犬が飼い主からの愛に飢えているときの仕草や行動5つ

犬が飼い主からの愛に飢えているときの仕草や行動5つ

現在、共働きのご家庭も増えている上、ひとり暮らしの人が犬を飼っている光景も珍しくありません。そのため、犬がお留守番をしている時間がどうしても長くなっています。なかなか構ってあげられていないかも、という方は、ぜひ今回ご紹介する『犬が飼い主からの愛に飢えているときの仕草や行動』を参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が飼い主からの愛に飢えているときの仕草や行動

ソファーの上の犬

今回は犬が飼い主からの愛に飢えているときの仕草や行動をご紹介します。愛情欲求の強さは犬によっても差があるので、飼い主がかまっていると思っていても、愛犬にとっては足りていないこともあります。

1.前足を執拗に舐める

前足を舐める犬

犬が飼い主からの愛に飢えているときに見せる仕草として、前足を執拗に舐める行動が挙げられます。これは寂しさを紛らわすために行っています。

寂しい、かまってほしいと強く思っていても、飼い主がなかなかかまってくれない…もっとかまってほしい…そんなストレスを、前足を舐め続けることで気を紛らわしているのです。

しかし、前足をはじめ、同じ部位をずっと舐めていると皮膚炎を引き起こしてしまいます。一種の自傷行為とも言われているので、コミュニケーションをしっかり取るよう心がけましょう。

2.破壊行為

クッションを噛み千切った犬

ストレスがたまり過ぎると、そのストレスを発散するための行動を引き起こすようになります。その1つに破壊行為があります。

ある日突然、今までいい子にしていた愛犬がドアを噛みちぎるように壊したり、あるいはクッションをボロボロにするようになったということはありませんか?

何かを破壊することで運動にもなり、ストレスが発散されてスッキリするのです。しかし、破壊行為はいけないこと。しっかりやめるよう注意し、スキンシップを増やしましょう。

3.常に後を付いてくる

飼い主が家にいる時は、常に後を付いてまわるという行動も飼い主からの愛に飢えているサインです。飼い主の後を常に付いて歩くことで、飼い主の手が空いた時に構ってもらえると思っているのです。

また、常に後を付いてくる行動には、飼い主が自分の前からいなくなってしまうことに危機感を感じ、監視してるという意味もあります。

あまりにも後をついて回るようであれば、分離不安を患っている可能性もあるので、分離不安症を緩和させる正しい接し方を勉強しましょう。

4.無駄吠えが多くなった

吠える犬

飼い主に構ってもらえないストレスを発散するため、その不満を乗せて吠えるという行動が頻発するのも特徴の1つです。

意味もなく突然遠吠えをするように吠えたり、飼い主に向かって「ワンワン!」と吠えてみたり…。「無駄吠えばかりして!」と叱りたくなるとは思いますが、今まで良い子だった愛犬がなぜ突然吠えるようになったのかを考えてみましょう。

最近、以前よりも構ってあげてないなと思い当たるようであれば、飼い主からの愛に飢えている可能性があります。吠えた時は構わず、吠えるのを止めたら構ってあげるようにしましょう。

5.トイレをわざと失敗する

今までは完璧にできていたトイレ。ある日突然、トイレではない場所に粗相をしてしまうようになったら、それは「構ってほしいのに構ってもらえない」事に対して不満を抱いているサインかもしれません。

犬は賢いので、トイレではない場所におしっこやうんちをすることで、飼い主がわざわざ自分の元へ来て構ってくれると考えているのです。

そのため、そこで構ってしまうとその癖が続いてしまうので、おしっこやうんちは黙々と片付けるのが正解です。しばらく放っておき、15分くらいしてからコミュニケーションをとるようにするべきでしょう。

まとめ

撫でられるドーベルマン

いかがでしたでしょうか。今まで良い子だった愛犬に問題行動が多くなった場合、飼い主からの愛に飢えているサインである可能性があります。ぜひ日頃から、愛犬とのコミュニケーション時間を設け、スキンシップを取りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。