犬の鼻がはげるさまざまな皮膚病

【獣医師監修】犬の鼻がはげるさまざまな皮膚病

お気に入りに追加

最近犬の鼻の周辺がはげていたり、なんだか痒そうにしていることはありませんか?犬の鼻周辺の皮膚がはげてしまうという症状は、皮膚病の一つになります。「鼻だから大丈夫だろう」とこの症状を放っておくと、体全身に広がってしまう可能性もあるのです!今回は犬の鼻がはげてしまう皮膚病について詳しくみていきたいと思います。

13329view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の鼻がはげてしまう原因

薬と犬

犬の鼻がはげてしまう原因には、老化や怪我、寄生虫によるものなどさまざまです。

暑い季節には紫外線が強くなり犬の皮膚に大きな影響を与え、季節の変わり目によっては犬の鼻周辺がはげてしまう可能性もあります。

犬の皮膚病にはフケや痒み、かさぶたなどの症状を伴う場合が高く、その中でも特に犬の皮膚病ははげる症状が多くみられ、発生場所や抜け方もさまざまです。

犬の鼻がはげることから考えられる病気

ブルドッグ

  • 膿皮症
  • アトピー性皮膚炎
  • 犬糸状菌症
  • コリーノーズ

膿皮症

犬の膿皮症の症状としては、犬に発赤や強い痒みが特徴的で、足で引っ掻き、舐めたりすると短期間で広がり、特に夏季に多い傾向にあります。

不衛生な環境、過度なシャンプーや合わないシャンプーをした時、抵抗力が落ちた時などに皮膚の常在菌が皮膚に細菌感染することで起こる皮膚病です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はアレルギーによる犬の遺伝的要因が関係しており、犬のアレルゲンとなるものは以下のようなものです。

  • 食べ物(卵、牛乳、穀物など)
  • 花粉やハウスダスト、イエダニ
  • ノミなどの寄生虫
  • 食器やベッド、絨毯 など

この中の食べ物は、特に犬のアレルゲンとなるものが多く存在し、痒みや発赤だけでなく下痢や嘔吐などの症状もみられます。犬のアレルゲンとなるものは、血液によるアレルギー検査や皮膚検査で調べることができます。この犬の病気は非常に痒みが強く、完治が難しいため根気が必要です。

犬糸状菌症

犬糸状菌症は、犬の皮膚に常在している糸状菌によって発症する皮膚病です。犬の全身に発症しますが、特に顔や鼻周辺、肢にみられ、円形のはげ(リングワーム)が特徴的です。感染している他の犬に接触すると感染し、換毛期や免疫力が低下している時に多くみられます。

痒みはほとんどありませんが、犬から人間にもうつる人獣共通感染症でもあり、同じ症状が出ます。人間では子供や高齢者、免疫力が低下している人にうつりやすいと言われています。

コリーノーズ

コリーノーズは犬が長時間もの間に日光に当たることで発症し、鼻先やその周辺に発赤やはげがみられます。完治は難しく、再発が多い皮膚病です。

その他の病気

犬が皮膚病でないのに鼻がはげるというのは、他の病気にかかっている可能性も考えられます。甲状腺機能低下症や糖尿病、クッシング症候群などのホルモンの病気でもみられる症状です。

ほかに天疱瘡やエリテマトーデスといった自己免疫性疾患でも鼻周辺の皮膚に炎症が起こりはげてしまうことがあります。自分自身の細胞を攻撃しますので治療は生涯続くことがほとんどです。

犬の鼻がはげてしまった時の治療法

診察中の犬

膿皮症の場合の治療法は、犬に抗生剤や抗ヒスタミン剤で痒みを抑え、薬用シャンプーを使用することもあります。発症している間は犬同士の接触は控え、消毒を心がけましょう。

アトピー性皮膚炎の場合の治療法は、犬のアレルゲンを食餌として取り込んだり、接触しないようにできるだけ気を付け、抗生剤や抗ヒスタミン剤・ステロイドなどの痒みを抑える薬や薬用シャンプーが処方されます。

コリーノーズの場合の治療法は、犬にステロイド剤や抗炎症剤の投薬が行われますが、予防や進行防止のため紫外線から守る工夫も必要です。

犬の鼻が老化によってはげてしまったという場合は、処置や治療は獣医師が判断しますが、皮膚病や怪我などによって犬の鼻にはげが発症した場合は、発生部位の消毒や塗り薬で治療することがあります。

犬の皮膚に痒みや炎症があるとステロイド剤や抗ヒスタミン剤、抗生剤などが処方され、その他に食事管理や環境管理も勧められます。

また、シャンプーの回数が多い、こすりすぎるなどによってかえって細菌感染しやすくなったり、乾燥してしまったり、乾燥から菱分泌が多くなるなどから発症することもあり、家庭で犬をシャンプーをする場合は、しっかりと洗い流してタオルでよく拭いてあげると良いでしょう。
ドライヤーは必ずかけて自然乾燥に任せないようにしましょう。生乾きは細菌繁殖のもとになります。

犬の治療で投薬は、途中で辞めてしまうと症状が繰り返してしまいますので、投薬は決められた期間を忘れず投与してあげてください。犬の薬用シャンプーを処方されたら、使用頻度と洗い方を守って行います。

鼻がはげやすい犬種

パグの子犬

  • ブルドッグ
  • パグ
  • ペキニー
  • ボーダーコリー
  • シェルティー
  • 被毛の白い犬

ブルドッグやパグ、ペキニーズは顔に深いシワがあるため、このような犬種は顔や鼻に発症しやすいと言われています。ボーダーコリーなどの雪国が原産地で、遺伝的にメラニン色素が少ない犬種が好発犬種です。

特に顔に深いシワがある犬種は注意が必要です。顔と鼻が近いため炎症を起こしてしまうと結膜炎を併発する可能性も高くなります。また、鼻を地面やコンクリートに擦り付けるクセのある犬もはげやすく、犬の鼻に傷があればそこから細菌感染することも考えられます。

犬にとって鼻は重要な部位なので、なるべく犬が自分で傷つけないように散歩のときなど気をそらしてあげると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?犬の鼻だけではなく、普段から犬の様子を観察し、いつもと違う行動や症状がみられたら病院で受診されることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。