犬が亡くなる直前、飼い主を避けようとする心理4つ

犬が亡くなる直前、飼い主を避けようとする心理4つ

この記事では「犬が亡くなる直前、飼い主を避けようとする心理4つ」をテーマに、ワンちゃんが亡くなる直前に飼い主さんを避ける心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

1:放っておいてほしい

どこかを見つめる犬

ワンちゃんは亡くなる直前に飼い主さんを避けようとすることがあります。その時の心理として、まず紹介するのが「放っておいてほしい」です。亡くなる直前というのは体力も無くなってきていますし、色々と考える余裕もありません。

そのためこの辛い状況で構ってもらったとしても、嬉しいという気持ちよりも放っておいてほしいという気持ちの方が大きくなります。しかし、飼い主さんからしてみたら次第に弱っていくワンちゃんを見てしまうと決して放っておけるというわけにはいきません。

そうなってしまうと心配だという気持ちから色々とワンちゃんに対して構ってしまいます。これは仕方のないことだと思いますが、その気持ちに応えることが出来ないワンちゃんは放っておいてほしいという気持ちから飼い主さんのことを避けようとしてしまいます。

2:心配をかけたくない

くつろいでいる老犬

元気だった頃、毎日のように遊んだりたくさんの愛情をかけて育ててきたらワンちゃんは飼い主さんに対して強い信頼感があります。

強い絆があるというのは同様に飼い主さんからの大きな愛情もあり、弱っていく自分の姿を大好きな飼い主さんに見せたくないと思っているかもしれません。

また、元気のない今の自分(犬)を見て悲しんでいる飼い主さんにこれ以上心配をかけたくないと思い、飼い主さんのことを避けようとしている可能性もあります。

3:弱くなったところを見られたくない

眠ろうとしている犬

これはワンちゃんに限った話ではありませんが、動物は敵に弱みを見せることによって襲われてしまうという事態を避けるために、基本的に自分の弱さを相手に見せないようにします。

元気な時は自分の判断で安全な相手か、もしくは危険な相手かを識別することが出来ましたが、元気のない亡くなる直前というのはそのような適切判断も出来ませんし、する余裕もありません。

他にもワンちゃんは本来集団で行動していた動物のため、仲間である飼い主さんに自分の弱った姿を見せたくないというプライドのようなものもあったのではないのかと思います。これは心配をかけたくないという気持ちよりも本来の習性に基づく心理状態によるものだと考えられます。

4:知らない人や動物に襲われたくない

佇んでいる犬

ワンちゃんは警戒心の強い動物です。これは元気のある時や亡くなる直前などの元気のない時でも、知らない人や動物などの「敵」に襲われたくないという気持ちがあるからです。

また、ワンちゃんは元々野生動物として過ごしてきたという歴史があります。現代の人間とともに過ごしているワンちゃんにもその時代の習性が残っていて、例えば、うんちをする際にくるくると回るのも、周囲に敵がいないかどうかを確かめるための習性が残っているからと言われています。

そもそも、ワンちゃんが死ぬ前に隠れるという行動をするのは野生時代の名残りの1つです。死ぬ間際というのは先ほども紹介しましたが、体力はほとんど残っていない状態で、敵が襲ってきても戦ったり逃げたりする気力が残っていません。

そのため、野生のワンちゃんたちは死ぬ間際に仲間から離れることにより、群れを守るという気持ちや、自分自身を守るという気持ちから、自分だけで静かに休める場所を探していたのです。

まとめ

眠っている犬

いかがでしたでしょうか?ワンちゃんが亡くなる直前に飼い主さんのことを避けるのは本来の習性が大きく関係しているのではないのかと考えられます。別れの際は悲しかったり辛いとは思いますが、最後はワンちゃんのしたいようにさせてあげてください。そうすることにより、幸せに天国に行けると思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    私の事を待っていてくれて抱き抱えたまま息を引き取りました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    子供の頃飼っていた犬を思い出しました。当時は庭飼いで、ちょっとしたことで病院に連れて行く時代でもありませんでした。体調が悪くなり、2日ぐらい犬小屋で寝たきりになり、明日こそは病院に連れて行こう…と言っていた矢先、一歩も歩けないはずなのに、脱走し、翌朝起きたら、庭で冷たくなって横たわっていました。私達に余計な心配をかけないように、もしくは死んでいく姿を見せないように出て行き、でも最期は戻ってきてくれたんだ…と思うと、今でも涙が出てきそうになります。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。