子犬との正しい遊び方3つ

子犬との正しい遊び方3つ

お気に入りに追加

子犬はよく遊んでよく食べてよく寝ることが仕事といっても良いぐらい、やることに対して善良で可愛いですよね。今回は、子犬と遊ぶときに注意したいことや、正しい遊び方をご紹介していきたいと思います。

8001view

子犬との正しい遊び方を知ろう!

おもちゃをくわえている子犬

子犬の頃から家にお迎えして飼い始める方も多いと思います。

まだ、子犬の体はとても小さく筋肉もあまり発達していない状態なので、怪我をさせないように上手に遊んであげましょう。

上手く遊んであげることで、社会性が身に付いたり飼い主との主従関係を理解したりする事ができます。

そこで、今回は子犬との正しい遊び方をご紹介していきたいと思います。

遊んでいる時でも主導権を握る

飼い主とおもちゃを引っ張り合っている犬

子犬と一緒に遊んでいると飼い主も夢中になってしまい、ついつい対等な立場で遊んでいることはありませんか?

特におもちゃを引っ張りっこや、ボールを投げて持ってこさせる遊びなどは、間違ったやり方をすると犬が主導権を握っていることが多くなりがちです。

その理由として、狩猟犬がルーツの犬種の場合、最初は遊びでも徐々に相手との勝敗を競う気持ちが表れてきます。

そうすると、くわえているものを離さなかったり、「う~う~」とうなり声をあげたりするようになり、この状態は既に「犬が主導権を握っている」といえます。

飼い主ではなく犬が主導権を取ってしまうと、家族内での主従関係が崩れていき、いざ指示を出した時に従わなくなってしまいます。

さらにひどい場合は、自分のおもちゃに執着するようになり、少しでも触ろうとすると怒ることもあります。

これでは飼い主にとっても犬にとっても悪影響を及ぼしてしまいますよね。

子犬と遊ぶことで重要なことは「興奮させない」ということです。

これを踏まえた上で、おもちゃを使って遊ぶ際には下記の点を意識してみましょう。

  • 遊ぶ前におもちゃを見せる

この時落ち着きがなかったり、吠えたりする場合は落ち着くまで様子を見ます。

  • 興奮したら遊びはストップする

犬が興奮しているかどうかを冷静に判断して、興奮状態になってる場合は一度遊びを止めます。

こちらからは何も声をかけず落ち着くまで待ちましょう。

また、遊びを始めるのも終わらせるのも飼い主からアクションを起こすようにしましょう。

犬が飽きるまで遊ばせずにメリハリをつけて行うことがポイントです。

おもちゃの管理を怠らない

おもちゃ

子犬と遊んだ後は、おもちゃなど犬の目や手が届かないところへきちんと片づけておきましょう。

自分の意思でおもちゃを使って遊べてしまうと、いくら遊びの間で主導権を握ろうと意識していても効果が薄れてしまいます。

おもちゃを管理するのは飼い主だということを理解させると、必然的に飼い主の方が立場が上だと認識するようになりますよ。

また、糸がほつれていたり中の綿が出ていたりとボロボロになったおもちゃは誤飲や口内の怪我の原因となるので、取扱いには十分注意してください。

お気に入りのおもちゃだと捨ててしまうのは可哀想な気もしますが、犬の安全面を考えれば廃棄することも視野に入れましょう。

子犬と遊ぶ時間は適度に

仰向けの子犬

子犬は遊びだすと夢中になって遊び続けることがあるので、飼い主が時間に区切りをつけてあげることが大切です。

時間は1回の遊びにつき10分~15分程度で、それを1日に3回~4回に分けて行うと、子犬への負担も少なくまたストレスの発散にも繋がります。

子犬が飽きるまでずっと遊び続けてしまうと、体力を激しく消耗してグッタリと元気がなくなってしまうので、十分に気をつけましょう。

飼い主さんも子犬も休憩をしっかりと取りつつ楽しく遊ぶことをオススメします。

まとめ

飼い主と子犬がハイタッチしている写真

いかがでしたでしょうか。子犬と遊んでるとその可愛さからこちらも夢中になってしまうことがありますが、飼い主として冷静に主導権を握るように心がけたいものですね。

遊びに使うおもちゃも、素材や硬さなど少しでも安全な物を選ぶように意識しましょう。

また、子犬と遊び過ぎて元気がないと思ったら脱水症状を起こしていたというケースもあるようです。時間配分にも十分注意して楽しく遊びたいですね。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。