焼き鳥の棒を誤飲し内臓に穴が!難治性の感染症も起こした飼い犬の命運は

焼き鳥の棒を誤飲し内臓に穴が!難治性の感染症も起こした飼い犬の命運は

ゴミに出されていた焼き鳥の棒を飲み込んだ犬の食道と大腸に穴が開き、棒は胃の中にとどまってしまいました。その上、内臓のキズから治りにくい感染症を発症。命の危険にされされます。

お気に入り登録

よく効く薬は高額で…

誤飲

オーストラリア・クイーンズランド州に住む「マーガレット・ジェイン」は、外に出されていた間にゴミをあさって、焼き鳥に使った棒を飲み込んでしまいました。

誤飲といえば、こんな例もありました。

関連記事
犬が超絶に具合が悪かった原因は誤飲!命の危険もあるので要注意
犬が超絶に具合が悪かった原因は誤飲!命の危険もあるので要注意

熱と腹痛があり1日じゅう吐き続ける犬。救急病院でレントゲン写真を撮ってみると、何やら怪しい影が…。手術で取り出すことになりました。

  • コラム
  • トラブル

オーストラリア仕様の焼き鳥の棒はきっと日本のより長いですよ?その棒が内臓に突き刺さって穴が開いてしまったんですって!大惨事です。

治療

マーガレット・ジェインは呼吸困難におちいり、すぐに入院。

焼き鳥の棒は食道と大腸に刺さって穴を開け、そのまま胃の中にとどまっていることがわかりました。

緊急手術はうまく行きました。棒が取り出され、内臓に開いた穴はふさくことができたのです。

高額な薬

でもそれで終わりではありませんでした。内臓のケガから感染症を発症していたのです。様々な抗生物質を投与しても治るどころか、状態は悪化。命が危ぶまれました。

1日の使用で6万~7万円もかかる高価な薬を2週間も投与することでこの犬を救うことができるのですが、飼い主さんにはとても払えません。

そこへ救世主が現れました。マーガレット・ジェインの危機を知ったある企業が、その高価な薬を寄付してくれたのです!これは運がよかったとしか言えませんね。

多くの場合はこんな幸運に恵まれず、ひっそりと命を落としてるのかもしれません。

感謝

マーガレット・ジェインは1カ月ほどの入院で傷も感染症も治りました。飼い主さんは、薬の寄付と、1日24時間のケアを続けてくれた医療チームに感謝しきれないほど感謝していると言います。

多くの人に守られて救われた命です。これからも元気に生きてほしいですね。飼い犬の誤飲には本当に注意したいものです。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Animal Emergency Service

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。