犬を甘やかしすぎると起こる悪いこと3選

犬を甘やかしすぎると起こる悪いこと3選

あなたは犬に甘いでしょうか。そう聞かれれば、ほとんどの方がこう答えるでしょう。「う~ん、甘やかさないようにしているけど、確かにちょっとだけ甘いところもあるかも…」。そうです。飼主さんは塩梅を加減していますね。でも、知らず知らずのうちに甘やかしすぎている可能性もあるとしたら!?

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の提供

日本初ウェディング専門ペットシッター会社【銀座INPET】代表。犬の心を大事に育てるメソッドを推奨。過去に警察犬嘱託訓練所、USトレーナーズキャンプ参加等、様々な訓練経歴を持つ

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

甘やかしすぎる、とは

イチゴと白い犬

犬を甘やかしすぎるのがどういったものを指すのか。それは人により様々な見方があります。甘やかし、甘やかしすぎ、には、これといった定義がなく、個人の感じ方によるところが大きいのです。実はこれはプロでも同じなんですよ。

ただ、判断する基準はあります。それは「その対応によって犬と人の関係が悪化しているか」という関係性の部分です。さて、ここからはその具体例を一緒に見てまいりましょう。

甘やかしすぎによって起きる悪いこと3選

歯を剥くポメ

これから出す例は甘やかしすぎている状態だと言えます。理由はいずれも犬の意思に飼主さんが従っている構図であり、それにより犬本位の関係になっているからです。

1.肥満、栄養不足

それがいけないのだと獣医さんに言われているけど、本当は愛犬のかわいいおねだりに負けてしまい、ついつい催促されるがままおやつをあげてしまう。という飼主さんは多いもの。

おやつは言わば犬の嗜好品ですから、与えすぎは肥満につながる可能性があります。また、おやつによる満腹感からきちんとご飯を食べない傾向にあります。愛犬に必要な栄養バランスを保つためにも、おやつは一日の量や時間を決めた方が良いでしょう。

2.苦手が増える

例えば身体を触られるのがもともと苦手な犬がいます。その場合、少しずつ少しずつ様子を見ながらトライして慣らしていきます。そうすれば、苦手がやがて平気に近づく日が来るでしょう。

犬が嫌がり唸ったからという理由で「あ、いやなのね。やめようね」。といったやり取りが何度か続けば、犬は「唸れば苦手なことをされずに済む」と学習してしまいます。これを繰り返すうちに結果として苦手なことが多い犬になってしまうというわけです。

犬により苦手ポイントは当然持っているものですが、色々な対策を用いて苦手を減らしていきたいですね。

3.周りに迷惑をかける

散歩時、犬がぐいぐいと先に歩き、飼主さんを引っ張っているかのような状態になっていませんか。そのような散歩の仕方が悪いわけではありません。ここで肝心なのは、いざというときに飼主さんがいつでもどこでも犬を制御できるかどうか。という部分です。

犬の気分の赴くままの速度や方向に飼主さんがついて歩くような散歩スタイルは、犬に自分本位で行動する権限を与えているようなもの。そうした甘やかしを続けるうちに、例えば犬同士のケンカや急な車道への飛び出しなどにつながることも考えられます。

周りに迷惑をかけないためにも、いつでも飼主さん主導で犬を制御できる状態でいたいですね。

関係性を見る

ゴールデンと女性

ここまで見てきた方は、甘やかしすぎは良くない結果を招くことがお分かりになったと思います。甘やかしすぎる行為が及ぼす弊害は、犬本位の状態にあります。平たく言うと甘やかしすぎは犬をワガママにさせます。

では、甘やかしすぎないために私たちはどうした態度で犬に接すれば良いのでしょうか。その答えは「厳しくする」ではありません。正解は、俯瞰して関係性を見る、です。犬と私たちの関係性を第三者的な目で見たときに「威嚇」「びくびくしている」「我がまま」「威圧的」「破壊する」「吠えたてる」などの行動や態度があるかどうかを確認してみるとよいでしょう。思うようにならなければ、吠えたり、噛みついてきたりといった行動を犬がすれば良好な関係が築けているとは言えないでしょう。我慢させたときに、指示を待っていたり、攻撃的な態度にならなければ良好な関係が築けていると考えてよいでしょう。その犬と家族との関係に問題がなく良好であれば甘やかしすぎているとは言えないのです。

まとめ

花と白黒犬

現代の訓練学では、犬は厳しくされるよりも優しくされた体験が多い方が温和に育つとされています。優しさと甘やかしの違いについては似ているようで非なるものであり、飼主は安定した精神と平等な優しさで犬に接するべきでしょう。

言うまでもなく過度な擬人化や、飼主の感情の上がり下がりは犬が混乱を起こさせてしまいます。

最後に、甘やかしすぎ、甘やかす、甘える、甘えさせる。これらの線引きは難しいものだと、訓練士のわたくしもいつも感じています。しかし「甘え」が優しさという気持ちに裏打ちされたものであれば、その先には良い関係が待ち受けています。犬の甘えたい気持ちを理解し、導いていけるような飼主さんになりたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。