PostThumbnail

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける

3件の書き込み

  • 投稿者

    1: 匿名 女性 50代以上 2017/04/26 13:07 [通報]

    パピヨン犬3才メスです。家の犬は、大型犬でも吠えないのと吠える犬があり、会ってみないとわからない。今は、大型犬プ-ドルスタンダードのメス黒色11才、45キロと雑種犬(ラブラドールと柴犬)メス、10才と毎日一緒に散歩している。パピヨン犬は怖がらないです。散歩中に会う柴犬も吠えないのと吠えるのがあり、会ってみないとわからないです。家の犬が吠える犬に会うと、相手の犬が噛まないか聞いてから、相手の犬が嫌がってなかったら、近づいて挨拶させると次から吠えない。
  • 投稿者

    2: 匿名 女性 30代 2017/10/17 20:46 [通報]

    一歳半のダックスですが、他のわんちゃんはもちろん、猫や人にも吠えます。恐くて追いはらおうと思っているんだと思いますが、一生懸命吠えないように訓練中です。散歩で人や犬に会うのが嫌になります(^_^;)))
    伏せをさせても、伏せながら吠えて、吠えながら伏せを解除してしまいます(ToT)
    根気が要りますね(|||´Д`)
  • 投稿者

    3: SUSU 女性 40代 2018/01/31 22:12 [通報]

    我が家の愛犬もパピーの頃は外では全く吠えないタイプでしたが、5歳を過ぎた頃から気に入らない犬種、苦手なタイプの人に会うと吠えるようになってしまいました。記事にあったのと同じように、一度吠えたら相手がひるんだ、いなくなったという経験から、嫌だなと思う相手には吠えて追い払えばいいんだ!と認識してしまったのだと思います。
    リードを短めに持って足早に通りすぎてみたり、オヤツを見せながら通過してみたり、吠えない!と言いながら通りすぎてみたり、いろいろと試してみたことがあります。
    記事にもあるように、対処法にはいろいろとあると思いますが、愛犬の場合、最も効果があったのは回避するという方法でした。嫌いな犬種や苦手なタイプの人が見えたら他の道に行く、他の道がない場合には道路の反対側に移動するなど、徹底的に回避するようにしました。
    よく苦手なことがある場合には慣れさせることが大事という意見があり、愛犬もその方法を試したことがあります。
    愛犬が苦手な子供が触っていいですか?と声をかけてきてくれた時には、おとなしそうな子であれば、ゆっくりと怖がらせないようにここを触ってねとのアドバイスをした後に、触らせたこともあります。吠え返したりはしませんでしたが、黙って耐えている感じだったと思います。
    その後、遠くから子供が見ただけで吠えるようになり、ますます苦手意識を強くしてしまい逆効果となってしまいました。おそらく近づいてくる前に追い払ってしまおうという考えなんだと思います。
    考えてみれば、自分も子供の頃、苦手だと思っていたことを無理強いされ、嫌だと言ったことを受け入れてもらえなかったという怒りにも似た悲しさと合わせて余計に嫌いになってしまったことがあります。犬と人間は違うという意見はよく耳にしますが、基本的に感じる思いは同じではないかなと愛犬を見ていても思っています。
    徹底的に回避する方法をとって3年以上が経ちますが、苦手な犬種や子供が見えたとしても十分な距離があれば無視出来るようになりました。子供は近くを通っても吠えることはなくなりました。苦手な犬種は通りの向かい側にいる場合には問題ありません。散歩中にお友だちのワンコにあって挨拶をしている時に気がつくと嫌いな犬種のワンコがそばまで近づいてきていたという時には吠え返してしまいますが、それはもう仕方がないのかなといったスタンスであまり気にしないようにしています。
    記事にあったように、吠えてしまったという失敗体験をさせないということはとても大切なことだと思います。そして、もし吠えてしまったとしても、自分やワンコを責めるのではなく、次は頑張ろう!といった前向きな気持ちを持つこと、これはワンコにも必ず伝わるため、最も大事なことだと思っています。
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。