老犬のための災害対策5つ

老犬のための災害対策5つ

わんこと暮らしているみなさんが気になるのは、災害発生時の対策についてではないでしょうか。特に、シニア期のわんこと暮らしているみなさんは気がかりなことも多いと思います。今回は、老犬のための災害対策をまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

専用のフードを備蓄しておく

ドッグフード

災害発生後にはさまざまな救援物資が届きますが、やはり人命が優先となる手前、わんこ用の物資についてはまだまだ手薄なのが実態です。

人間については最低3日分の備蓄があれば、後は救援物資で何とかなるといわれていますが、わんこについてはそうもいきません。

特にシニアのわんこや持病のあるわんこの場合には、シニア犬用フードや専用の療法食を常食にしている場合が多いかと思います。

若くて元気なわんこであれば、人間用の白ごはん等で急場をしのぐこともできるかもしれませんが、シニアや持病のあるわんこではそうもいきません。フードの消費期限は思ったよりも長いものがほとんどです。普段から、なるべく多めのフードを備蓄しておくと安心です。

スリングやカートなど移動手段を用意しておく

カートに乗る犬

地震や水害等の災害の後には、倒壊した建造物や土砂などで道が荒れていることがほとんどです。若くて元気なわんこであれば問題なく歩くことができても、足腰の弱ったシニアわんこでは思ったように歩くことができないことがあります。

そんなときのために、スリングやわんこ用バッグなど、わんこを入れて運ぶことのできるものを用意しておくと良いでしょう。スリングやバッグに入れるのが難しい中大型犬であれば、ドッグカートやキャリーがあると安心です。

体温を維持できるものを用意する

毛布にくるまっている犬

シニアのわんこは、若いわんこに比べて体温調節が苦手です。そのため、避難所での避難生活を送ることになった場合には、体温を維持できるようなものを用意しておくことが大切です。

冬場であれば、毛布やタオルなどを多めに用意しておくとよいでしょう。夏場であれば、接触冷感シートや濡らすと冷たくなるタオルなど、電気を使わなくても涼がとれるものを用意して、わんこがなるべく快適に過ごせるような工夫が必要です。

ワクチン証明書や治療記録等をまとめておく

予防注射の記録

災害時には、何かあったとしても、かかりつけの動物病院に行けなくなる可能性も高くなります。

そのため、狂犬病の予防接種証明や、ワクチン接種証明書はもちろん、病院での治療記録や検査結果表等の一式はまとめて保管しておくと、不慣れな医療機関を受診する際にもスムーズに対応してもらえます。

わんこの居住空間を見直す

ベッドで寝ている犬

シニアのわんこは動きがにぶくなりますし、もしかすると、すでに寝たきりで介護生活を送っているというわんこもいるかもしれません。そんなときに見直しておきたいのが、家の中でのわんこの居住空間についてです。

地震が起きた際に家具が倒れてきたり、ものが落ちてきたりしても、シニアのわんこはとっさに逃げることができません。ベッドやケージの周りに、倒れて危険な家具やものが置いてないかを確認し、危険がある場合には家具の位置を変えたり、固定したりして安全を確保できるようにしましょう。

まとめ

非常用品

いかがでしたでしょうか?ここでご紹介した以外にも、水や包帯、迷子になってしまったときのためのチラシなどは、シニアわんこでなくても必要となります。

ペット連れの避難というだけで困難も多い中、シニアのわんこが一緒となると飼い主さんの不安は尽きないかと思いますが、普段の暮らしの中でシミュレーションを行っておき、それぞれ必要となるものを考えておくことが何より大切です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。