飼い主さんが危ない!犬が守りたいと思っている時の仕草3つ

飼い主さんが危ない!犬が守りたいと思っている時の仕草3つ

この記事では「飼い主さんが危ない!犬が守りたいと思っている時の仕草3つ」をテーマに、飼い主さんが危機の際にワンちゃんがする仕草についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が守りたいと思っているときの仕草1:吠える

激しく吠えている犬

犬が守りたいと思っているときにする仕草として、まず挙げられるのが吠えるということです。お馴染みの仕草かもしれませんが、例えば家にワンちゃんにとって知らない人が来たときや、インターホンが鳴った際に吠えるワンちゃんは結構いるかと思います。

この仕草は知らない人の来訪や突然のインターホンの音に驚いてしまい、その反動であったり、恐怖心から由来したりしていることもありますが、自分の家や家族を守るためにも吠えています。

このように吠えることを人間側からすると無駄吠えと表現されていますが、ワンちゃんが臆病な性格であったり、家族や家を守りたいという一心で吠えていたりすることもあるため、犬の立場からすると何とも言えない表し方なのかもしれません。

しかし、ワンちゃんが吠えた際の声があまりにも大きい場合、今の時代ですと騒音トラブルなど様々な問題に発展している事例も多いため、飼い主さんから見て問題があると感じるなら止めさせるようワンちゃんにしつけをした方が良いと思います。

犬が守りたいと思っているときの仕草2:側を離れない

子供の側に伏せて寄り添う犬

次に犬が守りたいと思っているときの仕草として挙げるのが、側を離れないということです。これは主にワンちゃんが信頼している飼い主さんがすぐ近くにいる際に、その人が危険な状況にいると判断した場合や周囲を警戒しているときに、飼い主さんの側から離れずにずっと近くにいるという状態です。

おそらくこのときのワンちゃんの気持ちとして、飼い主さんを守るために何かあった際にすぐ行動できるよう、近くにずっといて側を離れないのだと思います。

しかし、ワンちゃんの性格にもよりますが、仮に愛犬が臆病な性格や、警戒心の強い場合は1匹でいるのが怖くて飼い主さんを頼るために離れずにずっと側にいる場合もあります。

犬が守りたいと思っているときの仕草3:足元で寝る

こちらを見つめながら伏せている柴犬

ワンちゃんが飼い主さんの足元で寝る場合も、飼い主さんのことを守りたいと思っているときの仕草の1つです。

そもそもワンちゃんの祖先はオオカミです。オオカミは自分の安全のために群れの仲間同士で身体を寄せ合い、寝ていたと言われています。また、身体を寄せ合う際もリーダーの足元で寝る習慣があったようです。

このような祖先であるオオカミの習性は現代の犬にも引き継がれていると考えられていて、その名残から飼い主さんを守るために足元で寝るのではないかともいわれています。

ただ、ワンちゃんの性格や環境によってはただ単に飼い主さんの近くで寝られることによって安心感を得られることから、それを理由に寝ている場合もあるそうです。

まとめ

こちらを見つめているジャックラッセルテリア

このような行為をして飼い主さんのことを守ろうとしているワンちゃんはとても頼りになりますし、そもそも一定以上の信頼関係がないと成立しないことでもあると思います。

また、何かの際にワンちゃんが困っていたり、怖がっていたりする様子をしていたら安心感を与えてあげてください。このようなことが何度も積み重なることによって、より一層信頼関係が強くなっていくと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。