犬の体が臭い時の原因3選!体臭を抑えるにはどうすればいいの?

犬の体が臭い時の原因3選!体臭を抑えるにはどうすればいいの?

「なぜか愛犬の体が臭い……」そんなときは愛犬のどこにニオイの原因があるのでしょうか。悪臭がするときは愛犬の体に異変が起きている可能性が高いので、体臭を抑えるとともに原因をしっかり把握して問題を解決してあげましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.口や体から気になるニオイがする

犬の歯を調べる光景

歯周病が原因となっている

愛犬の口や顔、体がなんだか臭い……。そういった場合は歯周病が原因になっているかもしれません。犬は人間のように虫歯になることはほとんどありませんが、代わりに人間よりも歯垢や歯石がつきやすく歯周病になってしまうことが多いといえます。

食べさせているものや犬によって異なりますが、毎日歯磨きをしていてもいつの間にか歯石がついていることって珍しくないのです。歯垢や歯石が溜まっていくとやがて歯周病になってしまい、口から悪臭を放つようになってしまいます。

また、歯周病になっている犬が自分の足や体を舐めるとその部分にもニオイが付いてしまいやがて体全体から嫌なニオイがするようになります。ちなみに歯石や歯周病による嫌なニオイは『ドブのようなニオイ』『何週間も洗っていない水槽のニオイ』をイメージしていただければ分かりやすいと思います。

もし、愛犬の口や体からそのようなニオイがした場合は、歯周病、または口内になんらかの原因がある可能性が高いといえます。

対策:口内を綺麗にする

歯石や歯周病によって悪臭がする場合は、病院で口内を綺麗にしてもらうことが対策法となります。歯周病は悪臭の原因となるだけでなく放っておくと様々な病気を発症する原因となってしまいます。心臓疾患や腎不全の原因になる場合もありますし、歯根に問題が出ればアゴの骨が溶けてしまうこともあります。アゴの骨を溶かす。失明するといった怖ろしい症状が出てしまいますので早めに問題を解決してあげる必要があります。

治療法は基本的に全身麻酔をし歯垢や歯石の除去、歯周ポケットの掃除となり、酷い場合は抜歯をすることもあるといえるでしょう。また、口内に異常がないのにもかかわらず口から不快なニオイがする。といった場合は内臓に問題を抱えている可能性も考えられますので、なるべく病院で愛犬の体に異変がないか調べてもらうことをおススメします。

2.お尻付近からいやなニオイがする

犬のお尻を嗅ぐ犬

肛門腺に問題がある可能性

お尻のあたりが臭い。愛犬がお尻をこすった場所から変なにおいがする。そういったときは肛門腺(こうもんせん)がニオイの原因となっている可能性があります。犬のお尻には肛門腺といわれるものがあり、肛門腺から出た分泌物が肛門嚢(こうもんのう)に溜まる仕組みになっているそうでです。

基本的に大型犬はウンチをしたとき自然にこの分泌物が一緒に排出されるのですが、小型犬や中型犬は自分で肛門嚢に溜まった分泌物を出すことが難しいため、何もしないでおくと肛門嚢に分泌物が溜まってしまうことになるのです。

溜まった分泌物を放っておくとやがて肛門から出てしまいお尻から嫌なニオイが発生してしまう……ということになってしまうことがあります。

対策:定期的に肛門腺を絞ってあげる

肛門腺の分泌物を犬が自分で処理できない場合は、定期的に肛門腺や肛門嚢から分泌物を絞り出してあげる必要があります。自ら愛犬のお尻をキュっ!とつまんで分泌物を絞り出してあげるという飼い主はたくさんいるようですが意外とコツがいりますので、私はトリマーの方や獣医さんにお願いすることをおススメします。

大体2~3週間ほどの周期で肛門腺を絞り出してあげるのが理想的といえるでしょう。ちなみに肛門腺の分泌物を放っておくと犬が肛門嚢に溜まった分泌物に気持ち悪さを感じ、自らお尻を地面にこすり付けるという仕草を行うようになりカーペットなどに嫌なニオイが染み込む原因になってしまいます。

また、肛門腺を放置すると肛門嚢炎になったり肛門嚢が破するなどの問題を抱えてしまうことがありますので、愛犬の健康のためにも定期的に肛門腺を絞るようにしてあげてくださいね。

3.体全体からニオイがする

くさいとアピールする人と抱っこされる犬

皮脂や汗が被毛や皮膚に蓄積されている

愛犬の体から発生する嫌なニオイ、それは『蓄積された皮脂や汗』である可能性も考えられます。犬は犬の全身にはアポクリン腺という汗が出る汗腺があります。このアポクリン腺から出る汗は脂分が多く、皮脂と混ざりあって酸化することで嫌なニオイが発生しやすくなってしまいます。

また酸化した成分によって雑菌も繁殖しやすくなり、結果として不快な体臭になることが多いそうですよ。

対策:定期的にシャンプーしてあげる

皮膚や被毛に付着した汗や皮脂が嫌なニオイの原因の場合は、定期的にシャンプーをするのが対策法となります。月に1、2回シャンプーをして体を清潔に保ってあげるだけでニオイの問題を解決できるといえます。

また、毎日ブラッシングをして被毛に付着した汚れをとったり、抜け毛を取り除いてあげるのも効果的といえるでしょう。体を清潔にしてあげるとニオイの問題を解決できるだけでなく、皮膚病を発症しにくくすることもできますのでスキンシップをしながら体を綺麗にしてあげてくださいね。

まとめ

頭に泡を乗っける犬

愛犬の体から発生する嫌なニオイは体に異変が起きているサインになっていることが多いといえます。愛犬の健康のため、そして嫌なニオイを取り除くために原因を探って問題を解決してあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。