犬同士が初めて会った時によくする行動5選!お尻を嗅ぎあうには理由があるって本当?

犬同士が初めて会った時によくする行動5選!お尻を嗅ぎあうには理由があるって本当?

わんちゃんの性格によっては、他の犬と積極的にかかわりたい子もいれば「犬見知り」をしてしまう子もいますよね。初めて会うわんちゃんに対しては好奇心と警戒心の両方があるため、犬同士のリアクションにもいくつかの特徴的な行動が見られます。今回は【初めて会う犬同士のリアクション】について解説いたします。

はてな
Pocket

1.吠える

芝生で吠えているジャックラッセル

初めて会う犬に吠えてしまう時には2つの理由が考えられます。

仲良くなりたくて吠える

意外かもしれませんが、他の犬に吠えてしまうのは敵意によるものだけではありません。初めて会うわんちゃんに限らず、他のわんちゃんに向かって吠えてしまう時には

  • 「もっと近付いてあいさつしたい!」
  • 「飼い主さん、あっちに行きたいよ!」
  • 「一緒に遊びたい!」

というアピールで吠えている場合があります。

怖くて吠えている

もう1つの理由は「他の犬が怖いから」です。子犬の頃に適切な社会化がなされなかったわんちゃんに多く、他の犬を過度に怖がってしまうためにけん制として吠えてしまうことがあります。また、自分が吠えた後に他の犬が通り過ぎていなくなることを「自分が吠えたから相手が去った」と誤認することにより、他の犬に会っても吠えれば解決するのだと認識していることが原因である場合もあります。

2.舌なめずり

舌なめずりをする黒い犬

犬同士で接触する際に、ペロッと舌を出して舌なめずりすることがあります。

これは犬のカーミングシグナルで

  • 「緊張するなぁ」
  • 「嫌だなぁ」

という気持ちの表われです。

初めて会う犬に対しては、相手がどんな犬なのか、自分にとって安全な存在なのかが分かりません。しかし、相手の犬に対して好奇心もある場合には恐る恐る接触してみることがあります。この時の緊張感によって舌なめずりが見られると考えられます。

3.匂いを嗅ぎ合う

散歩中の3匹の犬の挨拶

犬は匂いに対する好奇心が強いのは、匂いの情報によってその物や相手がどんな存在なのかを知る犬の習性によるものです。

鼻と鼻を近付ける

鼻と鼻を近付けるビーグルと柴犬

まず最初の接触は、犬同士が鼻と鼻を近付けて匂いを嗅ぎ合う行動です。初めて会う犬相手の場合、この時にはまだ緊張している状態ですので注意が必要です。少しでも相手に危険を感じたり嫌だと思った場合、いきなり吠えだしたり噛みついたりすることもあります。

おしりを嗅ぎ合う

黒い犬のお尻を嗅ぐ白い犬

犬同士の挨拶は、お互いにおしりの匂いを嗅ぎ合うという行動です。身体の中でもお尻やお股の匂いはとても強いため、相手のことを知る有力な情報となります。また、お尻には「肛門腺」という強いニオイを出す器官があり、このニオイがお互いの名刺代わりになるのです。

しかし、初めて会うわんちゃん同士はお互いに緊張感も持っているため「自分の匂いは嗅がれたくないなぁ」と思っていることもあります。その場合には、お互いにお尻を嗅ぎ合った状態で円を描くようにクルクルと回ってしまうこともあります。自身のある子や動じない性格の子は、しっぽを立てたまま堂々としていることもあります。

いきなり相手の顔の周りを嗅ごうとする

黒い犬に嗅がれているパグ

犬の世界には「相手に正面から近付くのはマナー違反」というルールがあります。それは、正面から相手に近付くのは敵意とみなされるためです。犬は他の犬と友好的に接触するために、相手に近付く時には正面を避けて相手の横側へ斜めに歩いて近付きます。

しかし、子犬時代に他の犬との接触の経験が少ない子は犬のマナーを知らないことがあり、平気で相手の正面から近付いたりいきなり相手の顔や耳などの匂いを嗅いだりしてしまうことがあります。場合によっては相手のわんちゃんを怒らせてしまうこともあるため注意して見守ってあげましょう。

4.上半身を伏せる

プレイバウをする白黒の犬

相手の匂いを一通り嗅ぎ終えた後に、上半身を低く伏せてお尻を高く上げる仕草をすることがあります。これは「プレイバウ」と呼ばれ、相手を「一緒に遊ぼう!」と誘う時の仕草です。また、プレイバウの姿勢になることで相手のわんちゃんに「敵意はないよ」と知らせることもあります。

5.飼い主さんの後ろに隠れる

怖がって飼い主に身を寄せる犬

人見知りならぬ「犬見知り」をしてしまうわんちゃんも多いですよね。知らない犬に臆病になってしまう「犬見知り」の子は、飼い主さんの足の後ろに隠れたり抱っこを要請して逃げの姿勢になることが多くあります。

吠えたり威嚇したりといった攻撃的な態度を取ることもありますが、ただ怯えて飼い主さんに助けを求める子もいます。無理に相手のわんちゃんと接触させようとするとストレスになってしまいますので、どちらかのわんちゃんが犬見知りを発動させた際には接触を無理強いしない方が良いでしょう。

まとめ

鼻で挨拶する散歩中の犬

今回は「初めて会う犬同士のリアクション」を5つ解説いたしました。

わんちゃんの性格によって、初めて会う犬に対するリアクションにも個性が出ます。

  • 吠える
  • 舌なめずり
  • 匂いを嗅ぎ合う
  • 上半身を伏せる
  • 飼い主さんの後ろに隠れる

以上の5つの行動は初めて会うわんちゃんに対して見られることの多いリアクションで、その行動にはそれぞれ意味があったり心の表われによるものです。

お相手のわんちゃんとトラブルに発展しないように注意深く観察し、愛犬やお相手のわんちゃんが「嫌だな」と思っている様子なら距離を取ってあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。