犬用フェロモン製品が分離不安に効果を発揮するかどうかの研究結果

犬用フェロモン製品が分離不安に効果を発揮するかどうかの研究結果

分離不安など犬のストレスを軽減するという効能が謳われている犬用フェロモン製品。その効果を科学的に検証するリサーチが行われ結果が発表されました。効果のほどはどうだったのでしょうか。

お気に入り登録

犬のストレスを軽減すると言われる犬用フェロモン

寂しそうに床に伏せているラブラドール

留守番や病院での受診時、大きな音への恐怖など犬が感じるストレスへの対策として販売されている犬用緩和フェロモンの製品があります。母犬が子犬に授乳する時に出るフェロモンを人工的に合成した物質で、スプレータイプやディフューザータイプ、首輪タイプなどがあります。

確かに授乳の時に感じたフェロモンなら、気持ちを落ち着ける効果がありそうですね。これら多くの国で広く販売されている犬用緩和フェロモン製品で、飼い主が不在の時の犬の分離不安を軽減されるかどうかのリサーチがイギリスのハートプリー大学の研究チームによって行われ、その結果が発表されました。

ディフューザータイプの製品で効果を検証

コンセントタイプのディフューザー

この研究ではディフューザータイプの犬用緩和フェロモンの製品が使用されました。コンセントに挿したディフューザー(拡散器)から芳香剤のように室内に成分が漂うように設計された製品です。

リサーチに参加したのは10匹の家庭犬とその飼い主です。リサーチはどの犬にとっても未知の環境である実験室で行われました。フェロモンを使用した場合と使用しなかった場合、飼い主が一緒にいた場合と飼い主が不在の場合の全ての組み合わせで犬の反応が測定されました。

犬の行動反応は、吠え、引っ掻き、キュンキュン鳴く、定位行動(飼い主を探して視線を動かす)、探査行動、歩行などがビデオで記録され観察されました。

犬の身体的反応は、心拍数、心拍変動、眼球の温度、耳介の温度が収集記録され、生理学的状態が評価されました。過去の研究から、犬はストレス下にある時に眼球の温度が上昇することが分かっています。また別の研究では、孤独によるストレスが犬の耳介の温度を低下させることもわかっています。

フェロモン有りの時、フェロモン無しの時、その差は?

不安な表情の犬

フェロモン製品が有りと無しの時、それぞれの行動や生理学的な反応を比べるといくつかの注目すべき点がありました。

  • フェロモンが有っても無くても、飼い主が不在になると定位行動が大幅に増加した
  • フェロモン無しで飼い主が不在になると眼球の温度が上昇した
  • フェロモン有りの状態の後に飼い主が戻って来た時にも眼球の温度が上昇した
  • 心拍数や耳の温度にはフェロモンの影響は見られなかった

上記の4点に加えて他の記録も総合的に検証した結果、犬の行動反応や眼球温度に影響を与えるのはフェロモンではなく飼い主の存在と犬の覚醒レベルであるという結論が出されました。つまり、残念ながら飼い主不在時の分離不安行動には、犬用緩和フェロモンはあまり効果がないということです。

まとめ

嬉しそうな黒ラブと男性飼い主

犬用緩和フェロモンの製品が飼い主不在時のストレスを軽減するかどうか検証したところ、あまり効果がないことが判ったという研究結果をご紹介しました。

面白いことに、同じ時期にイギリスのリンカーン大学の動物行動学者が、同じ家庭内で犬と猫が平和的に共存するためにディフューザータイプの犬用フェロモンが効果的だったという研究結果を発表しています。

また一方では、花火や雷など大きい音が怖い犬の対策に犬用フェロモンを使った人の多くが「効果を感じなかった」と回答したリサーチ結果もあります。

併せて考えると、家庭内で猫にちょっかいを出したいという犬のポジティブ過ぎる感情をマイナス方向に低下させるには効果があるけれど、大きな音への恐怖や飼い主の不在というマイナスが大き過ぎる感情をプラスにまで持って行くほどのパワーはないということかもしれません。

製品に対して過度に期待せず、適切な場面で使いこなすことができれば、犬も人も幸福度がアップすると言えそうです。

《参考URL》
https://doi.org/10.1016/j.jveb.2020.08.001
https://doi.org/10.1016/j.physbeh.2016.09.002
https://doi.org/10.1016/j.jveb.2014.11.003

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。