犬が『体を丸めて眠る』心理4つ

犬が『体を丸めて眠る』心理4つ

この記事では「犬が『体を丸めて眠る』心理4つ」をテーマに、ワンちゃんが寝る際に体を丸める心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

ワンちゃんは寝る際に安心して眠れるという条件のもと寝場所を決めます。

そして、寝場所を決めていざ眠ると色々な体勢で眠ります。
人間も寝る際に色々な体勢で寝ますね。

それでは今回は、様々な体勢のうちワンちゃんが眠る際に体を丸めている時の心理がどのような状態なのかを考えてみます。

犬が体を丸めて眠る心理1:習性の名残りから自然に

穴を掘る犬

ワンちゃんは寝場所を決める際にいくつかの条件を設定します。
それは、落ち着ける場所や安心出来る場所です。

家庭内で暮らしているワンちゃんだと自分のゲージの中や、お気に入りのクッションの上などを寝場所にしますが、ワンちゃんが野生で群れを形成していた頃は狭くて暗い穴を巣にしていました。

そして、その巣穴の中で群れ同士がお互いに背を向き合う形で体を丸めることで周囲の警戒をしながら安心して眠っていました。

その頃の習性の名残りから自然に、眠る際に体を丸めると言われています。

犬が体を丸めて眠る心理2:暖まりたい

暖をとっている犬

犬種によって寒さに強い犬もいれば寒さに弱い犬もいます。その中でも寒さに弱い犬は飼い主さんが想像している以上に寒さと闘っていることがあります。その様子を表したのが体を丸めて眠るという姿です。

室温が適切のときは、体を崩した状態で眠るワンちゃんも夏場のエアコンが効きすぎた部屋や冬の寒いときになると体を丸めて眠るのは、暖を取るためです。

私たち人間も寒いときに眠ると体を縮めることが多々あるかと思います。
これは寒くなると本能的に体の表面積を小さくし体温が寒さで奪われるのを防ごうとするからであると言われています。

犬が体を丸めて眠る心理3:緊張している

緊張している犬

ワンちゃんは寝る際に急所となるお腹を隠すために体を丸めて眠ることがあります。

これは寝る場所や環境に対して警戒していたり、緊張しているという理由があるからです。

対照的にヘソ天といわれる仰向けで眠るワンちゃんもいますが、この姿で眠るワンちゃんは警戒していなかったりリラックスしているからその様子で眠ることができるといわれています。

眠っているときにワンちゃんにちょっかいを出したことがあったり、今までに眠っているときに物音などで驚かしてしまった場合は警戒心から体を丸めて眠ることが多々あると思います。

犬が体を丸めて眠る心理4:体調が悪い

体調か悪い犬

普段は眠るときに体を丸めることがあまりないのに、ある時から体を丸めて眠るようになったらワンちゃんが体調が悪いからそのような姿で眠るということも考えられます。

人間も同じで、例えばお腹が痛かったら大の字のような姿では眠らずにお腹を抱えるように体を丸めて眠ることがあるかと思います。

そのためワンちゃんが体を丸めて眠るようになって起きている時も様子が普段と違っているならば獣医師に診せることにより病気などが発見されるかもしれません。

まとめ

寝ている犬

ワンちゃんは様々な理由から体を丸めて眠ります。

もしかすると丸まって眠ることにより飼い主さんに何かを伝えようとしているのかもしれません。
そのため寒そうにしていたり、緊張しているようならば、飼い主さんの方から環境を変えることによりワンちゃんは心地よく眠れるようになれると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。