犬が他人の家に預けられた時に考えていること3選!心理は?ストレスがかかっていることも…?

犬が他人の家に預けられた時に考えていること3選!心理は?ストレスがかかっていることも…?

家族と同等に大切な愛犬でも、冠婚葬祭や災害時など、やむをえず他人の家に預けなければならない時がありますよね。こんなとき、愛犬は何を考えているのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

何で飼い主さんはいないんだろう

首を傾げている犬

他人の家に預けられても最初のころは、室内を探索するのに夢中になったり、見慣れない家具や置物に興味をそそられたり、いつもと違うおもちゃやおやつに浮かれたりと、不安や退屈を感じずに過ごす子も多いかもしれません。

ですが、ふと気づいたときに「あれ、何で飼い主さんはいないんだろう?」と飼い主さんを探しはじめる場合があります。わんこはただでさえ、「いつも通り」であることに安心を感じる動物です。それだけに変化にはとても敏感でもあるのです。

このままこの家で暮らすのかな

犬と戯れる家族

飼い主さんがいなくなってある程度の時間が経つと、「飼い主さんはもうお迎えに来てくれないのかな」「このまま、この家の子になって暮らすのかな」と不安を募らせてしまう子もいます。

中には、ごはんやおやつ、おもちゃに目もくれず、飼い主さんが去っていった玄関の前でじっと伏せて待っていたり、クンクンと悲しそうな鳴き声を上げたりするような場合も。このような心理状態になってしまうと、わんこにはかなり強い心理的ストレスがかかります。

ストレスがかかると、明らかに元気がなくなったり、食欲不振になったり、嘔吐や下痢といった身体症状が現れることもあるので、注意が必要です。

いつ迎えに来てくれるのかな

窓の外を見つめる犬

飼い主さんがいないことで極度の不安を感じる子もいれば、一方で、全く気にしていないようにケロッとしている子もいます。

愛犬のようすが心配になって連絡をとったときに「元気がなくて」と言われるのも心配ですが、「何にも変わらず元気だよ」と言われたら言われたで、今度は「私がいなくてもどうでもいいのね」と寂しくなってしまうかもしれませんが、あまりガッカリしないでください。

寂しいそぶりを見せないわんこも、決して、飼い主さんがどうでもいいわけではありません。寧ろ、その逆で、飼い主さんとしっかり信頼関係ができているからこそ、「飼い主さんが自分をこんなところに置いてきぼりにするわけがない」「いつか絶対に迎えに来てくれるから大丈夫」と楽観的に考えているのです。

一方でもちろん、心のどこかでは「いつ迎えに来てくれるかな」と飼い主さんの帰りを楽しみにしているはずですよ。

愛犬を他人に預けるときの準備と注意点

スーツケースと犬

相手の家族やペットとの相性を見る

愛犬を他人に預けなければならなくなったときには、もちろん、相手先の家族との相性を確認しておかなければなりません。また、相手方にわんこや猫など、他のペットがいる場合には、動物同士の相性を見ておくことが最も大切です。

人間であれば、苦手なら関わらないようにする等、ある程度距離感を調整することができますが、ペットの場合はそう簡単にもいきません。双方にとってストレスとなってしまわないよう、お互いの相性が悪くないか、そもそも、他の子を受け入れやすい性格の子なのかどうかをしっかり見極めておく必要があります。

事前に練習しておく

また、愛犬を他人の家に預けることが決まったら、いきなり本番当日を迎えるのではなく、事前に練習日を設け、短時間でも良いのでお預けする練習をしておくことが重要です。上述したように相手との相性を見極めるためでもありますが、それ以上に、「一度そこに預けられた記憶を作る」ことが大切なのです。

先にご紹介した通り、他人の家に預けられても「飼い主さんは迎えに来てくれる」と信じることができれば、愛犬は過度の不安やストレスにさいなまれることはありません。そのためにも一度練習しておくことで、「前にここに預けられたときも、飼い主さんは迎えに来てくれた」という一種の成功体験をすることができ、「ここなら安心して待っていれば大丈夫」と安心できるようになるのです。

まとめ

飼い主に飛びつく犬のシルエット

いかがでしたでしょうか?信頼関係によって愛犬の不安を減らせることはご紹介した通りですが、とはいっても、他人の家で、慣れない環境で過ごすことは、わんこにとって多かれ少なかれストレスになることは間違いありません。お迎えに行った後は、良い子で待っていてくれたことをたくさん誉めてあげるのと同時に、ストレス解消にも取り組んであげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。