犬がしている『好きじゃないサイン』5選

犬がしている『好きじゃないサイン』5選

犬は自分の気持ちをしっかり持っているので好き嫌いがはっきりしています。犬は苦手なものと出会った時、どのような仕草や行動で自分の想いを周りの人に伝えるのでしょうか。気になるサインをご紹介します。

お気に入り登録

1.顔を背ける

目を逸らすヨークシャテリア

犬は「それは嫌だ~」と感じると、顔や目を背けて自分の拒否する気持ちを相手に伝えることがよくあります。よくあるシチュエーションだと犬に苦手な薬を与えるとき、顔を背けて「食べたくない」と拒否したり、興味のない食べ物やオモチャを見せたときに「それは好きじゃない~」と顔や目を背けて興味がないことを伝えたりします。

ちなみに私の愛犬はキスをされるのが嫌なようで、私が愛犬にキスをしようと顔を近づけるといつも勢いよく顔を背けて全力で拒否します。人間が興味を持たないときや嫌がるときに見せる行動と同じことを犬もするって、何だか面白いですね。

2.あくびをする

あくびをしているトイプードル

苦手なものと関わり続けていると犬はストレスに感じることがあり、そういったときは「好きじゃないから早くどうにかならないかなぁ」といった具合にあくびをすることが多かったりします。犬のあくびには様々な意味が込められているのですが、不安や緊張、苦手なことをしているときにあくびをする場合は、自分のネガティブな気持ちを落ち着かせるためにあくびをしているそうですよ。

例えば、苦手な人や犬と出会ったときや病院やトリミングのお店に行っているときに愛犬があくびをよくするのでしたら、ストレスを感じている可能性があるといえるでしょう。

3.離れる・隠れる

カーテンの陰に隠れて顔を覗かせる犬

犬は興味のない人や好きじゃない人が家にくると、その場から離れたり物陰に隠れたりすることがあります。また、愛犬と仲が良くても「うわっ、今からもしかして僕の嫌いなことが始まるかも……」と愛犬が感じると、その場からしれ~っと離れることがあったりします。

例えば、爪切りや歯磨きをしよう思って準備していると、いつも愛犬が逃げるようにどこかに行くことってありませんか?もし心当たりがあるのでしたら、愛犬が好きじゃないことから避難しているといえるかもしれませんね。

4.気にするように観察する

少し離れてじっと見つめるダックスフンド

好き嫌いがハッキリとしている犬は、苦手な人や犬と出会うと相手を頻繁に観察することが多かったりします。こういった行動は相手が自分に対して何かしてこないか、本能的に様子を見ていて一種の自己防衛をしているといえます。

ちなみに飼い主が爪切りや耳掃除、歯磨きをする準備をしているときにも、愛犬がじーっと観察していることがよくあります。「もしかして、今から僕の嫌いなことをしようとしているのかな?」と思いながら、愛犬はあなたの様子を確認しているのでしょうね。

5.吠えて訴える

吠えて訴えるヨークシャテリア

犬が嫌な素振りを見せているのにもかかわらず、その気持ちを無視して犬に嫌なことをしようする。または苦手なことをさせようとすると、「それは好きじゃないから止めて!」という気持ちを積極的に伝える犬も少なからずいます。

そういった場合は、吠えて相手に訴えたり歯をむき出しにして唸ったりすることがよくあり、忠告をしているのにもかかわらず相手が近づいてくる場合は最終手段として噛むことも少なからずあります。

犬が唸ったり噛んだりするということは、それほど犬にとって嫌なことをしている。苦手なことをさせている可能性が非常に高いといえます。もし愛犬が全力で拒否してきたときは、あなたの行おうとしている行動が愛犬に我慢させてまで行う価値があるのかどうか、一度考えた方がいいといえるかもしれませんね。

まとめ

布団に隠れるダックスフンド

犬は自分で物事を考えられるので、時々好きじゃないことに出会うと「これは苦手だぁ」といわんばかりに様々な表現方法で私たちにサインをくれます。もし、今回ご紹介したサインを愛犬がよく行うのでしたら、ストレスやネガティブな気持ちになっている可能性がありますので、できる限り問題を解決してあげる必要があるといえるでしょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    俺の愛犬も歯磨きするときこっち見るしやろうとすると逃げる、呼び戻しやろうとすると伏せる。爪きりするときもこっち見る。やって欲しくないなら言葉で言えと言いたくなる。めんどくさいしやる必要ないなら互いにストレスなく暮らせるがやらなきゃ大変になる。この事を家の愛犬にもわかってもらいたいですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。