犬が体を痛めている時に見せる仕草5つ

犬が体を痛めている時に見せる仕草5つ

愛犬の何気ない行動に、「おや?」と違和感を感じることはありませんか?もしかすると、愛犬は体を痛めているのかもしれません。今回は犬が体を痛めている時に見せる仕草をご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が体を痛めているときに見せる仕草

獣医師に足を触られている犬

毎日見ている愛犬の行動や仕草…ある日、「何だかいつもと違う?」と違和感を抱いたら、それは愛犬からのサインかもしれません。ここでは犬が体を痛めているときに見せる仕草を5つご紹介します。

特に小型犬など体が弱い傾向にある犬種は、ソファーから飛び降りたときの衝撃だけでも体を痛めることがあります。注意深く観察し、下記の仕草に当てはまったら、かかりつけの獣医さんに相談しましょう。

1.足を引きずる

後ろ足を伸ばした柴犬の後ろ姿

わかりやすい症状として、足を引きずるような歩き方を見せることがあります。これは見たとおり、足に何らかの違和感を抱いていたり、痛みで動かすことができない状況であったりすることが考えられます。

飼い主から見て「思い当たる節がない」と思っても、先ほどお話ししたとおり、ちょっとした衝撃で足を痛めてしまうことは珍しくありません。特に子犬や老犬、小型犬は足を痛めやすい傾向にあります。

足を引きずっている場合は、捻挫やヒビ、脱臼などが考えられます。歩き方がおかしいと感じたら、早めに病院で治療してもらいましょう。

2.体を触ると「キャン!」と鳴く

いつも通りスキンシップを取ろうと体を触った途端、愛犬が甲高い声で「キャン!」と鳴き声をあげる…このような症状が起きていませんか?
これは体のどこかに違和感や痛みを感じているため、大好きな飼い主からのスキンシップであっても不安や痛みによって触れ合いを拒否しているのです。

よく様子を観察してみると、不安そうにこちらを上目遣いで見上げてきたり、ぶるぶると体を震わせていたり、思い返してみると「今日はあまり動いていないな」と気付くことがあると思います。

この場合は、やはり体に何らかの異常が生じており、痛みを感じているサインであることが多いです。怪我だけでなく、病気も疑われるので、早急に病院へ連れて行きましょう。

3.体がぶるぶると震えている

ソファーの上で飼い主に寄り添う犬

1つ前にも登場しましたが、体がぶるぶると震える症状は、犬自身が何らかの違和感を抱いているため、それに対する恐怖心や不安から発症していることが多いです。

中には寒さから体を震わせている犬もいますが、恐怖や不安から来る震えと寒さによる震えは明らかに異なります。震えの大きさや頻度、時間が異なるのです。

愛犬にとっての不安要素を考え、それらを排除してもなお、体の震えが収まらないようであれば、様子を見たり、あるいは一度かかりつけの動物病院に相談してみたりすることをおすすめします。

4.散歩に行きたがらない

いつもならば「散歩に行く?」と声をかけると、嬉しそうにはしゃぎ回る愛犬が、今日に限ってなぜか反応してくれない…。このような状況になると、飼い主としては「どこかおかしいのでは?」と疑いますよね。

散歩に行きたがらないときは、体調が悪いために動きたくないという心理や、足腰が痛むためになるべく歩きたくないという心理が働いていることが多いです。つまり、体に何らかの異常が生じているのです。

中には「雨の音が聞こえるから生きたくない」「工事の音が怖い」などの理由を持つ犬もいますが、これらに当てはまらないようであれば、体を痛めている可能性を考えましょう。

5.段差を上り下りできない

ソファーの上からこちらを見つめるチワワ

いつもは何事もなくソファーやベッド、中には階段を上り下りしている犬もいるでしょう。しかし、今日はなぜか自分でソファーやベッドから下りようとしない、あるいは上ろうともしない…ということはありませんか?

いつもの定位置に行きたそうにはしているけれど、自分で上れないのか、ジッと見つめるだけ…明らかにおかしいですよね。

やはりこの場合も、足腰に痛みが生じている可能性が高いです。椎間板ヘルニアは犬がかかりやすい病気と言われているので、このような仕草が見られたら診察してもらいましょう。

まとめ

病院で聴診器を当てられている犬

いかがでしたでしょうか。ここではほんの一例をご紹介しましたが、他にも飼い主から見て「おかしい」と違和感を抱くような仕草が見られたら、すぐにかかりつけの動物病院で診察してもらいましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。