犬が拗ねてしまう飼い主の行動4つ!拗ねてしまった時の対処法まで解説

犬が拗ねてしまう飼い主の行動4つ!拗ねてしまった時の対処法まで解説

犬と一緒に生活していると時々拗ねた姿を見かけることがあります。なかには飼い主の行動が原因となって犬が拗ねてしまう……なんていう場合もよくあったりします。もし犬が拗ねたときはどういった対処法を行えばよいのでしょうか。

お気に入り登録

1.要求を無視された

見つめる犬

犬は飼い主の行動によって拗ねることがあります。毎日の生活で犬が拗ねやすい飼い主の行動といえば『要求を無視する』です。例えば、犬と暮らしていると少なからずおねだりをしてきます。おやつをちょうだいとしてきたり、飼い主のご飯をおねだりしてくることもあったりします。

なかには愛犬が遊ぶのが大好きな場合はあなたのもとにオモチャを持ってきて「一緒にあそぼ~」と誘ってくることもあると思います。そういった犬の要求を無視すると拗ねてしまうことが少なからずあります。

実際に愛犬のおねだりを断るといつも寂しそうに自分の寝床へと帰っていく。そんな経験をもつ飼い主はたくさんいるのではないでしょうか?

2.ご褒美をもらえなかった

オヤツを食べる犬

ちゃんとトイレでオシッコができたのに褒めてもらえなかった。お利口にしながらお留守番してたのにご褒美をくれなかった。家に訪問者が来ても吠えなかったのに褒めてくれなかった。といったように良いおこないをしたのにもかかわらず、ご褒美をあげないでいると「良い子にしていたのに……」と元気なく拗ねてしまうことがあります。

毎回過剰に褒める必要はありませんが、犬は良いことをしたときに褒めてあげると「褒められたから次も頑張ろう!」とポジティブな気持ちになりやすく良いスキンシップにもなりますので、愛犬が良いことをしたときは思いっきり褒めてあげたりご褒美にオヤツをあげることをおススメします。

3.構ってくれない

見つめるラブラドール

犬は大好きな飼い主に可愛がられるのをとても楽しみにしています。なので、飼い主が全然構ってくれないと犬は残念そうに寂しく拗ねてしまうことがあります。近年だと愛犬が構ってほしそうにしているのにもかかわらずスマホに夢中になってしまい、つい愛犬を放ったらかしにしてしまうという飼い主は少なからずいることと思います。

また、忙しいときは愛犬とスキンシップをする時間を用意するのが難しいと思います。ですが、愛犬にとって飼い主と一緒に過ごす時間はとても大切で楽しみにしていることとなりますので、用事が済んで手が空いたときには思いっきり可愛がってあげてくださいね。

4.誰かと仲良くしている

拗ねる犬と慰める人

犬は嫉妬をして拗ねてしまうこともよくあります。例えば飼い主が家族と仲良く話している。飼い主が散歩中に出会った犬を撫でている。そういった光景を見て犬は「私以外の人(犬)と仲良くしてる……」と感じて拗ねてしまうことが多々あります。

ちなみに犬が嫉妬したときは、飼い主や相手に向かって吠える。間に陣取って邪魔をする。といった行動をすることが多いのですぐに嫉妬していることが分かると思いますよ。

拗ねてしまったときの対処法

仲直りする犬と人

可愛がってあげる

愛犬が拗ねてしまったときは『可愛がってあげる』。シンプルですがこれが一番の対処法といえるでしょう。用事があって構ってあげられずに愛犬が拗ねてしまった場合は、用事が済んでからで構いませんので可愛がってあげてください。

また、誰かと話しているときに愛犬が嫉妬して拗ねてしまう場合は、愛犬も一緒に輪の中に入れながら会話をしてあげると機嫌を損ねにくくなるのでおススメですよ。

少しそっとしておく

愛犬が拗ねながらふて寝をしたり、呼んでも無視をする場合は気持ちが落ち着くまでしばらくそっとしておいてあげることをおススメします。ほとんどの場合、少し時間が経つと気分を取り戻して愛犬の方からあなたの様子を見に来てくれると思いますので、その時は思いっきり可愛がってあげると喜ぶと思いますよ。

まとめ

幸せそうな犬

犬は感情がとても豊かで喜怒哀楽がハッキリしているので、ときどき拗ねてしまうことがあります。飼い主の行動によって犬が拗ねるときは大体の場合、相手にしてもらえなかったことで拗ねているといえますので、愛犬が拗ねてしまったら思いっきり可愛がってあげると機嫌を取り戻しやすくすることができます。

ただ、愛犬が拗ねたときに毎回構っていると『拗ねたふりをすれば飼い主が構ってくれる』と学習してしまうこともありますので、そっとしておくことも必要といえるでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。