犬にとって夏のアスファルトは凶器!地獄の夏を乗り越える工夫

6851view

犬にとって夏のアスファルトは凶器!地獄の夏を乗り越える工夫

この数年どんどん夏の暑さが増していき、外に出ることが「危険」とすら言われるようになりました。熱中症や夏バテ、暑すぎるアスファルトなど毎日の散歩が必要な犬と飼い主にとって、ネックとなるものが多い季節ですが上手に工夫をして楽しく乗り越えましょう!

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

犬には凶器!夏のアスファルトの危険性

足をケガしているノーフォークテリア

近年の夏の暑さは異常なほどで、真夏ともなれば1日中地表の熱が冷めないことがほとんどです。特にアスファルトは気温の約2倍近い温度になると言われており、気温30℃の日の日中には57~60℃になると言われています。さらにアスファルトは熱が非常に冷めにくく、太陽が低くなったり隠れてもいつまでも熱いまま、という特徴を持っています。

そのため、基本的に“素足”で地面を歩く犬にとっては非常に危険なものとなってしまいます。犬の肉球はそれぞれ暑さなどが異なるため、何度まで耐えられるかということは明確になっていませんが少なくとも私たち人間が素手で地面を触った時に、熱いと感じるようであれば犬の肉球にとっても負担となることは確かでしょう。40℃を超えたものに触れた時多くの人が「あたたかい」と感じ、50℃を超えれば「熱い」と感じるのが一般的。また触れている時間長いほど、低温やけどをする可能性もあります。

犬の肉球が気がつかないうちにやけどをしてしまうと、じわじわと細胞が壊死していってしまったり表面についた傷から感染症などを引き起こすこともあります。また、歩くのを制止して安静にさせることがむずかしい犬の肉球は、やけどやケガを負ってもなかなか完治しにくく犬も飼い主もストレスを抱えてしまいがちなのでアスファルトによる危険性をしっかりと認識して予防を心がけるようにしましょう。

アスファルトだけじゃない!犬の夏バテにも注意

草むらで暑そうに休んでいるビーグル

夏の犬の散歩というとアスファルトの危険性が広く知られるようになってきましたが、太陽の日差しが降り注ぐ時間を避けても夏の危険性は避けきれないと考えた方がいいでしょう。

アスファルトは溜まった熱が冷めにくく、日差しのない夜になっても熱いままということも多く体高の低い犬にとってはその地表熱が負担となることも少なくありません。数年前までは朝晩の涼しい時間に散歩を…と推奨されていましたが、最近では朝6時や夜7時頃になっても気温が30℃近くあるということも稀ではありません。そのような中で熱のこもったアスファルトの上を歩いていれば、肉球への負担だけでなく体全体への負担も大きく夏バテ、熱中症を引き起こしてしまうことも考えられます。「朝早いから大丈夫」などと暑い中で散歩をして、帰宅した後もいつまでも呼吸が整わなかったりぐったりと寝ているようであれば犬にとっては暑すぎる気温なのかもしれません。暑さに対する耐性は個体差があるので、犬の様子を見ながら散歩をするかどうか判断するようにしましょう。

夏の散歩で飼い主がするべき工夫

ペットボトルから水を飲むラブラドール

朝晩でも熱の冷めない夏の暑さによる犬への負担を軽減するために、飼い主はさまざまな工夫が必要となってきます。

アスファルトによる肉球のやけどを防ぐためには靴や靴下などを利用することもひとつの手ですが、それほどまでに暑いようであれば熱中症などの心配もあるため「外に出ない」という選択をすることも必要です。どうしても毎日に日課になっている散歩をしないようにするということには抵抗がある飼い主も多いと思いますが、気温や状況によっては散歩をしない日もあっていいと思います。また、日が陰り暑さがマシになったと思った時も、アスファルトを飼い主自身が手のひらで触って熱さをチェックすることも大切です。アスファルトは暑くても散歩に出たい場合は、抱っこで土の上や木陰のある場所まで行って地面の熱くない場所を歩かせるなどするといいでしょう。

また、アスファルトによるやけどだけでなく暑さによる体への負担を減らす為に水で濡らした服を着せたり、濡らしたタオルを首に巻いたりすることも効果的。水が好きな犬であれば散歩途中で少し水をかけてあげてもいいかもしれません。また、散歩中のこまめな水分補給も忘れないようにしましょう。

夏を上手に乗り越えて愛犬の体を守ろう

アスファルトの上に立つ犬の足

今年の夏も早い時期から夏日や真夏日を記録して、長期に渡って猛暑が予想されています。犬は体を毛皮に覆われ、足裏は皮膚が露出しているため暑さには非常に弱い動物です。ですが、犬自身は暑いからと言ってエアコンを調整したり木陰のある公園を選ぶなど言うことは出来ません。私たち飼い主がしっかりと暑さ対策や健康管理を行って守っていく必要があるのです。

夏の散歩後には足裏を確認してやけどなどのトラブルがないかをチェックしたり、帰宅後のクールダウン早めるために室温を下げておいたり、少しでも暑さを防ぐために濡れた服を着させて散歩に出たり、出来る限りの工夫をして暑さ厳しい夏を乗り越えましょう。

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。