犬と夏のお散歩に出る時の3つの注意点

犬と夏のお散歩に出る時の3つの注意点【獣医師監修】

お気に入りに追加

この記事では、「犬と行く夏のお散歩で注意したいこと」をテーマに、夏のお散歩で気をつけたいことを3つ挙げ、犬が快適に過ごすための工夫もご紹介していきます。あつ~い夏に備えて、是非チェックしてみてくださいね!

5030view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬との夏のお散歩には気温に注意する!

太陽の下のオーストラリアンシェパード

犬とともに過ごす日本の夏は、気温が30℃を超す日がよくありますよね。

コンクリートの地表面の温度を測った実験によると、地表面に近い犬が感じる温度は、外の気温が30℃を超えると60℃にもなるそうです。夏にお散歩をするとき、犬は地面に近いため暑さから直接熱を受けやすいことがわかりますね。

快適に過ごす工夫

犬と行く夏のお散歩は涼しい時間帯に行きましょう。早朝ならば地面の温度が上がる前の朝9時ごろまで、夕方であれば5時ごろから夜にかけてが地面と気温が下がってお散歩しやすいでしょう。

もし気温が上がる日中、夏に犬とお散歩へ行く場合は、水で湿らせた犬用の服を着せてもよいでしょう。気化熱で犬の体温は上がりにくくなります。ちなみに水を入れた霧吹きを犬にかけた場合、気化熱効果は少ないようです。

暑いとにくきゅうのやけども心配ですので、嫌がらなければ犬の足に靴を履かせる、またはクリームを塗るなどが防止が期待されます。

犬との夏のお散歩には蚊に注意!

蚊取り線香の横で寝る犬と猫

犬との夏の散歩に悩まされるものといえばですよね。人間も刺されると痒くて大変ですが、犬にとっては蚊に刺されることによって命に関わる病気になってしまうことがあります。

犬がかかる病気の中で、蚊が媒介する代表的な病気がフィラリア(犬糸状虫症)です。犬が感染子虫(ミクロフィラリア)を持った蚊に刺されることによって感染し、心臓や肺の動脈に成虫が住み着くことによって犬に様々な体調不良を引き起こします。

犬のフィラリアは最悪の場合、死に至る怖い病気です。しかし、予防期間(大体5~11月)に毎月1回、予防薬を犬にきちんと飲ませることで、ほぼ100%防ぐことができます。フィラリアのお薬は犬の体内に入ってきたフィラリアの幼虫を殺すことができ、体内に入って約1ヵ月後の幼虫に1番薬の効果が効きやすいので、蚊が飛び始めてから1ヵ月後に薬を飲みます。

こうして、犬の体内に入って成長したフィラリアの幼虫を殺すことによって、フィラリア症を防ぐことができるのです。

犬のフィラリア症予防薬の投与期間は蚊の発生後1ヵ月から蚊の発生終息1ヵ月後までとされています。夏場も含む5月~11月ごろまで、毎月薬を飲み続けなければいけません。

地域によって予防薬投与期間は異なりますので、ご自身で調べるか、かかりつけの獣医師によく確認してみてくださいね。

快適に過ごす工夫

犬と行く夏のお散歩には、以上のことを頭に入れて、蚊が飛び始めたらフィラリア症予防の準備を始めましょう。この時期は、動物病院が混雑することもありますので、状況を見て余裕をもってスケジュールの準備をしておきましょう。

犬との夏のお散歩は水分不足に注意!

蛇口から水を飲むドーベルマン

犬と行く夏場のお散歩は体内の水分量が低下し、水分補給をしていないと犬が熱中症や脱水を引き起こしてしまいます。人間のように汗をたくさんかくことが、犬にはできませんが、気温が暑い夏などに犬は口から水分を蒸発させているのです。

夏のお散歩は、春や秋、冬よりも「犬がちゃんと水を飲んでいるか」に気を配ってあげることが大切です。

快適に過ごす工夫

犬と行く夏のお散歩では途中、飼い主さんが休憩を入れて水を飲ませてあげましょう。

夏に長距離・長時間での犬のお散歩に行くとき、お散歩の前に、犬に水分補給はもちろん、持ち物としてペットボトルや水筒などに水を入れて持っていきましょう。

まとめ

浮き輪とゴーグルをつけた犬

いかがでしたでしょうか?犬と行く夏のお散歩には暑くて私たち人間も辛いですが、犬たちも辛いのです。犬の目線に立って夏を乗り切るための対策を考えていきたいですね。

今年の夏も多くの犬が健康で、お散歩のとき快適に過ごせますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。