犬が早朝に飼い主を叩き起こしてくる心理5つ

犬が早朝に飼い主を叩き起こしてくる心理5つ

もう少し眠りたい……なのに愛犬がいつも朝早くに起こしてくる。といったことはありませんか?犬はなぜ朝になると元気よく飼い主を起こそうとすることがあるのでしょうか?犬の心理について迫っていきます。

お気に入り登録

1.飼い主が起きる時間だと思って起こしている

起こそうとする犬と眠そうに目覚まし時計を持つ男性

毎朝キチンと同じ時間に起きるといった規則正しい生活を送っていると、愛犬は飼い主が起きる時間帯になったとき「そろそろ起きる時間だなぁ」と感じて飼い主を起こすことが割とよくあります。おそらく心当たりのある飼い主はたくさんいるのではないでしょうか?

目覚まし時計ならぬ、とても優秀な目覚まし犬といえそうですね。ちなみにお仕事が休みの日など早起きしなくても大丈夫な日でも、犬は「飼い主が起きる時間だ!」と思って起こそうとすることがあるので、「今日はもう少し寝させてくれ~」と愛犬にお願いする人は少なからずいることでしょう。

また、犬は起きる時間以外にも散歩に行く時間やご飯をもらえる時間といった『お気に入りの時間』をしっかり覚えているので、少しでも時間が遅れると「まだ散歩に行かないの?」「ご飯まだもらってないよ?」とおねだりすることがあるみたいですね。

2.ご飯や水が欲しいと思っている

ステンレスの器で水を飲む犬

ご飯やお水を欲しいと思って、早朝に飼い主を叩き起こす犬もたくさんいるそうです。犬は夜中に何度か起きて水分補給をすることがよくあるので、夜寝る前に飲み水を補給しておかないと朝には飲み水がなくなっていることが結構あったりするのです。

また、犬に夜ご飯をあげるときはおそらく夜の6時から9時頃の間に与えることが多いと思いますが、そうなると次にご飯をあげるのが約10時間~12時間後の朝になってしまいますよね。(朝夜の一日2回ご飯をあげる場合)ですので、朝になる頃には犬が空腹になっていることがしばしばあるのです。

その結果、犬が朝早くに「お腹が空いたよ~」「水が欲しい~」といった意味を込めて飼い主を起こすことがあります。

もし、これらの理由で愛犬が朝あなたを叩き起こすことがあるのでしたら、飲み水は寝る前にたっぷり用意してあげる。寝る前に少しご飯をあげるようにする(1日に与える量は変えず与える回数のみを増やす。例えば朝、夕方、寝る前の3回に分けて与える)といった対策をとると、早朝に起こされにくくなるのでおススメですよ。

3.退屈なので飼い主を起こす

ソファーで退屈そうな犬

特に飼い主を起こす理由はないけれど……退屈だから起こす!そんな犬もなかにはいるそうです。例えばあなたは子供の頃、日曜日や祝日になると親が朝遅くまで眠っている姿を見て退屈に感じ、「起きて~!」と起こしたことがある。そんな経験はありませんか?

もし心あたりがあるのでしたら、まさに犬がその頃のあなたの気持ちと同じ状態といえます。退屈に感じ、特にすることもないのでとりあえず飼い主を起こして何かしてもらおう!そう思って起こしているのでしょう。

4.トイレを綺麗にしてほしいと思っている

眠っている男性のそばにいるジャックラッセルテリア

犬はとても綺麗好きなのでトイレが汚れていると、「トイレが汚いからオシッコできないよ~」と眠っている飼い主を起こすことがあります。トイレの回数が多い犬だと飼い主が眠っている間にオシッコを2回、ウンチを1回ほどすることがあるそうです。オシッコ1回分くらいだと、まだペットシーツに余裕があると思いますので、飼い主を起こすまでには至らないことが多いです。

しかし、オシッコを2回行ったら大体の場合ペットシーツの半分くらいはオシッコで汚れてしまうので、次に犬がオシッコをしようとしたときに「足にオシッコがついちゃう……」「オシッコをする場所がない……」と感じやすくなるそうです。その結果、眠っている飼い主を起こしてしまうことがあるみたいですよ。

5.構ってほしいと思っている

寂しそうに床に伏せているコーギー

飼い主が眠っているときは、愛犬が甘えてきても当然のように何も反応することができませんよね。そんな反応を示さない飼い主の姿を見て、愛犬は寂しさを感じることがあるそうです。

おそらく犬は飼い主が眠っているということをちゃんと理解しているのでしょうが、寂しさを強く感じているときは飼い主の眠りの邪魔をしてはいけないという気持ちよりも、構ってほしい。可愛がってほしい。といった気持ちが勝ってしまうのでしょう……思い切り叩き起こすことがあるそうです。

ちなみに飼い主を起こすときは、手や足を優しく舐めて起こす。吠えて起こす。飼い主の体の上にのしかかって起こす。飼い主の体を両方の前足で一生懸命掘る。といった様々な手段で起こそうとします。何とも大好きな飼い主に構ってほしい愛犬の本気度を伺うことができるといえますね。

まとめ

ベッドで寝ている飼い主の手に置かれた犬の前足

今回は、犬が早朝に飼い主を叩き起こす心理を5つご紹介しました。果たして愛犬はどのような気持ちで朝早くにあなたを起こしているのでしょうか。

はじめは愛犬が起こしてくる理由が分からなくて困ってしまうこともあるかと思いますが、愛犬が起こしてきた後の行動を観察したり愛犬の周りをよく調べてみたりすると、愛犬があなたを起こした理由がきっと分かることでしょう。少しずつ愛犬の気持ちを理解できるようになると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。