犬のテンションが異常に低い時の心理5選!病気になってる可能性も…?

犬のテンションが異常に低い時の心理5選!病気になってる可能性も…?

犬がいつもより凄くテンションが低いときは、主にネガティブな気持ちになっていることが多いといえます。また、犬が凄く大人しいときは病気やケガのサインになっていることもあるので要注意となりますよ。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.落ち込んでいる

眠るビーグル

犬は感情がとても豊かなので何かしらのことが原因で落ち込んでしまうと凄くテンションが下がってしまうことがあります。飼い主に叱られる。飼い主がいつも要求を受け入れてくれない。全然可愛がってくれない。といったものが犬が落ち込みやすいシチュエーションとしてよく知られています。

ただ、これらは犬のテンションを一時的に下げやすいといえますが、長時間テンションが低いままというのは少ないといえるでしょう。では、どういったことをすると犬は極端に落ち込みテンションが低くなってしまうのでしょうか?犬が落ち込むことや嫌がることを毎日繰り返していると凄くテンションが下がってしまうことが多いといえます。

自分の時間を優先しすぎるあまり毎日犬を放ったらかしにしている。愛犬が散歩好きなのに全然散歩に連れて行かない。毎日叱ってばかりいる。愛犬のおねだりを全部無視している。といったことを毎日行っていると、犬は無気力になったり愛情不足を感じて元気をなくしたりすることが多いそうですよ。

2.ストレスを溜め込んでいる

伏せをするトイプー

犬は人間と同じようにストレスを溜め込んだり毎日嫌な思いをしたりすることでうつ病になってしまうことがあります。犬は環境の変化によってストレスを感じることもあれば恐怖を感じる音が毎日聞こえることでビクビクしながら大人しくなってしまうこともあります。

先ほどもお伝えしましたが飼い主とのスキンシップが不足している。叱られてばかりいる。といったことが習慣化していると犬はストレスを溜め込んでしまい、異常にテンションが下がってしまうことがあります。酷い場合だとうつ病になって常にテンションが低い状態になってしまうこともあるそうですよ。

ストレスの原因は犬によって様々といえますが、もし愛犬のテンションが最近ずっと低いと感じたときは、愛犬にストレスを感じさせたりや嫌な想いをさせていないか一度飼い方を見直して見ると良いかもしれませんね。

3.気候によって体に異変を感じている

窓の外を眺める犬

気候の変化……、特に雨の日に気圧が下がると犬はテンションが異常に低くなってしまうことがあります。私たち人間のなかには雨の日になると関節が痛くなる。頭痛がする。気分が滅入ってしまう。といった症状を引き起こすことが知られていますよね。

これらは気圧の変化によって起こる『気象病』と呼ばれていたりするのですが、実は犬も低気圧の影響を受けてこの気象病になることがよくあるのです。犬の場合は低気圧によって自律神経が乱れたり血管が膨張したりと体の様々な機能に異変が起こることで、

  • だるさ
  • 食欲低下
  • めまい
  • 眠気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 関節痛
  • 体の異変による不安

など

といった症状が出ることが多く、雨の日などの低気圧時には体調不良を起こすことでテンションが異常に下がってしまうことがあります。ですので、雨の日になると毎回愛犬の様子がおかしくなる、テンションが凄く下がる、といった場合は低気圧が大きく影響している可能性が高いといえます。

低気圧によって愛犬のテンションが異常に下がったときは極論をいうと低気圧がおさまるまで待つしかないのですが、なるべく安心できる環境をつくって静かにゆっくり休ませてあげると症状を改善しやすくなるといえるでしょう。

4.ケガをして痛がっている

治療してもらう犬

犬が極端にテンションが低くなっているときはケガをしている可能性もあります。犬はケガや病気をすると周りに自分の弱い姿を見せないよう痛みにじっと耐えることがあります。

犬のケガは切り傷など目に見えるものだけが全てではなく、むしろ関節を痛めていたり脱臼していたりと見た目からは分からないケガをしていることが多いのでなかなかケガに気づけないことがよくあります。

ですので、さっきまで元気だったのに急に元気をなくしている。といった場合は念のためケガをしていないか愛犬の歩き方や体に異変がないかチェックすることをおススメします。

5.病気の痛みに耐えている

診察を受ける犬

犬が極端にテンションが低くなる場合は何らかの病気を発症している可能性もあります。先ほどもお伝えしましたが、犬はケガや病気などで体が弱まってしまうと静かに寝ながら痛みに耐えることがあります。そして、ジッと耐えながら自分の力で体を癒そうとするのです。

もし、いつも活発な愛犬が珍しくご飯を全然食べずにずっと眠っているのでしたら病気や体調不良によって元気をなくしている可能性が高いといえるでしょう。『下痢』や『嘔吐』、『フラフラ歩く』などの症状がみられる場合は、様々な大病を発症していることも考えられますので、なるべく早く病院に連れて行ってあげてくださいね。

まとめ

元気そうな犬

犬のテンションが極端に低くなっているときは、ネガティブな気持ちになって元気を無くしていたりケガや病気にじっと耐えている可能性が高いといえます。

ときにはただゆっくりしたいという理由で犬は静かにする場合もあるのですが、いつも元気な犬が半日以上テンションが低いままのときは病気のSOSになっていることも考えられますのでいつもより念入りに様子を観察してあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。