犬が穏やかな気持ちのときにする仕草4つ

犬が穏やかな気持ちのときにする仕草4つ

穏やかな気持ちのときに犬はどんな仕草をするか知っていますか?犬の様々な仕草を知ることで犬の気持ちを知ることができます。あなたの愛犬はどんな仕草をしていますか?

お気に入り登録

穏やかな気持ちのときにする4つの仕草

お腹を見せて寝転がる柴犬

1.あごを乗せる

座ったり寝転んだりしている飼い主さんの体に、そっとあごを乗せることがあります。これはリラックスしていて、甘えたいときの仕草です。

飼い主さんに体を預けているのは絶対的な信頼の表れになります。また、くっつくことで安心感を得られるという面もあります。あごを乗せられたら体を撫でてあげたり、声をかけてあげたりすると犬は喜びます。

ただ、いつも反応すると「あごを乗せれば構ってもらえる」と覚えてしまうので、構いすぎないようにしてください。

2.お腹を見せる

犬が飼い主さんの前でひっくり返ってお腹を見せるのは、服従のポーズとしてよく知られていますが、穏やかでリラックスしているときの仕草でもあります。

お腹は動物にとって急所で敵の前では絶対に見せない部分です。急所を見せるということは信頼している証なのです。また、甘えたいという気持ちの表れでもあります。お腹を撫でてあげるとさらにリラックスして、あまりの心地よさに寝てしまう犬もいます。

3.前足を乗せる

飼い主さんの腕や足に前足を乗せる仕草をする犬がいます。この仕草は構ってほしいときのものですが、相手が自分に害を与えないことをわかった上でやっている行動でもあります。信頼していない相手にはしないので、犬から信頼されていると思ってもいいかもしれません。
しかし、少しワガママな要求も混じっていることがあるので、甘える気持ちとワガママな要求を区別して接する必要があります。

4.頭をくっつける

頭を腕や背中などにくっつけてくるのは、甘えたい気持ちと穏やかな気持ちが混ざっている状態です。犬は信頼している人や動物にくっつくことで安心する傾向があるので、頭やお尻などをくっつけてきます。

落ち着きたいときにする行動

地面の上でふせをする柴犬

犬はカーミングシグナルと呼ばれる行動をとることがあります。カーミングシグナルは自分が少し興奮しすぎて落ち着きたいときや、相手に少し落ち着いてほしいときにそれを伝えるような行動のことです。

カーミングシグナルは生まれつきのものもあれば、他の犬や人との関わりの中で覚えるものもあります。社会化ができていない犬の場合はうまくカーミングシグナルが出せなかったり、対応できなかったりして、コミュニケーションに失敗してしまうことがよくあります。

犬に上手なカーミングシグナルの使い方を覚えてもらうためにも、他の犬や人間と接して経験を積むことが大切です。そして、人間も犬のカーミングシグナルを覚えることで犬が今どういう状態で、どうしたいのかを理解することができます。

例えば、犬を叱っているときに特に指示したわけでもないのにおすわりや伏せをした場合、相手に落ち着いてほしいという気持ちの表れになります。そんなときには飼い主さん自身が少し興奮しすぎているかもしれません。犬のカーミングシグナルを知ることは、コミュニケーションをうまくとるコツを掴むことでもあるのです。

まとめ

微笑む飼い主と見つめ合う犬

犬が穏やかな気持ちのときにする仕草をしっていると、いつ犬がリラックスしていて誰を信頼しているのかがわかるようになります。ただ甘えているだけだと思っていた仕草も、実は穏やかな気持ちの表れだったかもしれなません。

そして更に犬が使うカーミングシグナルと呼ばれる仕草を理解すると、犬とのコミュニケーションもとりやすくなります。どんなときにどんなことを思っているのか、どうして欲しいのか、それがわかるだけでも大分変わりますよね。犬にとっても自分の気持ちやしてほしいことが飼い主さんに伝わった方が過ごしやすいかと思います。

お互いに気持ちがわかると絆も深まりそうですよね。愛犬の行動や仕草などを一度チェックしてみると面白いかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。