犬の黄疸とは?原因や関連する病気、症状、投薬による治療法

【獣医師監修】犬の黄疸とは?原因や関連する病気、症状、投薬による治療法

黄疸という言葉は、人間の病気で聞いたことがあるかと思います。犬も同じように、病気によって黄疸の症状が現れることがあります。人間と同じく、犬も黄疸になってしまう時は、緊急性の高い病気にかかっている可能性が高いです。犬の黄疸にどんな病気があるのか、治療法と併せてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の黄疸とは?

ぐったりしている犬

犬の黄疸とは、胆汁に含まれるビリルビンという色素が何らかの理由で排泄できなくなり、血液内に蓄積することによって、皮膚や粘膜が黄色くなる症状のことです。主に、血液や肝臓、胆嚢の病気になると現れる症状です。急激に赤血球が壊されてしまった場合にも黄疸になります。

老犬に黄疸がみられるときは、肝臓に問題がある場合が多いです。黄疸は自然には治らない症状ですが、早期に適切な治療をして治ることもあります。手遅れになると完治が難しくなりますので、黄疸が疑われるような症状が見られた場合はすぐに動物病院を受診してください。

犬の黄疸の原因  

毛布にくるまる犬

黄疸がおこる仕組み

生産されたビリルビンは、アルブミンと結合して血中内を流れ、肝臓に運ばれます。そして肝細胞内に送られたビリルビンは、グルクロン酸と結合して水に溶けやすい形になり毛細胆管、肝内胆管、肝外胆管を経て、十二指腸へ排泄されていきます。

このビリルビンの生産から排泄までの過程のどこかで問題が生じると、黄疸の症状が出てきます。肝臓内でビリルビンがグルクロン酸と結合する前のものを間接型ビリルビン、結合後のものを直接型ビリルビンと呼びます。

この性質により、尿検査や血液検査などを行うことで、どの過程で問題があったのかをある程度特定することができます。

原因になる病気

  • 肝臓病
  • 胆嚢炎、胆管閉塞
  • 急性膵炎
  • 子宮蓄膿症
  • 感染症
  • 溶血
  • リンパ腫などの腫瘍

肝臓病では、肝炎、急性肝炎、肝不全、肝硬変などの肝障害、肝臓がんなどの可能性があります。肝臓が原因で黄疸がみられる場合、肝臓の病気はかなり進行していることが多いです。

代表的な病気は肝硬変で、肝硬変は肝臓の病気が極度に進行した末期の状態です。老犬に黄疸が見られる時は、肝臓に問題を抱えているケースが多いです。肝臓は軽度の症状であれば、自己修復機能があるために元の状態に戻る可能性があります。

ですが、肝硬変まで進行してしまうと、修復が困難になります。犬の黄疸に加え、腹部の痛みや腹水などの症状が見られます。この段階になると、なるべく肝硬変の進行を遅らせる治療を行うことしかできません。犬の余命にも関係するほどの状態ですので、肝硬変になってしまう前に発見することが望ましいです。

黄疸を引き起こす感染症では、レプトスピラという感染症があります。人も感染することがあり、主に野ねずみなどの野生動物が保菌しており、尿に混じって菌が排出されます。

レプトスピラ菌に汚染された水を摂取したり、体の粘膜や皮膚や傷口から菌が入りこむことによって感染します。人と犬に対しては、ワクチン接種によって予防ができます。

犬の黄疸の症状 

手術前の犬

  • 犬の皮膚や粘膜が黄色っぽくなる
  • 犬の尿の色が濃くなる
  • 食欲不振や元気がなくなる
  • 嘔吐や下痢

黄疸の最もわかりやすい症状は、犬の皮膚や粘膜が黄色っぽくなることです。お腹の毛が薄い部分や歯茎でも確認できますが、白目を確認するのが1番分かりやすいので、黄疸を疑う場合には目を確認してください。

