犬も『嘘』をつく?犬が飼い主にわざとやっている4つの行動とは?

犬も『嘘』をつく?犬が飼い主にわざとやっている4つの行動とは?

わんこと言えば素直で正直なイメージですが、実は結構な頭脳プレーをするようです。犬の行動には必ず意味があり、そうした方が自分にとって良いというメリットがあるから行動を起こすことがほとんどです。今回は、可愛いようで意外とちゃっかりしているわんこの行動についてご紹介します。

1.元気がないフリ

床に伏せて元気がない様子のラブラドール

愛犬の名前を呼んでも反応がなく、ひっそり小さく丸くなっていると心配になってしまいますよね。飼い主さんが心配して近付いてみると、なんとお腹を見せてしっぽを振るという豹変を見せることがあります。

犬が仮病を使う?!

これはいわゆる「仮病」のようなもので、こうすると飼い主さんが心配してくれたり自分に注目してくれたりすると思って行っていることが多いようです。以前本当に具合が悪かったときに飼い主さんが優しくしてくれたということや、同居のわんちゃんが具合が悪い時に飼い主さんが構ってあげていたということを覚えていて「こうすると飼い主さんが自分に注目してくれるぞ」と思っている可能性があります。

我が家の愛犬も時々、いつもは居ない洗面所のマットの上にいることがあり心配しましたが、どうやらこれも私の気を引きたいときに行いがちなようです。中にはわざと足を引きずってケガを装うという名演技を見せるわんちゃんも!

人間の仮病との違い

人間の場合の仮病は、病気を装うことでひっそり休息を取りたいという気持ちで行いますよね。しかし犬の場合の仮病は少し違って、休息を取りたいわけではなく「飼い主さんに構ってほしい」という気持ちで行うことが多いと考えられます。

2.口にくわえてないフリ

前足で顔を隠す犬

犬は食にとてもアグレッシブな子が多いので、拾い食いの癖に手を焼いてしまうこともありますよね。また、食べ物以外でもお菓子のビニール包装や道に落ちている松ぼっくりなどの気になったものを口に入れてしまうこともあります。そのように愛犬が食べてはいけないものを口の中に入れたとき、愛犬のお口を開けて取り出しますよね。

しかし、愛犬としても「絶対に食べたい」「放したくない」と強く思っているときには結構ガンコに抵抗を見せることもあります。その際に「何も口に入ってませんけど?」というかのように、口にくわえていないフリを見せることもあります。

後ろめたい気持ちや「取られたくないなぁ」と思っているときには、愛犬の黒目と白目が両方見えている「くじら目」になることも多く、その何とも言えない目の表情にクスッとしてしまいます。

3.食べていないフリ

空のフードボウルとこちらを見上げる犬

犬は食べることが大好きな子が多く、「食べられるときに食べておく」という野生の本能から満腹をあまり感じません。さっきごはんを食べたばかりなのに、違うご家族に「ごはんはまだですか?」とアピールする、ちゃっかりした子も多くいます。

1日分のドライフードは2回に分けて与えることが多いのですが、食べることが大好きな子の場合は1日分の量をいっぺんに食べてしまうことができますので、食べていないフリには要注意ですね。

4.わざとごはんを食べない

ドライフードが入った器の前に座るジャックラッセルテリア

愛犬にごはんを差し出しても口を付けないことがあります。これは特に、その後に飼い主さんが「トッピング」をしてくれると思っている場合に多いです。ドライフードはウェットフードや茹でたササミなどよりも水分量が低く香りが立ちません。犬は匂いで食欲をかき立てられるため、香りが立ちやすいウェットフードや茹でた食材などの方が「おいしそう」と感じやすいのです。

フードに口を付けなければ飼い主さんんがトッピングを追加してくれると知っているわんちゃんの場合、用意してもらったごはんを食べようとしないことがあります。これが癖付いてしまうとトッピングなしではごはんを食べなくなってしまうおそれがありますので、まずは基本に与えているフードを食べてもらうようにしましょう。

まとめ

ウインクする片耳が垂れたチワワ

今回は、犬が飼い主さんに見せるちゃっかりした行動についてご紹介いたしました。嘘をつくと言ったら少し大げさになりますが、犬も飼い主さんに自分を装うことがあります。犬の行動は「それをした方がメリットがあるから」という理由であることがほとんどであるため、より良い結果を求めるためにわざとする行動があるのです。飼い主さんとしては、その純粋な願望にクスッとしてしまう瞬間でもありまあすね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。