愛犬と一緒に生活するうえで困る問題行動とは?

愛犬と一緒に生活するうえで困る問題行動とは?

問題行動よくといわれていますが犬本来が持っている生まれもった行動です。ですが人間社会で一緒に生活するうえで他人に迷惑をかけてしまう行為が問題行動と言われています。この行動について対策を合わせていくつかご紹介したいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の問題行動1:吠える

吠えている犬

犬の「吠える」という行動には様々なパターンがあるのでパターン別に詳しくご紹介します

他の犬に吠える

散歩中に怖がってまたは近づきたくて吠えてしまうタイプ

対処法

愛犬が相手を意識してしまう前にアイコンタクトをとって飼い主に集中を向けるようにします。
そして相手との距離を取り、相手が通り過ぎるのを待ち(待ってる間におやつで意識を集中させてあげるのも有効)吠えずに通り過ぎるのを待つことができたら、ほめてあげましょう。
犬同士がお互い目が合わないように飼い主が間に入ってあげるようにするとより落ち着いて対処できます。

人に対して吠える

警戒心から吠える、嬉しくて吠えるタイプ

対処法

犬が人に対して吠えてしまう原因は、犬が小さい頃に色々なものや人に接する機会が少なかったことによる社会化の経験不足ですが、こちらも飼い主に集中を向けさせることで対処できます。おやつを使用して人に慣れさせる場合は「犬の頭から手を出さない」「犬と体の高さをあわせる」「犬と目を合わさない」などに注意して行ってみましょう。

来客に対して吠える

家の門から吠えている犬

自分の縄張りに入ってきたと思い警戒して吠えるタイプ

対処法

いきなり来客を迎えるのではなく、犬と一緒にお客さんを迎えに行き、お客さんからおやつをもらうなど仲良くなってから自宅に戻ってみましょう。出来れば、来客の方に先に家の中に入ってもらい、後から飼い主と愛犬が戻るようにすると侵入者が入って来たという感覚が少なくなります。

かまって欲しくて吠える

希望を叶えたい、注目して欲しいと要求して吠えるタイプ

対処法

根気比べになりますが、遊んでほしい、かまって欲しくて吠え続けている場合は要求に応じることなく徹底して無視するようにしましょう。あまりにも吠えるからと要求に応じてしまうと、吠えれば要求が叶うと学習してしまい吠えを強化してしまうことにもなるので注意しましょう。

犬の問題行動2:動くものを追いかける

ランナーを追いかける犬

普段はとても落ち着いて歩いているのに自転車やバイク、猫、鳩など動くものを見ると急に走り出したり、激しく吠えるタイプ

対処法

動くものを追いかけたいと思うのは犬本来の狩猟本能が強く残っている子に多く、本能を完全に抑えることは難しいです。ですが、お散歩中に危険にさらされるのを防ぐために飼い主が上手に行動をコントロールしていきましょう。
リードは常に短く持ち、反応しそうなものが近くを通る場合は犬の気持ちを落ち着かせるために、その場で「おすわり、まて」の指示を出し対象が通り過ぎるのを待つようにしてみましょう。

犬の問題行動3:ものをかじる

ドアを破壊る犬

おもちゃ以外に家具などをかじるタイプ

対処法

犬は元々噛みたいという欲求をもっていますが、一緒に生活している中で噛んでほしくない物は沢山あります。一番大切なことは噛まれて困るものは届かない場所に収納しておくことです。『ここなら大丈夫!』と油断せず絶対に届かない場所に収納しておきましょう。
また『全てのものを噛んではダメ!』では犬の欲求が満たされずにストレスになるので噛んでもいいおもちゃをあげることも忘れないでくださいね。

困った行動が「問題行動」と呼ばれる前に…

愛犬の困ってしまう行動が、「問題行動」と呼ばれてしまうようになる前に、愛犬に優しく、わかりやすい方法でしつけを進めてみませんか?オリジナルしつけ読本と厳選されたおもちゃなどのグッズが、かわいいギフトボックスで毎月送られてくる「こいぬすてっぷ」をご紹介します。

「こいぬすてっぷ」では、獣医行動診療科の認定医監修のオリジナルしつけ読本で、子犬の時期にマスターしたいしつけを解説。様々なトレーニングが無理なく進められるようにプログラムされています。実はこのしつけ読本、子犬の時期だけのものではありません。成犬になってもさっと手に取って復習したり、トレーニングをやり直したりしやすいように考えられていますので、しつけでお悩みの方はぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

こいぬすてっぷ

商品情報
・獣医行動学認定医が監修する、しつけ読本
・甘噛防止に最適な知育おもちゃ
・獣医師厳選のおやつ、日用品

まとめ

物陰でオスワリしている犬

犬と一緒に人間社会で一緒に生活していくためには人に都合の悪い行動はさせない必要があります。
また問題行動と言われている行動には、原因があると考えられており、愛犬がどうして問題行動をとるのか発生原因を探ることが問題解決の一番の解決方法です。
愛犬とのコミニュケーションは十分にとれていますか?お散歩が少なく運動不足になっていませんか?今一度、愛犬との信頼関係を見直してみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。