うとそれぞれの定位置でおとなしく待つようになりました。

    ボイスレコーダーで留守中ずっと録音していたので、変化はすぐにわかりました。

    ワンコによってしつけの方法は違うんだと実感しました。

    それぞれの性格にあったしつけの方法を考えることが一番の近道なのかもしれません。

    頭でっかちにならず、もっと早く実践すれば良かったと思いました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。