犬の「リード引っ張り癖」を直したい!わんこの心理から紐解く改善策

犬の「リード引っ張り癖」を直したい!わんこの心理から紐解く改善策

ワンちゃんが横にピッタリついて落ち着いてお散歩する…憧れますよね。リードを引っ張ってしまうとお困りの飼い主さんも多いはず。そこで今回は、3つのワンちゃんの心理から、リードの引っ張り癖の改善策をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬にとってお散歩は楽しいもの!

犬の散歩をする老夫婦

お散歩はワンちゃんとの楽しいイベントですよね。家の中で過ごすことが多いワンちゃんも、外の世界に触れ、探索欲求を満たすことができる絶好の機会です。しかし、自動車や自転車、知らない人やワンちゃんなど、危険が多いのも事実です。とくに、ワンちゃんは興味があるものを見つけると、リードを引っ張って走り出してしまうこともありますよね。とくに大型犬のパワーは凄まじいもの。その危険を回避するのが、飼い主さんの役目です。
事故やケガに気を付けながら、愛犬に「お散歩って楽しい!」と思ってもらえるようにしましょう。

正しい犬のお散歩方法

犬のリード

お散歩は楽しいイベント

「お散歩=トイレタイム」ではないので、お散歩に行く前に自宅でトイレを済ませることが大切です。ワンちゃんが「お散歩=トイレタイム」と学習してしまうと、お散歩に行くまでトイレを我慢してしまいます。そうなると病気を引き起こす可能性があるため、自宅でトイレをする習慣を付けましょう。

「お散歩=飼い主さんとの楽しい時間」と認識してもらうことが大切です。

リードの持ち方

リードの輪っかを手首に通し、リードをしっかり握ります。そうすれば、万が一指先がゆるんでしまっても手首からが外れにくいため安心です。伸縮リードを使っている方も多いと思いますが、あまりオススメできません。ストッパーが付いているとはいえ、急に自動車や自転車が近づいてきたら、即座に対処できないからです。

ワンちゃんとのお散歩は、「リードが常にたるんだ状態で歩くこと」が理想です。つまり、ワンちゃんが引っ張ることなく、飼い主さんのそばにピッタリついて歩いている状態です。

リードはワンちゃんの命を守る大切なものです。丈夫で安全性の高いものを選びましょう。

犬がリードを引っ張る心理①「いいニオイがする!」

芝生のにおいを嗅ぐ犬

ワンちゃんは歩いているとき、常に地面や葉っぱのニオイを嗅いでいます。これはワンちゃんの探索欲求を満たすもので、ストレス解消にもなり、お散歩の楽しみの一つといえます。しかし度が過ぎると、「あっちからいいニオイがする!」とリードを引っ張り、コースを外れようとするでしょう。

このときワンちゃんが行きたがる方向に行かせてしまうと、安全なコースを飼い主が決めることができず、さらにお散歩の時間のコントロールもできなくなってしまいます。ワンちゃんの好き勝手な方向へ行かせるのではなく、お散歩コースは飼い主が決めましょう。

改善策

ワンちゃんがいいニオイに惹かれ、コースを外れようとしたとき、飼い主さんはワンちゃんの動きに合わせることなく、そのままのペースで歩き続けましょう。このとき、無理にリードを引っ張ってはいけません。飼い主さんがまっすぐ歩けば、ワンちゃんは諦めてついてきてくれます。

ワンちゃんがどうしてもニオイを嗅ぎたがる場合は、その方向に危険なものがなく、時間の余裕がある場合のみ、嗅がせてあげましょう。このとき、無制限に時間を与えてしまうとその場から離れなくなってしまうので、数分で切り上げることが大切です。

犬がリードを引っ張る心理②「なにあれ!気になる!」

落ち葉の中を走る犬

気になるものを見つけた時に、リードを引っ張り、先へどんどん進んでしまうワンちゃんもいますよね。例えば、前方に鳥がいて追いかけてしまったり、落ちている食べ物を発見して食べてしまったり。このような危険を避けるために、飼い主さんがきちんとワンちゃんをコントロールしましょう。

改善策

勝手に先へどんどん進んでしまうワンちゃんには、無視するのが一番効果的です。このとき、こちらへ呼び戻そうと「オイデ」と声をかけてしまうと、「先へ進むこと=オイデ」と学習してしまう可能性があるため、声をかけることはNGです。

飼い主さんのペースで歩き続けることで、「先へどんどん進むことは良くないこと」と学習してくれます。

犬がリードを引っ張る心理③「ワンちゃんがいる!」

挨拶するたくさんの犬

ワンちゃんの性格によっては、見知らぬワンちゃんでもコミュニケーションをとろうと走って近づこうとする子も多いでしょう。このとき、相手のワンちゃんが嫌がっていないかを確認することが大切です。ワンちゃんに興味を示さないワンちゃんや、ワンちゃんが苦手なワンちゃんだっています。むやみに相手のワンちゃんに近づいてはいけません。

改善策

走り出すワンちゃんを制止し、リードを短く持ち、ゆっくりと近づきましょう。相手の飼い主さんに許可をとり、犬同士を挨拶させます。このとき、ワンちゃんから目を離してはいけません。ふとしたきっかけで、ケンカをしてしまう可能性があるからです。

まとめ

リードをくわえる犬

ワンちゃんの引っ張り癖は、もしかしたら飼い主さんが無意識のうちにそのようにお散歩することを習慣化し、ワンちゃんが学習してしまった可能性があります。お散歩のしつけをすることで改善できる問題なので、根気よくトレーニングを続けていくことが大切です。

楽しいお散歩の時間。「ワンちゃんが人間をお散歩している」状態にならないよう、飼い主さんがきちんと主導権を握りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。