犬に『ご褒美』を与えすぎるのがNGな理由3つ

犬に『ご褒美』を与えすぎるのがNGな理由3つ

あたなが気づいていないだけかも?『犬にご褒美を与えすぎるのがNGな理由』についてまとめました。とくに、ご褒美の定番の“おやつ”を与えすぎていませんか?与えすぎていることに自覚のない飼い主さんが多いようです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬に与えすぎるのがNGな『ご褒美』とは?

おやつを見つめるトイプードル

「ご褒美」と聞いて、初めに思い浮かぶのは「おやつ」ですよね。他には何か思い浮かびましたか?犬にとっては、飼い主さんが頭を撫でながら“お利口さんだね”と、褒めてくれることもご褒美のひとつです。イタズラをすることなく、お利口さんにお留守番をすることができたから、“今日はお散歩の時間を10分長くしよう”と、愛犬が喜ぶことをしてあげることも、ご褒美のひとつでしょう。

3つの例をあげましたが、「与えすぎるのがNGな理由」に当てはまるものは、きっと1つですね。なぜ、NGなのか、与えすぎると何が起こるのか、ぜひ一緒に考えてみましょう。

犬に与えすぎるのがNGな『ご褒美』は「おやつ」!

サツマイモと柴犬のマズル

ご褒美におやつを与えすぎるのがNGな理由1.『生活習慣病になる』

ご褒美としておやつを与えすぎると、犬は、確実に肥満になるでしょう。愛犬の一日に必要な適切な摂取カロリーをご存知ですか?一日の摂取カロリーを“食事+おやつ”で計算し、管理していますか?ほとんどの飼い主さんは、一日の摂取カロリーを食事だけで計算し、管理されているのではないでしょうか。

そうすると、ほんの少しのご褒美のおやつだって、適切な摂取カロリーをオーバーしてしまうことになります。少しオーバーする程度であれば、遊びや運動やお散歩などで消費することが可能かもしれません。しかし、ご褒美としておやつを与えすぎると、高カロリーな食生活になり、それが習慣化してしまえば、肥満だけではなく、癌や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなりかねません。

ご褒美におやつを与えすぎるのがNGな理由2.『おやつがないと指示に従わなくなる』

この問題はとても多いですね。“おやつがなければ飼い主の言うことを聞きません”なんて笑って話す飼い主さんがいらっしゃいますが、笑いごとでは済まされなくなってしまうかもしれません。一番に考えたいことは、“愛犬を制御することができなくなってしまう”という可能性です。

あなたは、ご褒美としておやつを与えなければ言うことを聞いてくれない愛犬を制御することができるでしょうか。ケガや事故の原因にもなりますし、他人や他の犬に迷惑をかけてしまう原因にもなります。愛犬の安全と命を守るためにも、ご褒美のおやつがなければ指示に従わない、という状況を改善しなければなりません。

ご褒美におやつを与えすぎるのがNGな理由3.『ごはんを食べなくなる』

おやつの方が香りも味も強く、ごはんよりも好む犬がほとんどです。ご褒美としておやつを与えすぎると、それだけでお腹いっぱいになり、ごはんを食べることができなくなってしまうかもしれません。もっと深刻に考えたいのは、ご褒美のおやつを食べるために、ごはんを食べない、という手段を取ってしまうことです。

お腹が空いているけれど、おやつが食べたいから、ごはんは食べないでいよう、という手段です。栄養バランスが偏ってしまいますし、生活習慣病だけではなく、もっと重篤な病気を発症しかねません。愛犬がごはんを食べないからといって、代わりにおやつを与えていませんか?

「ご褒美のおやつ」の与えすぎをなくすためには…

撫でられて笑顔で目を細める犬

冒頭でもお話した通り、ご褒美やおやつだけではありません。犬が喜んでくれるご褒美は他にもあります。愛犬は、おやつ以外にどんなことに喜んでくれるのか、ぜひ考えてみてください。お散歩が大好きなのであれば、お散歩の距離を長くしたり、時間を増やしたり、新しい場所へ出かけるなどするのも良いですね。

飼い主さんと一緒に遊ぶことが大好きなのであれば、新しいおもちゃを与えたり、ただ一緒に遊ぶ時間を増やしてあげるだけでも喜んでくれるはずです。

まとめ

おやつをもらう垂れ耳の犬

犬に『ご褒美』を与えすぎるのがNGな理由には、

  • 生活習慣病になる
  • おやつがないと指示に従わなくなる
  • ごはんを食べなくなる

などがありますが、どれもおやつが関係しています。“頭を撫でて褒めてあげる”というご褒美なのであれば、いくらでも与えて良いと思います。しかし、おやつがご褒美なのであれば、与えすぎに注意しなければなりません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。