犬が飼い主に褒められている時によく見せる5つの仕草

犬が飼い主に褒められている時によく見せる5つの仕草

わんこは感情に素直な生き物!それだけに、大好きな飼い主さんに褒められると、ついつい、喜びが表情や行動に溢れ出てしまうんです。

お気に入り登録

1.しっぽを振る

犬のしっぽ

言わずもがな、しっぽはわんこの感情を知るためのバロメーター!いえ、バロメーターどころか、しっぽにはわんこの隠しきれない本心が如実に現れるといっても過言ではないでしょう。わんこがしっぽを高く上げ、しっぽを激しく振っているときは、嬉しくて仕方がないときです。褒められたことを素直に喜んでいるので、もっともっと褒めてあげることで愛犬のモチベーションはアップします。

2.目を輝かせる

犬の目のアップ

飼い主さんを見上げて、目をキラキラと輝かせるのも、喜んでいるときやワクワクと期待しているときの仕草です。「褒められて嬉しいな。もっと褒めてもらえるかな」と思っていたり、ちょっと食いしんぼうさんな子は「こんなに褒められたら、おいしいおやつが貰えるかも?!」と期待していたりするのかもしれません。「目は口ほどにモノを言う」とはよく言いますが、口で言葉を喋れないわんこにとっては、「目は口よりもモノを言う」と言えるでしょう。

3.息を弾ませる

息を弾ませる犬

口を少し開けて、ハッハッと息を弾ませるのは、わんこが興奮しているときによく見せる仕草です。嬉しさのあまりに興奮してしまい、思わず、口元が緩んでしまうのです。こんなときは口角が上がったように見える子も多く、その表情はまるで、うっとりと笑っているかのよう。こんな顔を見ていると、生物学的には「犬は笑わない」なんて言われていますが、「犬だって嬉しいと笑うもの!」と反論したくなりますよね。

4.寝転がってお腹を出す

お腹を出す犬

愛犬を褒めちぎっていると、愛犬が自ら地面に横になり、コロンとお腹を出すヘソ天のポーズをとることがあります。これは褒められた嬉しさのあまり、「もっともっと褒めて!」と飼い主さんにアピールしている仕草です。背中を地面にこすりつけるようにして誘ってきたら、「お腹を撫でてよ!」の合図。ここは誘いに乗ってあげて、ご褒美と思ってお腹をたくさん撫でてあげましょう。

5.勝手に芸をする

お手をする犬

また、褒められている最中に、飼い主さんが何の指示も出していないのに勝手に「オテ」や「オマワリ」などの芸を始めるわんこもいます。これは、飼い主さんに褒められたことで調子に乗り、「他にもこんなことやこんなこともできるよ!」「すごいでしょ?もっともっと褒めて!」と訴えかけているのです。

愛犬がこの行動をとった場合、声をかけてあげたり、頭を撫でて褒めてあげるのは良いですが、むやみにご褒美のおやつをあげてしまうのは注意が必要。のちのち、要求行動につながってしまうことがあります?

まとめ

頭を撫でてもらう犬

いかがでしたでしょうか?しつけやトレーニングの基本は、「褒めるときにはとことん褒める」こと。愛犬が良いことをしたときには、これでもかというくらい褒めてあげましょう。

もちろん、人間の言葉で褒めても、その言葉の意味はわんこには伝わりません。ですが、飼い主さんの声のトーン、分泌される汗の匂い、手や体の動き、そして、笑顔や表情から、わんこは飼い主さんの感情をしっかりと把握し、自分が褒められているということを認識しています。素直に喜ぶわんこの仕草を見ていると、何だかこちらの心まで洗われますよね。褒めるときはたくさん褒めて、愛犬との絆を深めましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。