犬が見る方向で気持ちがわかる!3つのパターンとその心理

犬が見る方向で気持ちがわかる!3つのパターンとその心理

「目は口程にものを言う」と言いますが、言葉が喋れないわんこの気持ちを読み取るためには、視線も重要な手掛かりになることをご存知ですか?

お気に入り登録

1.じっと見つめてくる

牙を剥いて警戒しているチワワ

警戒・敵意

わんこにジーっと見つめられると、愛犬家の皆さんは何だか嬉しくなって「どうしたの〜?」と近づいてしまいたくなるかもしれません。ですが、ちょっと待ってください。わんこのその熱視線、実は、愛情や興味とは真逆の、警戒心や敵対意識から来ている可能性があるのです。

野生動物にとって、相手をジーっと見つめるのは、相手を狩りのターゲットとしてロックオンしたという意味があります。そのため、知らないわんこにジーっと見つめられているなと感じたときは、むやみに近づいたり声をかけたりせず、スルーするのが得策です。

要求

愛犬が足元に寄ってきて、上目遣いでジーっと見つめてくること、ありませんか?とても可愛らしい仕草ですが、この視線には要求の意味が含まれていることがほとんどです。「おやつが欲しいな」「お散歩に連れて行ってほしいな」「そろそろごはんが食べたいな」「遊んでほしいな」などなど、状況によって様々な要求があるでしょう。でも、可愛い視線にほだされて一度要求に応えてしまうと、要求行動はエスカレートすることがありますから要注意ですよ。

2.ぼーっと目で追ってくる

飼い主の女性と見つめ合うダックスフンド

どうしても気になる

ソファで寝ている愛犬が、何だかぼーっと自分の行動を目で追っているなと感じること、ありませんか?これは、愛犬があなたに強い興味・関心を抱いている証です。「飼い主さんは何をしているのかな?」「次はどこに行くつもりなのかな?」とあなたの動きが気になって仕方がないのです。愛犬からの愛を感じる、嬉しい視線ですね。

愛情表現

上記と同様に、この視線には愛犬からの愛情が強く含まれています。最近の研究では、人間とわんこが見つめ合うことで、幸せホルモンであるオキシトシンが分泌されるということがわかっています。視線を交わすことで、わんこも人間も幸せになれるなんてとても素敵なことですよね。愛犬からの視線に気づいたら、ぜひ、見つめ合って幸せを分かち合ってください。

3.目を逸らす

飼い主の膝に顔をのせてそっぽを向く柴犬

敵意がない

わんこがジーっと見つめてくる強い視線の中には、警戒心や敵意が含まれていると最初にご紹介しました。このジーっと強い視線で見つめてきた後で、わんこがフッと視線を逸らしたら、それは「自分には敵意はありませんよ」と相手にアピールする意味があります。

戦意を喪失した場合もあれば、相手には絶対に敵わないと確信したために敵意のなさを表現しようとしている場合もあります。これはいわゆるカーミングシグナルと呼ばれる行動の一種で、この状態になったら、いったん、緊張状態はとけたと考えて良いでしょう。

ストレスを感じている

カーミングシグナルが発せられるのは、何も、喧嘩のときばかりではありません。カーミングシグナルとは、わんこがストレスを感じたときに相手もしくは自分を落ち着かせるためにとる仕草と言われています。例えば、飼い主さんにイタズラを叱られているとき、しつこくトレーニングをされているときなどにフッと視線を逸らしたら、「もうやめてよ」という意味が含まれています。叱りすぎ、無理なトレーニングの強制を防ぐ目安になるかもしれません。

まとめ

犬の目アップ

いかがでしたでしょうか?わんこの視線一つとっても、いろいろな感情が読み取れることがご理解いただけたのではないでしょうか。愛犬との絆を深めるためにも、視線の意味を考えてみるといいかもしれませんね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。