犬は毛が生えているので、皮膚といっても黄疸の症状に気がつきにくいと思います。普段から皮膚や白目の色を観察しておきましょう。

また、尿が茶褐色のオレンジ色のような濃い色になることがあります。これは肝臓・胆道疾患を示す重要な徴候で、肝臓の異常や胆道閉塞による黄疸であることを示しています。

黄疸がみられる場合には、食欲がなくなってご飯を食べない、元気がないなどの症状をともないます。いつもと違う様子が見られた場合には、黄疸が出ていないか確認するようにしてください。

黄疸がみられる病気には、嘔吐や下痢を伴う場合もあり、溶血が原因の場合には貧血の症状も見られます。放置しておくと、痙攣などの発作が起きて命の危険があるので、黄疸がみられる場合はすぐに動物病院を受診してください。

犬の黄疸の検査方法

犬に黄疸が見られた場合、血液検査に加えて、レントゲンやエコー検査といった画像検査をして原因を特定していきます。犬の黄疸を引き起こすのはビリルビンという物質で、血液検査でALTやALP、T-Bilの数値が高い場合は黄疸が見られます。

犬の黄疸の治療法 

エリザベスカラーを巻いた犬

犬の黄疸の治療法は、黄疸の原因によってさまざまです。

投薬や輸血

症状に応じて、効果の期待できる薬を飲ませたり、輸血を行います。肝炎など炎症がある場合には、ステロイドを用いることもあります。点滴をして抗生物質を投与するなどの処置をする場合もあります。

食事療法

慢性肝炎の場合は食事療法が大切になってきます。低タンパク質・低脂肪で肝臓に必要な栄養素を取り入れた、肝臓病用のドッグフードに切り替える必要があります。早期発見できた場合は、肝臓に良い食事療法を続けることで肝臓の細胞が再生し、健康な状態に戻すことが可能な場合もあります。
(肝臓用の処方食の中にはこうアンモニア血症の場合のみ投与可能なものもあります。アンモニアの数値が正常範囲内の場合は食べさせないほうがよい処方食もありますので注意してください。処方食を用いる場合は必ず獣医師の診察を受けてください。)

しかし、肝硬変まで進行してしまった場合は完治する治療法はありません。余命を延ばし、犬の苦痛を取り除くための維持療法を行うことになります。

肝機能の改善が期待できる薬や、痛みがある場合は苦痛を取り除くための薬を与えます。薬物治療と並行して、慢性肝炎と同じく食事療法が必要となります。

外科手術

胆管閉塞の場合は、手術による外科的な処置を行います。胆管に詰まっている物質を取り除き、再び胆管の通りが良くなるようにします。がんやリンパ腫などの腫瘍が原因の場合も、外科手術で病変を取り除く手術が行われることがあります。入院費も含めかなりの治療費がかかります。

ワクチン

レプトスピラなどによる感染症の場合、ワクチン接種による予防や治療が可能です。

漢方薬

肝臓や胆嚢に炎症がある場合、漢方の力で症状を軽減することができます。特に老犬や体力のない犬は、治療の幅が狭められてしまうので、漢方薬を用いることは選択肢の一つになります。

まとめ

悲しそうに見える犬

このように黄疸と言っても犬の黄疸を引き起こす原因は、死につながる病気まで様々あり、原因によって治療法も異なります。獣医師の診察を受け、十分に相談した上で、症状に応じた対処をしていきましょう。そうすれば犬の余命を伸ばすことができますよ。

末期の状態になってしまうと治療も難しくなるので、早期発見のためにも日ごろから愛犬の様子を観察し、黄疸の症状を見逃さないようにしてあげてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 もふころ

    黄疸というとやはり肝臓が心配になります。先代の愛犬は肝臓と胆管に問題があったので、毎日白目チェックをしていました。
    療法食を勧められたので肝機能用のかと思ったら、糖コントロールを渡されました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。