犬を褒めてはいけない3つの瞬間

犬を褒めてはいけない3つの瞬間

あなたはどんな時に愛犬を褒めますか?また、褒めてはイケナイ瞬間もあるのはご存知でしようか!?この記事では「犬を褒めてはいけない〇つの瞬間」をテーマに犬を褒めてはいけない瞬間を3つご紹介します。是非チェックしてみてくださいね!

はてな
Pocket
お気に入り登録

「褒めてしつける」は間違い!?

撫でられる犬

いえ、「褒めてしつける」はもちろん正しいです。褒められた行為が「良いことだ」と覚えてもらうことは大切で、現代の犬のしつけ方として主流になっていますよね。

ですが、このしつけ方のポイントとして「褒めるべきタイミング」がコツとしてあります。

そして今回の記事で取り上げるのは「褒めてはいけない瞬間」です。褒めてはいけない瞬間を知れば、より効果的に愛犬や周りのワンちゃん達とコミュニケーションが取れるようになります。

ではさっそく、「褒めてはいけない瞬間」の例を3つ見ていきましょう!

褒めてはいけない瞬間1:飼い主の帰宅に興奮しているとき

はしゃぐ犬

犬を褒めてはいけないときの目安として、「犬が興奮しているとき」が挙げられます。興奮しているときに褒めてしまうと、「興奮して騒ぐことが良いことなんだ!」と犬は解釈してしまいます。

犬が大きく喜びを表現してくれる場面として、飼い主さんが家に帰ってきた時が挙げられますよね。飼い主さんとしては愛犬が全身全霊で喜びながらお出迎えしてしてくれることはとても嬉しいことですが、飼い主さんをお出迎えするときの犬は興奮状態にあります。

そんなときに「ただいま〜!お留守番頑張ったね!イイコイイコ!!」などと言って褒めてしまうと、「大きく騒いだ方が飼い主さんは喜んでくれるんだ!」と他の場面でも興奮しやすくなります。まずは犬を落ち着かせてから、お留守番をしてくれていたことへの感謝を伝えましょう。

飼い主さんの帰宅以外にも、犬が興奮しているときは褒めてはいけません。愛犬の状況をしっかりと見て、褒めるかどうか判断してあげてくださいね。

褒めてはいけない瞬間2:間違った褒め方をしているとき

手に怯えるいぬ

みなさんは『犬を褒める』と聞くと、どんな行動が思い浮かびますか?たとえば、犬の頭や身体をワシャワシャっと撫でたり、身体に触れたりすることがおおいですよね。

しかし、もしワンちゃんが身体を触られることが苦手な場合、褒める(撫でる)ことは罰となります。これでは「褒める」ことによって得られる効果はないですよね。ですので、犬の個性をよく考えて「褒める」という行為をしていただきたいのです。

人から撫でられるのか大好きなワンちゃんはたくさん撫でてあげてください。撫でられることか嫌い・苦手なワンちゃんは、オヤツを与えたり、犬には触れずに「イイコ!」「good!」など明るい声色で褒めてあげたりしましょう。こちらが心を込めて褒めれば、必ず犬には伝わりますよ。

褒めてはいけない瞬間3:ごはんの前にマテができたとき

マテをする犬

ごはん自体が大きなご褒美となっているので、「マテ」ができたからといって褒める(身体を撫でたりする)ことをしなくてもよいです。

また、ごはんは犬にとって1日のうちで1番といっていい程の楽しみなイベントですよね。そんな楽しみにしているごはんの前に、「マテ」をするのは、犬にとってかなりのストレスとなりますので、長時間待たせたりする過度なしつけはしないでおきましょう。

ごはん以外(低カロリーなオヤツなど)でトレーニングをしてあげてくださいね。

まとめ

シベリアンハスキー

いかがでしたでしょうか?ポイントは「犬が興奮しているとき」は褒めないということでしたね。また、愛犬や別のワンちゃんを褒める場合でも、対象の犬がどんな性格なのかをよく見て、「その子が本当にされて嬉しいこと」を褒めるときに行いましょう。

少しの工夫や知識で、ワンちゃんとのより仲良くなれると思います!是非実践してみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。