犬へのマイクロチップ装着が義務化へ

犬へのマイクロチップ装着が義務化へ

マイクロチップはご存知ですか。2019年、犬へのマイクロチップ装着の義務化が決定しました。施行前に、犬にマイクロチップを装着する事の目的やメリット・デメリットを理解しておきましょう。

お気に入り登録

犬に付けるマイクロチップって何?

マイクロチップを読み込まれてる犬

マイクロチップは犬の身体に埋め込んで使える、長さが8ミリから12ミリの小さな電子タグ。専用の注入器で皮下に注入し、専用の読み取り機を使って番号を識別することができます。

犬が災害や何らかのトラブルで飼い主とはぐれてしまった時、すぐに元の飼い主のところへ戻れるように装着が推奨されています。

電池やボタンを使う必要がないので一度埋め込んでしまえば、ワンちゃんが寿命を迎えるまで利用する事が可能です。交換の必要もないので、ワンちゃんへの負担は装着時1回のみで済ませられます。

マイクロチップのメリット・デメリット

マイクロチップ装着イメージ

メリット

マイクロチップを付けるメリットは犬の身元が簡単にハッキリする事です。特に災害や不慮の事故で迷子になる犬は多いのが現状。飼い主とはぐれて遠くに行ってしまっても、マイクロチップを付けておくだけで見つかる確率が格段に上がります。

デメリット

マイクロチップのデメリットは、実際のところほとんどありません。

強いて挙げるとすればCTやMRを撮った時に画像が少々乱れる程度です

電子機器を身体に入れると聞いて、犬の身体に負担が掛かるのではないかと心配する飼い主さんもいますが、マイクロチップを埋め込む事による健康への影響は全くないと言われています。

マイクロチップは義務化へ

夕焼けと犬のシルエット

日本ではこれまで飼い主に一任されていたマイクロチップ装着の有無ですが、近年犬を取り巻く環境や事情が変化してきた事も相まって、2019年に完全義務化が決定されました。

飼い主が安易にペットを捨てないためと、迷子犬問題の解消が狙いです。

実際の義務化(施行)は、改正動物愛護法公布から遅くとも3年以内を目安としているので、2022年頃となる見込みです。

まとめ

穏やかに過ごす犬

犬へのマイクロチップ装着にはマイナスなイメージを持つ飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

けれどもマイクロチップは犬を守るために作られたものであり、義務化が決定された迷子札のようなものです。

ワンちゃんを取り巻くトラブルや困難が解消される日も近いでしょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家は、愛犬達をお迎えする前から、マイクロチップも視野に入れてたので装着済みです。
    町内での迷子・脱走ならば顔見知りさんに気づいてもらえる可能性も高いけど、少し離れた地域や遠方だったら、どうする?
    首輪や迷子札をなくしたら、どうする?
    大切な愛犬が、家族が、身元不明にならないようにと思っての事です。
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    災害大国である日本では必ず自然災害が起こります。災害により身元不明の犬が保護されるニュースを耳にするため、マイクロチップ装着の義務化は日本では必ず施行するべきことです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。