犬にしてはいけない『NGなコミュニケーション』5選!犬を飼っていない人も必ず知っておいてほしいこと

犬にしてはいけない『NGなコミュニケーション』5選!犬を飼っていない人も必ず知っておいてほしいこと

犬は言葉が話せない分、行動やしぐさでコミュニケーションを取っています。そのため、犬と正しいコミュニケーションを取るためには、人間側も犬のコミュニケーションを理解しなければいけません。今回は、犬にしてはいけないNGなコミュニケーションをご紹介するので、自分がしていないか再度確認してください。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬にしてはいけないNGなコミュニケーション

威嚇する犬

犬は行動や仕草で相手に気持ちを伝えます。そのため、人間が何気なく行っている仕草や行動を見て、自分たちのコミュニケーション方法に当てはめることが多いです。

これを踏まえた上で考えると、犬同士におけるNGなコミュニケーションを取ってしまうと、犬に「警戒されている」「敵視されている」と勘違いを与えてしまう恐れがあります。

犬を飼っている方はもちろん、犬が好きで仲良く触れ合いたいと思っている方も、犬にしてはいけないNGなコミュニケーションを確認しておきましょう。

1.初対面でジッと目を見つめる

上目遣いで見つめる犬

初対面であったり、まだ知り合ったばかりであるにもかかわらず、可愛い犬の顔をじっくり見たいという思いから、無意識のうちに、ジッと目を見つめてはいませんか。実はこの行動、犬にとって「あなたを警戒しています」という意味があるのです。

そのため、私たちが「仲良くなりたい」という思いからジッと見つめていても、犬にとっては恐怖でしかありません。

なるべく始めのうちは、目をジッと見つめるのではなく、「こちらに敵意はありませんよ」という意味を込めて、目を逸らしたり、横目でアイコンタクトを取るようにしましょう。

2.死角から突然触れる

犬は人間よりも視界が広いと言われています。しかし、自分が警戒していない真後ろから、突然触れられたらビックリしてしまいます。

犬は人間に対して友好的なイメージが強いですが、元々警戒心の強い動物です。一度警戒心を抱いてしまうと、なかなか心を開いてくれない犬もいるため、突然後ろから触り「攻撃されるかも」と恐怖心を抱かせるのはNGです。

犬に触れる際は、必ず声をかけ、犬が見える位置から触れるようにしてください。犬がきちんと「触られる」という準備を整えてから触れることがポイントです。

3.頭を撫でる

頭を撫でられる犬

よく犬を触る際に頭を撫でてしまう人がいますが、実は犬にとって頭を撫でられる行為は警戒心を強める行為です。

犬を自分に置き換えて考えてみてください。あまり知りもしない自分よりも大きな相手から、突然上から手を置かれるのです。「威嚇されているのかもしれない」「攻撃されるかも」という恐怖心に怯える犬も多いです。

中には頭を触られたことで、「このままでは攻撃されるかも」という強い警戒心から、攻撃的な行動を取る犬もいます。飼い主であっても嫌そうな顔をする犬もいるほどですので、頭はなるべく触らないようにしましょう。

4.大声で走り寄る

驚いた表情のチワワ

先ほどもお話しした通り、犬は警戒心の強い動物です。また、感覚が人間よりも研ぎ澄まされているため、突然動く人や物に対して、人間以上の警戒心を働かせます。

さらに、人間とは比較できないほど優れた聴覚を持っていることから、同じ音であっても、人間が聞こえているよりも大きな音に聞こえています。

これらを考慮すると、よく見かける「可愛い~!」と大声で走り寄る行為は、犬から見ると恐怖の対象です。「なんだなんだ!?」「いきなり襲いかかってきたぞ!」と警戒心を抱かせる行為になります。

5.抱きしめる・抱き上げる

ここまでご紹介してきたように、犬は警戒心の強い動物であるため、基本的には信頼している人以外から触れられることを好みません。しかし、中には社交的な犬も多く、正しい触り方をすることで甘えるような仕草を見せてくれる犬もいるでしょう。

しかし、だからといって過剰なスキンシップは、飼い主以外であれば禁物です。例えば、抱きしめたり、突然抱き上げたりする行為を指します。

「あなたに興味は持ったけれど、突然抱きしめられたら怖い」「抱き上げられると怖いから下ろして」と一気に恐怖心を煽ってしまいます。

まとめ

吠える犬

いかがでしたでしょうか。飼い主であれば許されることでも、飼い主以外がしてしまうと警戒されたり、恐怖を感じられたりすることがあります。飼い主もこの点を十分に理解し、愛犬が嫌がるようなコミュニケーションは控えるよう相手に伝えてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。