比較的おとなしくて飼いやすい犬種6選

比較的おとなしくて飼いやすい犬種6選

飼う犬種を選ぶときは、見た目だけでなくその犬種の特徴的な性格なども視野に入れて、自分のライフスタイルや性格に合った犬種を選ぶことが大切です。では、おとなしい犬が合っているという人は、どのような犬種を選んだらよいのでしょうか?この記事では、比較的おとなしくて飼いやすい犬種をご紹介します。

お気に入り登録

犬種によって性格に違いがあります

芝生の上のいろいろな犬種の犬たち

世界にはたくさんの犬種が存在しますが、犬種によって性格に特徴があります。犬を飼うときは、その犬種の性格や特性をよく理解し、自分に合った犬種を選ぶことが重要です。そうしないと、飼い主も犬もストレスを感じながら生活することになりかねません。

自分のライフスタイルや性格、住環境、家族構成などを考えて、「おとなしい犬を飼いたい」という結論に達する人は多いでしょう。では、一般的におとなしい性格と言われているのはどの犬種でしょうか?今回は、比較的おとなしくて飼いやすいと言われている犬種の中から、6犬種をご紹介したいと思います。

①マルチーズ

頭にリボンをつけた真っ白なマルチーズ

非常に古い歴史を持つ犬種で、世界最古の愛玩犬と言われています。19世紀にイギリスのビクトリア女王に飼われたことから人気に火がつき、日本でも昭和30年代から飼われています。

見かけによらず頑固な一面があるものの、おとなしく甘えん坊な性格です。無駄吠えも少ない傾向にあります。小型犬で華奢に見えますが、丈夫で飼いやすいと言われています。純白の被毛を美しく保つために、毎日のブラッシングと毎月のトリミングが必要になります。こまめに涙を拭いて、涙やけを防ぐことも大切です。

②シー・ズー

芝生の上に座るシー・ズー

ペキニーズとラサ・アプソが祖先と言われています。長く中国の宮廷内で愛玩犬として大切にされていましたが、1920年代にイギリスに渡ったのち、各国へと広まっていきました。日本では安定した人気の犬種で、1990年にはJKC(ジャパンケネルクラブ)の登録数でトップに輝いたことも。

穏やかな性格で無駄吠えも少なく、体も丈夫なので飼いやすい犬種です。ただ、頑固でわがままな一面もあるので、しつけをしっかり行わないと、自分の要求を通すために吠えたり噛みついたりするようになってしまうことがあります。

ブラッシングを怠ると毛玉ができてしまうので、毎日のブラッシングは欠かせません。また、トリミングも月に1回は必要です。長い毛が目を刺激して角膜炎になりやすいので、成犬は頭部の毛を結ぶなどして予防を。

③パグ

並んで座る黒と白のパグ

最も古い犬種のひとつです。ルーツは謎に包まれていますが、紀元前400年頃に祖先犬と思われる犬がチベットの仏教寺院で飼われていたという記録が残っているため、発祥地は現在の中国という説が有力なようです。

頑固なところもありますが、滅多に攻撃的になることはなく、穏やかで人懐っこい性格をしています。無駄吠えも少ないので、集合住宅での飼育にも向いています。小柄でありながらがっちりとしていて丈夫な犬種ですが、短頭種であるため体温調節が苦手です。特に暑さに弱いため、夏場の散歩は朝夕の涼しい時間に行い、室内はエアコンで快適な環境を作ってあげましょう。

抜け毛が多いので、週に2回程度ブラッシングを。また、顔のしわは蒸れやすく皮膚病の原因になることがあるので、蒸しタオルなどでこまめに拭いて清潔な状態を保つようにしましょう。

④フレンチ・ブルドッグ

ベンチの上にいる三匹のフレンチ・ブルドッグ

起源については様々な説がありますが、イングリッシュ・ブルドッグが原種という説が有力視されています。この説によると、小型のイングリッシュ・ブルドッグがフランスに渡り、パグやテリアをかけ合わせて、愛玩犬として誕生したのがフレンチ・ブルドッグとされています。

長く愛玩犬としてかわいがられてきたため、温厚でやさしく、人好きな性格です。攻撃性も低く、無駄吠えも少ないので一緒に暮らしやすい犬種と言えます。ただ、がっちりとした体格をしていてスタミナがあるため、飼い主には体力が必要になります。

毛は短いですが、週に1回はブラッシングをしましょう。また、パグと同様に顔のしわをこまめに拭いて清潔に保つことが大切です。

⑤キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

毛色の違う二匹のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キング・チャールズ・スパニエルが祖先です。スパニエルには狩猟犬系と愛玩犬系の2種類があり、キング・チャールズ・スパニエルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは後者になります。狩猟犬系のスパニエルと愛玩犬系のスパニエルとでは、性格や容姿が異なり、愛玩犬系は性格が穏やかで鼻が短いという特徴を持っています。

攻撃性が低く温和な性格で、とても飼いやすいと言われています。でも太りやすい犬種なので、運動と食事のバランスに気をつけ、体重管理をしっかりと行いましょう。キャバリアは心臓疾患の発生率が高い犬種であるため、肥満は大敵です。

ウェーブがかった美しい被毛は毛玉になりやすいため、毎日のブラッシングが必要です。

⑥ゴールデン・レトリーバー

落ち葉の上に座るゴールデン・レトリーバー

「レトリーブ」とは回収を意味し、鳥猟のときにハンターが撃ち落とした鳥を回収するのがこの犬種の仕事でした。正確な起源は分かっておらず様々な説がありますが、今は絶滅しているツィード・ウォーター・スパニエルが交配に用いられたのは間違いないようです。

性格は穏やかでおとなしく従順で、大型犬ですが室内飼いに向いています。この犬種は運動量を多く確保することが大切なので、朝夕1時間ずつの散歩が欠かせません。散歩以外にも、ボール遊びやロープ遊びなどでたくさん体を動かせてあげるのが理想的です。

豊かな被毛は、コームとピンブラシで毎日お手入れをしましょう。換毛期は大量の抜け毛が出るので、特に念入りに。

まとめ

フードボウルとパグの子犬たち

比較的おとなしくて飼いやすいと言われている犬種をご紹介しましたが、おとなしい性格と言われている犬種でも活発な犬はいます。反対に、活発な性格と言われている犬種でもおとなしい犬はいます。同じ犬種であっても、判を押したように同じ性格ではないのです。

また、どんなにおとなしく飼いやすい犬であっても、社会化やしつけを怠ると、問題行動のある犬やわがままで手のかかる犬になってしまいます。こうしたことをご理解いただいた上で、この記事を参考にしていただけると幸いです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。