愛犬が四六時中体をかいている。それもは、もしかして…

【獣医師監修】愛犬が四六時中体をかいている。それもは、もしかして…

少し前までは、気にならないぐらいに体をかいていたのに、今では四六時中かいているかも?と思ったら、それは愛犬からのサイン!皮膚病?アレルギーかも?

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

注意深く観る

お休み中のわんちゃん

まずは、よく愛犬を観察してみましょう。

  • 体をすごいかいている
  • 皮膚がただれている
  • 皮膚が真っ赤
  • フケがものすごい多い
  • よく見てみると手足だけが赤茶っぽい色をしている
  • 耳の中が腫れぼったくなっている

この項目に少しでも当てはまる子は、もしかしたら、皮膚病かアレルギーかもしれません。

何気に多い皮膚病やアレルギー。
「少しぐらい大丈夫か」が油断大敵!
ひどくなると、治すのが大変になってきます。

なので、少しでもはやめに病院にいくのがオススメです。

細菌性の皮膚病でしたら、専用のシャンプーでこまめに洗い、シャンプーをよく洗い流し、よく乾かすことがオススメです。

ドッグフードから改善

ドッグフード

アレルギー性でしたら、アレルギー検査ではなくドッグフードをアレルギーの子用にしてあげて、少しでもはやく落ち着かせてあげるのも一つの方法です。
アレルギー検査もよいですが、お金も高く項目も多いです。追跡していてもキリがありません。症状で出てしまっている子は痒くてしかたがありません。
なので一刻も早く痒みを抑えてあげる必要があります。しかし、アレルギー用のフードの原材料の中にアレルゲンが含まれていることもあります。アレルギー用のフードを変えても変化がなければ検査を受けるのもよいでしょう。 また、食物アレルギーの有無を確認するための処方食もありますので、まずこれを試し痒みが治まるならば食物が関係するアレルギーであることがわかります。

少しでも気になる行動があった場合は、獣医師と相談してみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。