寒さに注意!秋冬に子犬を迎える時の豆知識

寒さに注意!秋冬に子犬を迎える時の豆知識

暑い夏が終わり日に日に寒さが増してくる秋。気持ち的にも一段落し ペットショップには秋生まれの子犬達。また里親募集もよく見る時期ですね。だんだんと冷えてくるこの時期に子犬を迎える貴方への役立つ豆知識をまとめてみました。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

細身の犬、小型の犬は寒さが苦手

毛布にくるまるミニチュアピンシャー

この時期に迎えるとなると、寒さを考えて室内犬かな?と考えがちです。しかし小型犬やピンシャーのような、細身のいわゆる猟犬スタイルの犬は寒さに弱い傾向があります。まずは被毛の違いをご紹介します。

シングルコートとダブルコート

シングルコートとは

猟犬として品種改良された犬は、走っていて熱がこもらないようにシングルコート、毛の層が一層になっているのがほとんどです。

モコモコに見えるプードルも、元は猟犬なのでシングルコートです。他にも、チワワ等室内犬として代表的な小型犬のほとんどは、シングルコートです。

ダブルコートとは

ダブルコートは、反対に毛が二層になっており、通常の毛の内側に熱を逃がさないよう細く密集した毛が生えています。これは、柴犬や寒い地方に住む犬種が主です。

ダブルコートは寒いに強い半面、毛の抜け方が凄まじいのでダブルコートの犬を選ぶ際は、ケアの手間の点も考えましょう。

どんな子犬も寒さには気を付ける!

布団をかぶって眠る仔犬

シングルコートだから過保護に、ダブルコートだから寒さなんて気にしないでいい、というのは間違っています。子犬はどんな種類でも、大人に比べて寒さにはとても弱いものです。体が小さい分、容易に冷えきってしまうので注意が必要です。

犬は人間よりも生活空間が低い所にあり、暖かい空気は高いところに上るので、犬のいる場所は人が感じるより1℃以上寒いと考えるべきです。

また、寒いのではないかと暖房をつけて暖め過ぎると、今度は脱水症状を起こすため、適度な注意が必要です。そのための対策をご紹介します。

水分と暖かい寝床を作ろう

外飼いにする場合でも、冷える時期の寝床は玄関内に作ってあげた方がよいでしょう。シンプルに段ボールに毛布を入れて、自分で潜り込める物がベストです。段ボールには保温効果があり、毛布は寒ければ自分で潜り込めるので程よく暖まることができます。

段ボールは横向きが良い

これは子犬が入るときに簡単に入れるよう、バリアフリーにすることと、閉じ込められるのではという抵抗感をなくすのに有効です。また冷えが酷いときは、箱の上からそのまま毛布をかぶせてあげれば、出入口はそのまま暖かく眠らせてあげられるでしょう。

水は寝床のすぐ横に

水は作った寝床のすぐ近くに起きましょう。キンキンに冷えていると飲まないこともあるので、たまに手を入れて温度を見て、ほんの少しお湯を入れるなど調節してあげてください。犬は人と違い、熱い物を飲むことができないので、熱くても人肌くらいまでにしておきましょう。

ご飯にも気を付けて

ご飯を食べるダックスフンドの仔犬

ご飯は消化のよい物を

フードは子犬用があればそれに越したことはありません。しかし、子犬によっては寒さで消化能力が弱まり、十分に栄養が摂れない子もいます。

そうなると寒さにどんどん体力を奪われるので、その犬に合ったフードを選んであげましょう。ドライフードなら、ぬるま湯でふやかすのも消化の手助けになります。

消化のバロメーターは「うんち」

消化できているかどうかはトイレを見れば分かります。下痢をしていることや、フードがそのまま出ているなら、上手に消化できていないことと考えていいでしょう。

また下痢は冷えによることも考えられますが、どちらにしても子犬の体力が奪われて危険です。フードを工夫しても治らないなら、早期に獣医師の診察を受けさせましょう。

散歩のときは服を着せよう

洋服を着た4匹のチワワ

最近はおしゃれな犬服がとても多いですね。しかしこれは本来、おしゃれのための物ではありません。

犬に服を着せる目的

犬の服は本来、主にシングルコートの犬や室内犬が散歩をする際に、寒さや毛の汚れから身を守るために着るものです。種類に関係なく子犬には着せると安心です。

犬の服の選び方

おしゃれ目的の物は、背中のデザインのみ凝っている物がほとんどです。寒さ対策にはアスファルトから発せられる冷たい空気に晒されないよう、お腹を覆える物がベストです。

またサイズがない場合には、犬の動きやすいように人の服をアレンジして着せるのも良いでしょう。手先の器用な飼い主さんなら、愛犬のために小さなTシャツ等でハンドメイドも楽しいことでしょう。

まとめ

ブランケットから鼻だけ出す犬

子犬を寒さから守るのは飼い主さんの少しの気遣いとアイディアです。夜ごとに寒くなる時期、可愛い子犬も快適に元気に暮らしたい。そんな飼い主さんの手助けになったら幸いです。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。