実は愛犬が喜んでいない4つの意外な行為

19640view

実は愛犬が喜んでいない4つの意外な行為

あなたが「愛犬が喜んでいる」と思ってしていることはありますか!?この記事では「実は愛犬が喜んでいない意外な行為」をテーマに、愛犬が喜んでいそうでホントは嫌がっているかもしれない、意外な行為を4つご紹介します。是非チェックしてみてくださいね!

犬が喜んでいない意外な行為①「お腹をなでる」

芝生で犬の腹を撫でる少年

最近の犬の心理に関する研究で、飼い主さんにお腹を見せている時、喜んでいるわけでは無い、とわかったそうです。

エディンバラ国際科学フェスティバルで発表された、ジル・マッケイ博士の、犬の心理に関する研究によると、

そもそも犬にとってお腹は急所であり、急所を触られると嫌がるのが普通です。それでも、お腹を撫でられても、そのままでいるのは、飼い主さんが喜んでいるので自分の嫌な気持ちを我慢して「喜んでいるフリ」をしている可能性が高いそうです。

今まで「愛犬が喜んでいると思ってやっていたのに・・・」と驚かれた方もいると思います。もちろん、中には飼い主さんにお腹を撫でられることが好きなワンちゃんもいますが、多くの犬が我慢していると言えるそうです。

愛犬の喜んでいるフリをしている場合、目・耳・しっぽなどが緊張していたり、身体が強張っていたりするので、愛犬の仕草をしっかり見抜いて判断してみましょう。

犬が喜んでいない意外な行為②「頭をなでる」

頭をなでられそうなキャバリア

犬は頭(目の上~耳と耳の間)を触られることが苦手です。いきなり初対面の人に頭を撫でられることを嫌がるのはもちろん、飼い主さんがなでるときでも実は嫌がっているかもしれないのです。

犬をなでるときは、首の周りや背中の部分をなでてあげると安心して喜んでくれます。ほかにも、耳の裏などをマッサージしてあげると気持ち良さそうにウトウトするワンちゃんも多いですよ。

犬が喜んでいない意外な行為③「ハグや抱っこをする」

女の子にハグをされる子犬

後ろからハグをしたり、抱っこしたりすることは犬にとって怖いことです。実際に私の愛犬も、ハグをすると逃げないですが体が強張って緊張していますし、抱っこも声掛けをせずにやろうとすると「ウ゛ーッ」と唸ることがあります。

猿やチンパンジーなど、木に登ったりしがみついたりする習性のある動物達は抱っこされることが好きなことが多いです。しかし、犬は4本足で地面の上で生活する動物なので、両手で身体を包み込まれるようなハグや抱っこは、マウンティングに似ているので基本的に好みません。

自分から「抱っこして!」とおねだりするワンちゃん以外は、抱っこやハグは遠慮したほうがいいですね。

犬が喜んでいない意外な行為④「じっと見つめる」

飼い主と犬

私たち人間はじっとお互いの目を見つめ合うことによって愛情表現をすることがありますが、犬にとって目を見つめられるということは「敵意がある」と受け取ってしまうのです。

人間と長く暮らしていくうちに見つめられることに慣れるワンちゃんもいますが、基本的に目を見つめ合うことは犬が喜ぶことではない、ということを頭に入れておきたいですね。

おわりに

子犬を抱っこして見つめる女性

いかがでしたでしょうか。

私たち人間がよくする愛情表現は、実は犬にとっては嫌な行為であることもあるのですね。愛犬のことが愛おしくても、ハグや抱っこは控えた方がいいのかもしれません。

犬と人間の違いを理解し、犬が本当に喜ぶ方法で私たちの愛情を犬に伝えられるようにしたいですね!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。