犬がモノを噛んで離さない時の『NG行為』3選

犬がモノを噛んで離さない時の『NG行為』3選

ふと気づくと愛犬が噛んではいけないものを噛んで離してくれなくなることはありませんか?犬がモノを噛んで離さない時の『NG行為』をご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬はどうしてモノを噛むの?

ズボンの裾を噛む犬

犬は色々なモノを口にしますよね。大好きなオモチャはもちろん、お散歩中は葉っぱやお花、落ちているゴミまでパクっと口にしてしまいます。犬がモノを噛むこと、また口にモノを咥えるこは、決して悪いことではなくごく自然な行為なのです。

犬の「口」は人間の「手」

犬にとってくの「口」は、私たち人間にとっての「手」と感覚的に似ていることろがあります。私たちは気になるモノがあると、手に取り感触を確かめたり、見やすい場所まで持ってきて隅々まで見て確認しますよね。犬が「モノを口にして噛む」という行為は、その感覚と同じなのです。

犬がモノを噛んで離さなくなる理由

犬がモノを噛んで離さなくなる理由はいくつかあります。愛犬にとって興味の対象となるモノは、まずニオイをクンクン嗅いで、好きなニオイであればパクっと噛んでしまうことが多いと思います。それがお気に入りのモノになってしまえば、自分以外の誰かに取られたくないと思うのは自然な感情。大切なモノを奪われまいという執着行動と言えるでしょう。

また飼い主さんの洋服の裾などを噛んで離さなくなるのは、飼い主さんに構ってもらいたいという心理、また洋服は遊ぶモノとして認識していることが考えられます。

犬がモノを噛んで離さない時の『NG行為』3選

ラグを噛む犬

愛犬が噛んで離してくれないモノが、安全性の高い愛犬自身のオモチャであれば、それほど問題はありませんが、飼い主さんの大切なモノや、愛犬にとって危険なモノであれば大至急離してもらわなければいけません。飼い主さんの気持ちも焦るかもしれませんが、犬がモノを噛んで離さない時に、してはいけない『NG行為』もいくつかあるので注意しましょう。

1.無理に取り上げようとする

犬が噛んで離さないモノは愛犬自身にとって「大好きなモノ」や「宝物」と感じていることが多くあります。無理に取り上げようとしてしまうと、例えそれが愛犬にとって危険なモノであったとしても、飼い主さんに対して「宝物を奪い取りにきた人」という印象を持ってしまう可能性があります。

どんなに危険なモノを口にしていたとしても、愛犬にとっては「宝物」。何度か「宝物」を奪われるうちに、不信感が募り信頼関係が崩れる原因にもなりかねません。

犬は個体ごとに性格に差がありますが、無理やり取り上げらることに強く反発する子もいると思います。取り上げよとすればするほど、強く噛んでしまう子。また「取られるくらいなら…」と飲み込んでしまう子。そして興奮から飼い主さんを噛んでしまう子もいるのです。互いにとって良いことのない対処法なので無理やり取り上げるのは止めましょう。

2.叩いて取り上げようとする

愛犬に対しての暴力は問答無用で絶対にしてはいけない行為です。愛犬が噛んで離さないモノが、飼い主さんいとってどんなに大切なモノでも、どんなに高価なモノであったとしても、叩いて取り上げるのは止めましょう。

愛犬を叩いてしまうと肉体的に苦痛を与えるだけでなく、精神的にも強いストレスを感じてしまうもの。叩いた飼い主さんはもちろん、人間に対して不信感や警戒心が強くなる傾向があります。

飼い主さんとも信頼関係が築けなくなりますし、愛犬自身の性格も、委縮して無気力な子に育ってしまう可能性も。大切な愛犬の明るく楽しい未来を奪わないよう「叩く」などの暴力はどんな場面でも絶対に止めましょう。

3.「遊んでくれた!」と勘違いさせる行動

飼い主さんに構ってもらいたくて気を引くために、モノを噛んでしまう子も少なくないはず。洋服の裾や室内に置いているスリッパなど、愛犬にとって危険性の低いモノだと、つい優しく叱ってしまうことはありませんか?

例えば飼い主さんの洋服の裾を噛んで離さなくなった場合、飼い主さんが服を引っ張って愛犬から離そうとすると「引っ張りっこ遊び」が始まってしまいます。またスリッパなどは取り返すために愛犬を追うと、「鬼ごっこ遊び」が開始。いずれにしても愛犬は「遊んでくれた!」と勘違いしてしまうのです。

洋服の裾も室内に置いている安全なモノでも、噛み癖がついてしまうのは良いことではありません。愛犬が「噛むこと=楽しいこと」と学習してしまわないよう、服を噛まれても無視をする、また安全なモノであっても、愛犬が簡単に届くような場所には置かないようにしましょう。

まとめ

オモチャで遊ぶボストンテリア

基本的には噛まれたくないものは、愛犬が届く場所には置かないよう徹底的に室内を片付けておくのが一番。しかしほんの一瞬、目を離したすきの出来事で、防ぎきれないこともありますよね。万が一に備えて「離せ」のしつけを強化しておくと安心です。

「離せ」は飼い主さんのコマンドで、口にしているモノを離す行動。根気のいるしつけではありますが、愛犬の安全と健康、また飼い主さんの大切なモノを守るためにも、しっかり訓練していきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。