犬の超危険な『下痢・嘔吐』5選!この状態は命に関わるリスクも

犬の超危険な『下痢・嘔吐』5選!この状態は命に関わるリスクも

犬は比較的、嘔吐をしやすい動物だと言われています。また、下痢についても、日常でよく見られることかもしれません。しかし、中には危険をともなうケースもあります。今回は、その様子に迫ってみましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の嘔吐、下痢

グッタリする白い犬と人の手

うちの子はおなかを壊しやすい、とか、季節の変わり目に吐きやすい、など、それぞれの犬によって、体質的なものを持っています。また、ドッグフードの酸化や、水分量の加減、加齢など、ささいなことでも下痢、嘔吐を起こします。

動物病院で受診をすると、整腸剤などを処方され、2~3日もすれば回復することが多いものです。これらは一過性の嘔吐や下痢ですから、そう長引くこともありません。

では、緊急性があるとか、大病の初期症状などといった場合は、どういった下痢や嘔吐の症状が見られるのでしょうか。私たち飼い主があなどってはならない症状について、解説していきます。

注意しなければならない下痢、嘔吐の症状5選

診察を受けるプードル

1. 元気、食欲がない

下痢、嘔吐の後、なんとなくグッタリとし、無気力である。とか、数時間たっても食欲がない。という場合には、脱水症状を引き起こしている可能性があるので、注意が必要です。

特に、生後1年未満の子犬やシニア犬の場合は、単なるいつものことと思わずに、念のため動物病院を受診しておくと安心です。

2. 3日以上続く

3日以上症状が続くのは、長引いているものと考えてください。ドッグフードや食器を変えたことによる、食物、敷き物、金属アレルギーかもしれませんし、感染症、慢性的な胃腸炎も考えられます。

また、子犬や若い犬では、誤飲の可能性も。驚かすわけではありませんが、こんな例もありますので、ご参考にされてください。

心当たりは無いにもかかわらず、なにを食べても嘔吐してしまい、下痢症状が続くと言って病院に来たラブラドールレトリバーがいました。レントゲンを撮ってみると、そこにはトウモロコシの芯がまるごと一本。

もちろん緊急手術となり一命を取り留めましたが、下痢や嘔吐の原因は、このような誤飲によるものだった、ということがありました。最近では、マスクの誤飲が多いようです。

食いしん坊さん、好奇心の旺盛な子は、以下に注意しましょう。

  • ゴミ箱はふた付きのものに変える
  • 生ごみを漁らせないための工夫をする
  • 散歩中、拾い食いの癖を付けさせない
  • 繁華街、おまつり会場では特に落ちているものに気を付ける

3. 血が混じっている

グッタリポメラニアン

下痢の中に血やドロっとした粘液が混じっている場合は、腸内のトラブルが起きているのかもしれません。消化管潰瘍や腫瘍の疑いもありますので、いずれにしても早期に動物病院への受診をしてください。

4. 黒いうんちで、異臭がする

俗にコールタール状と言いますが、下痢をした際のうんちが、異常なほど黒く、鉄のようなにおいが感じられる場合は、胃や小腸の上部からの出血が便に混ざっている可能性も。

ウイルス性胃腸炎や消化管内の腫瘍、急性膵炎などといった病気に見られる症状のひとつです。早急に動物病院を受診が必要です。検査の結果により、緊急性が伴うと判断されれば、そのまま治療、処置に入るケースもあります。

5. 下痢と嘔吐が同時

下痢だけではなく、嘔吐も同時に起きている、という場合は気を付けなければいけません。

グッタリとしたり、発熱、ふるえ、呼びかけに反応しないときには、緊急性を孕んでいるケースが多いものです。

特に、子犬期にこうした症状が見られた場合は、早急に受診してください。伝染病の可能性も考えられますので、しっかりとした処置、治療が必要です。

まとめ

キャバリア子犬グッタリ

犬の超危険な『下痢・嘔吐』5選!この状態は命に関わるリスクがあるかも、ということについてお伝えしてきました。判断の見極めは難しいところですが、いつもと違うな、と思ったら、回数、時刻、内容物のメモとともに、携帯カメラで写真を撮ってから受診すると良いでしょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。