犬の核硬化症について 症状と原因、危険性など

【獣医師監修】犬の核硬化症について 症状と原因、危険性など

お気に入りに追加

犬が引き起こす病気の1つに「核硬化症」があります。この記事では、犬の核硬化症がどのような病気であり、犬に対しどのような影響を及ぼす可能性があるのか、しっかりと見ていこうと思います。更に、同じ眼の病気で白内障にも触れ、その違い等をわかりやすく解説していきます。

4590view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の核硬化症の症状

犬の眼が白い

まず犬の核硬化症で簡単にイメージしていただきたいのが、人間でいう「老眼」に似ている症状だということです。つまり簡単に言うと犬の見えが悪くなります。

犬がいつもは、つまずかないようなところで、つまずくようになる、目の前に障害物があることに気付かずにぶつかってしまうなど、そういったことが増えていきます。犬のつまずきに気付けない場合は、ブラッシングをしている時、おやつをあげる時など、近くで顔を見る時に、犬の眼も一緒にチェックしておきましょう。

この核硬化症は、犬にとっての老化現象の一つのような病気のため視力は失われません。しかし犬によっては視野が狭くなります。白内障であった場合は視覚障害、視覚を失う場合がほとんどです。どちらの場合も、必ず目が白く濁って見えます。

ぶつかってるな、ドジだな、可愛いな、とは思わず、ここでは白内障との違いを後述していきますが、見分けることが何よりも犬の安全につながります。

犬の核硬化症の原因

老犬

犬の核硬化症の原因といわれているものは眼のレンズの役割が担っている水晶体の中心部にある「核」が、犬の加齢とともに硬くなり、硬くなった核に当たる光の角度によって眼が白く濁ってみえると言われています。しかし、この核硬化症は「犬の老化現象」とも言われているため、何か大きな原因がある、という病気ではありません。

犬の核硬化症の治療と予防

犬と獣医さん

ここまで犬の核硬化症の症状と原因についてお伝えして参りました。お察しの通り核硬化症は犬の老化現象の一種であり、完全に治す治療法や予防法はありません。

しかし白内障と併発するケースも多く、そうなると話は変わってきます。そのためにも、犬の核硬化症の予防法として挙げられることはただ一つです。

少しでも犬の眼が白いと感じたら病院に連れて行くこと

動物病院を受診することで、犬が核硬化症であれば白内障の併発を防ぐために気を付けてあげることができます。更に白内障であれば点眼をして、場合によっては犬の外科手術を早く受けさせてあげることができます。

犬の核硬化症と白内障の違い

犬の眼の写真

犬の目が白くなるという症状の原因は、まず大きく2つに分けることができます。

それは、

  • 犬の眼の外側にある角膜が白く濁る場合
  • 犬の眼の角膜ではなく内側が白く濁る場合

そしてここから考えられる、犬の眼の病気には四種類あります。

  • 犬の角膜の異常(角膜が白く濁っている場合)
  • 犬のぶどう膜炎
  • 犬の白内障
  • 犬の核硬化症

上記の病気が考えられます。ぶどう膜炎は、犬の涙の量が明らかに増え、犬によっては充血が強く出ることもあり、見分けはつけやすいのが特徴です。犬の核硬化症の間違えやすい病気は白内障です。ではまず、なんとなく馴染みのある白内障の症状を見ていきたいと思います。

犬の白内障

白内障とは、眼の水晶体が白く濁っていき、光の透過ができなくなる状態が続くことで視覚が失われてしまう病気です。犬がつまずき、ぶつかることがあるようであれば、白内障をまず疑ってください。

犬の白内障は後天性であれば6歳ごろから発症します。しかし、適切な検査の元に外科手術を行うことで視覚が回復し、元気にまた外出できるようになります。獣医師による的確な治療をすれば治る可能性がかなり高い白内障は、犬の様子からおかしいと思ったら疑いましょう。
白内障の手術はどの動物病院でも可能というわけではないので事前の確認が必要です。

犬の核硬化症

犬の核硬化症と白内障を比べて大きな違いは、上記でも記したように、核硬化症では視覚を失ったりはしないという点です。

核硬化症の症状の仕組みとしては、水晶体自体が白く濁る白内障とは違い、水晶体の中心部にあたる「核」の透明度が低下していき、角度によって眼が白く濁ってみえる病気です。核硬化症は犬の老化現象とも呼ばれるこの症状は、視覚を失わない代わりに完全に治す治療法がありません。

まとめ

犬と飼い主

ここまで核硬化症について、実際、目に見える症状や原因となること、治療や予防、そして併発しやすい白内障との違いについてお知らせして参りました。核硬化症だけだと、なんとなく「老眼なら大丈夫だろう」と思われがちですが、忘れてはいけないのが白内障との併発です。

老犬だからといって核硬化症と決めつけず、老犬だからこそ、しっかりと早期発見し、なるべく快適な生活を送れるように日頃から犬の様子をしっかりと見ていてあげてください。そして、少しでも長く、犬との大切な時間が伸びるように意識して過ごしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。