犬の散歩を炎天下でする危険性について

【獣医師監修】犬の散歩を炎天下でする危険性について

日本の夏はとても暑く、犬にとっても人間にとっても過酷な季節です。日中炎天下の中で散歩をすると、犬も熱中症になりやすくとても危険です。炎天下で散歩をする危険性や対策を知っていただければと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

炎天下で散歩をした時の犬への影響

青空と犬

人より過酷な炎天下

炎天下ではアスファルトに熱がこもり、とても熱くなってしまいます。熱がこもった地面により近い彼らは、私たち人間より暑く感じていることでしょう。
さらに犬は、元々体温が38~39度前後あるので、彼らは常に毛皮を着ている様な状態です。つまり、人間よりも過酷な環境を過ごしているのです。少しでも快適な散歩に行けるように、暑さには気を付けてあげたいですね。

炎天下の影響による体への危険

とても暑い中で散歩をすると熱中症になる危険性があります。熱中症はとても身近で起きやすい危ない症状の一つで、酷くなると命を落とす事もあります。熱中症が酷くなると、嘔吐や下痢、意識が無くなったり、発作といった症状が出ることもあります。

また、意外に気にしている人が少ないのですが、肉球も熱せられたアスファルトによって、火傷をしてしまう可能性があります。

一度、少しだけ裸足でアスファルトの上を歩いてみてください。とても熱くて、炎天下でのワンちゃんの肉球の状況がよくわかります。

炎天下で体力を消耗している時の合図

舌を出している犬

炎天下の中で呼吸が荒かったり、少しぼーっとしながら『パンディング』といわれる舌を出してハァハァしている仕草をしていたら、体に熱がこもってきている状態となります。

犬は、汗をかける部分が少ないので、人間の様に汗をかいて体温調節するのが苦手なようですね。
このパンディングを行うことで、自分の体に溜まっている熱を逃がし体温調節をしています。
ずっとパンディングした状態が続いている場合は熱がこもり、体力を消耗して熱中症になりかけていると思って良いでしょう。

炎天下の日に散歩をする時の対策

水浴びをしている犬

涼しい時間帯に散歩する

日中に散歩するのは避けて、朝や夕方の割と涼しい時に散歩に行くようにしましょう。
散歩する時間を少し変えるだけで、体にかかる負担がずいぶん減ります。
犬にとっても人間にとっても一番良い対策となりますよね。

水分補給をこまめにする

暑い日はいつでも水分補給をすることが出来るように、水を持ち歩きましょう。
こまめに水を飲ませることはもちろん、水を体にかけてあげてクールダウンすることもできます。

グッズを使用する

ペット用の熱中症対策グッズや、スカーフなどを水で濡らして首に巻いてあげたりすると、ワンちゃんは快適に散歩をすることができそうですね。

もし熱中症になってしまったら

舌を出して寝ているチワワ

対策をしていたにも関わらず、熱中症になってしまったらどうすればよいのでしょうか。熱中症は命に関わる危険な病気ですので、出来る限り早急に病院へ連れて行ってください。

近くに病院がない場合はとりあえずの応急処置として、日陰などの涼しい場所に移動させましょう。冷房の効いた建物や車なども良いですね。

そして、冷たすぎない水を体にかけて冷やしてあげます。うちわや扇風機などで体の熱を取ってあげるのも良いです。水分補給をすることができるのでしたら、水をあげましょう。

病院には、あらかじめ症状を伝えすぐに治療してもらえるようにしておきましょう。病院に連れていく道中も体を冷やしてあげることを忘れないでください。

まとめ

散歩中の犬

炎天下は夏の日常にありふれています。
ですので、つい甘くみてしまいがちになってしまいますが、意識する事で簡単に対策を取ることが出来ます。

日ごろから気を付けて、ワンちゃんの危険を取り除いてあげましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    多摩川の河川敷で朝夕散歩してます、
    この時期、モグラ、ネズミ、かに、蝉、みみずなどや若者達がバーベキューなどした後の食べカスなんかが干からびて草に隠れていて、気が付くとくわえていて、食べてしまう、歩いていて気お付けていますが、なかなか犬の素早さに勝てません、足の肉球に気をつかい草の上を歩かせる、何か良い散歩の仕方ご存知の方お助けください
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。