犬の乳腺炎について 症状や原因、治療と予防

【獣医師監修】犬の乳腺炎について 症状や原因、治療と予防

お気に入りに追加

犬も人間と同様に乳腺炎を起こす場合があります。特に子犬を産んだばかりの親犬は、適切に授乳を行えないと、乳腺炎のリスクが高まります。人間とは異なり、犬は自分で胸のケアが出来ないので、より深刻な状況になる場合もあります。

3774view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の乳腺炎の症状

伏せる犬

乳腺炎の基本的な症状は、熱や痛みを伴いかつ乳房部分が腫れてしまいます。犬の乳房が腫れ上がるので、飼い主も見ただけで乳腺炎になっている事が分かります。

よく似た病気で犬に乳腺腫瘍という病気もありますが、乳腺炎は主な症状が、炎症症状で留まる場合が多いです。乳腺腫瘍の場合は、犬の乳房にしこりが見られます。また、乳腺腫瘍は10歳以上のシニア犬が罹患する確率が高いという点も見分け方のポイントです。

次に、犬の食欲不振や元気がなくなってしまうといった症状も見られます。発熱する事も多くあるので、乳腺炎の症状を見逃すという事はあまりないでしょう。

更に親犬が授乳拒否をする際も乳腺炎になっているかどうか疑ってみた方が良いでしょう。腫れているかどうか分からない場合には、乳房部分に触れて異常な張りや熱感があれば乳腺炎になってしまっている可能性が高いです。

犬が嫌がらずに乳房部分を触る事が出来ても、乳房にしこりのようなものが見受けられる場合には軽度の乳腺炎か 乳腺腫瘍の症状である場合が多いです。いずれにしても 速やかに動物病院を受診しましょう。

犬の乳腺炎の原因

子犬と親犬

子犬への授乳

原因として、子犬への授乳により乳腺が急速に発達し、お乳の分泌が上がるため、乳腺炎になってしまいます。

また、授乳による子犬の噛み傷から細菌が入り込み、炎症を起こしてしまった結果が乳腺炎の症状として表れる場合があります。

犬の妊娠または偽妊娠

犬が妊娠、または偽妊娠により、ホルモンの分泌が活発になるために乳腺が発達してお乳が出てしまう事があります。妊娠の有無に関わらず、メス犬は発情期を迎えると乳腺が急激に発達する事があります。

犬の想像妊娠によっても、ホルモンの分泌が過剰になり乳腺が急激に発達した結果、乳腺炎になってしまうので注意が必要です。

犬の乳腺炎の治療法

獣医師と犬

  • 犬の乳房部分を冷却する
  • 犬に投薬治療をする
  • 犬の乳房を切除する

犬の乳房部分を冷却する

母乳は血液で出来ているため、犬の乳房部分を冷却し、血液の流入量を減らす方法が最も効果的な治療法です。犬の乳房部分を冷却する事で乳腺炎を抑える効果もあるので、母乳を絞る事が出来ない犬にピッタリな手段です。

子犬には、親犬が乳腺炎を起こしていて授乳中の場合には、細菌感染を起こしている可能性もあるため、人工哺乳に切り替える事も検討しましょう。

犬に投薬治療をする

犬の乳腺炎の炎症が、細菌感染によるものだと判断出来た場合には、抗生物質やホルモン剤が投与されます。抗生物質には熱を下げる効果もあるので、犬の乳房部分を、冷やす事を指示された場合であっても出される可能性がある薬です。

投薬治療を行う犬が親犬の場合には、子犬の授乳は避けましょう。

犬の乳房を切除する

犬の乳腺炎には、乳房内が化膿してしまい回復が難しい場合があります。そのような場合には、最終手段として乳房部分を切除する場合があります。このようなケースはあまりありませんので最悪のケースとして紹介します。

手術となってしまうので犬の乳腺炎に気付いた場合には、早期発見する事が手術回避につながります。犬の乳頭切除手術の料金は、5万円から十数万円が相場です。

犬の乳腺炎の予防

ソファに乗るビーグル

犬の乳房への細菌感染による炎症を防ぐために、部屋の中は清潔に保ちましょう。清潔にする事で乳腺炎のリスクを減らせます。

また犬が授乳中の場合は、乳房部分を定期的にガーゼやタオルで拭ってあげると細菌感染のリスクが下がります。

もし子犬を望んでいない場合は、避妊手術をする事で犬の乳腺炎の予防をする事が出来ますが、子犬を出産するか否かの決断は、きちんと下してから手術の申入れをしましょう。

まとめ

おなかを見せる犬

犬の乳腺炎は発症すると、酷い腫れを起こしてしまうので見ていてとても辛いです。

しかし犬の乳房部分を冷却する治療と、投薬治療である程度は治す事が出来ます。中には犬が乳腺炎だと思っていたら、乳腺腫瘍という別の病気である場合もあります。

乳腺腫瘍は5割の確率で悪性腫瘍の確率があるので、犬の早期発見と早期治療をしなければ手遅れになってしまう可能性が高いです。

犬に乳腺炎の症状が見受けられた場合は、念のため動物病院へ犬を連れて行ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。