子犬の甘噛みを本気噛みにさせないために飼い主が取るべき対応

子犬の甘噛みを本気噛みにさせないために飼い主が取るべき対応

お気に入りに追加

子犬を飼い始めたら「思っていた以上に大変!」と感じることは多々あると思います。実際、私の元にも「犬を飼ったことを後悔しそう」「こんなに手がかかると思わなかった」という相談が来ることは少なくありません。今回はそんな子犬のお悩みのひとつ“甘噛み”についてクローズアップしたいと思います。

10615view

子犬が甘噛みをする理由とは?

人の指を甘噛するハスキー

遊び、習性

子犬の甘噛みの理由の多くが遊びだと思います。または飼い主の反応を楽しんでいる。犬が動くものに反応して手を出したり口でつかまえたりするのは本来持つ習性ですし、おもちゃで遊んでいるときなどに飼い主の手まで一緒に噛んでしまうことはある意味当たり前のことでもあると思います。さらに、そこで「痛い!もうやめてよ!」と言われたりすると、言い方や態度によっては飼い主も楽しんでると勘違いしてしまうことも…。そうなるとさらに甘噛みが助長していくことになります。

歯がかゆい

生後6か月前後で乳歯から永久歯に生え変わりますが、新しい歯が生えてくるとき口の中がむずむずしたり不快感を感じることがあるようです。そのため何かを噛みたいという欲求が出るのは当然のこと。そのため身近にあるものや飼い主の手、服などを噛んでしまうことにつながるのです。

ストレスや不安

犬は物を噛んでいると落ち着く、または気がまぎれるといった場合が多く、ストレスや不安を感じている時に物を噛むことがよくあります。この場合は甘噛みというよりは子犬が物を噛むことの理由になりますが、落ち着かない、不安であるというときに家具やクッション、飼い主のにおいがする服、スリッパなどを噛んでしまうことがあります。

子犬の甘噛みへの対処法<人の手足を噛む場合>

人の手を噛んでいるチワワの子犬

甘噛みをしてくる子犬へのトレーニングとして最も有効なのは、その原因となる「遊び」を利用することです。

手順1

まず、引っ張りっこができるようなおもちゃを用意して犬と遊びましょう。その際、できるだけまわりには他のおもちゃは置かず、遊んでしまうようなもの(スリッパやクッションなど)も片づけておいてください。

手順2

おもちゃを噛ませたり追いかけさせたり引っ張りっこをして遊びますが、手に歯が当たったら低くはっきりとした声で「痛い!」と言って遊びをやめてください。声が小さかったり「なんで噛むの?もうやめてよー。だめよー。いけない!」などとたくさんしゃべると犬には伝わりづらいので“はっきり一言”がポイントです。大きな声に一瞬びっくりしておもちゃを口から放すのでおもちゃも取り上げて立ち上がり、目も合わせず背中を向けて無視してください。

手順3

数十秒そのまま無視をして子犬が「あれ?なんで??楽しく遊んでたのに…」と思っているところでまた同じように遊びを再開します。甘噛みをしなければそのまま遊び続け、また歯が当たったら2をくり返します。

手順4

手順2~3をくり返しているとだんだん犬が遊びのルールを理解して歯を当てないように気をつけるようになってきます。ただし、無視しているくらいでは理解できていないようであればそのまま部屋を出てひとりぼっちにしてしまいましょう。この時部屋の中に他に遊べるものがあると「さみしい」「つまらない」と感じにくいので1の段階で部屋を片付けることが大切です。つまり「歯が当たったら楽しいことはおしまい。甘噛みしなければ楽しいことが続く」というルールを教えるのです。子犬にとって「楽しい」というのは最高のごほうびとなるので、それを利用したトレーニングとなります。

トレーニングのポイント

最初はあまりテンションを上げすぎないようにすることがポイント!テンションが上がると犬自身も自分をコントロールするのがむずかしくなるため、冷静さを失わせない程度にテンションを飼い主がコントロールしてあげてください。徐々にテンションを上げてトレーニングするようにするとどんなときでも「噛んではいけない」と犬自身が考えられるようになります。

子犬の甘噛みへのおすすめできない対処法

カラフルなラグの上でオスワリしている子犬

子犬が甘噛みをしてきたときに、噛んではいけないことを伝えるためにマズル(口)を強くつかんで目を見て「いけない!!」と叱る。もしくは、甘噛みをしてきたら鼻先を叩いていけないことをわからせる。また、体を仰向けにして抑えつけて飼い主がリーダーであることを教える。

子犬が甘噛みをしてきたときにはこのような対処法がいい、と紹介されていることもありますし、実際指導をされたことがある方もいると思います。もちろんこの方法で犬がきちんと理解して、または怖いと感じて甘噛みをしなくなることもあるかもしれません。

しかし私はこの方法では「甘噛みをしてはいけない」ということはきちんと伝わりにくいと感じますし、逆にさらに強く噛むことを助長してしまう恐れもあると思うので、基本的にはこうした甘噛みへの対処法はおすすめしていません。特に悪気なく、子犬の習性や遊びの範疇で甘噛みをしてしまった場合にはこういった対応をすると飼い主に対して恐怖を感じたり、不信感を持ってしまうきっかけにもなるので気をつけたいところです。

まとめ

毛布をかぶっている子犬

甘噛みへの対処法は上で説明しましたが、時々「どれくらい噛んできたらやればいいですか?」と飼い主さんから聞かれることがあります。

答えは、少しでも歯が当たったらダメ。もしくは歯を当てようとするだけでもダメ。

甘噛みのトレーニングでは「人の体に歯を当てることはいけないこと」ということを教えるため、わざとではなくても痛くないとしても、歯が当たった時点で「それはいけないよ」と伝える必要があります。「痛くない程度ならOK」としてしまうと犬にはとてもわかりにくく、その力加減を教えるのは人間の私たちには困難です。(親犬や兄弟犬同士なら教えられるのでしょうけれど。)ちょっとなら噛んでもいい、ということからどんどんエスカレートしていってしまうことも少なくありません。

子犬の時期のトレーニングは「怒る」のではなく、私たち人間と一緒に暮らしていく上でのルールを「伝える」という気持ちで取り組むことが大切です。ついイライラしてしまったり、嫌になってしまうこともあると思いますが子犬の時期のトレーニングは今後の犬の個性や家族との関係性をつくり上げる基礎となりますので、すぐに結果が出なくても焦らずじっくり取り組んでいきましょう!

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。