犬のしつけは英語が効果的?!これであなたのしつけも上手くいく!

犬のしつけは英語が効果的?!これであなたのしつけも上手くいく!

オスワリ!おいで!イケナイ!など、わんちゃんにしつける際に使われるコマンド。日本語よりも英語にした方が効果的ってご存知ですか?日本語で教えてしまったけれど、イマイチ反応が・・という方も、英語で教えなおしてみるのもいいかもしれませんよ。

お気に入り登録

わんちゃんのしつけをする時、いろいろな指示の言葉、コマンド(声符)を使いますよね。

代表的なものは、オスワリ!お手!イケナイ!おいで!などでしょうか?

このように日本語で教える方がほとんどだと思いますが、コマンドを英語にした方が効果的であることを、ご存知ですか?

オスワリをしているスタンダードプードル

犬のしつけのコマンドを英語にするメリット

日本語より英語の方が短い

わんちゃんは、言葉を理解しますが、言葉というよりも音を聞いていますので、短い言葉の方がわかりやすく、覚えやすいことになります。

ということで、コマンドは短かい方が効果的です。

日本語はすべての音に母音がつきますので、一つの言葉がすべて英語より長くなります。

例えば
【オスワリ】は音にすると【osuwari】ですが、
英語の【シット】にすれば、【sit】と3音にぐっと減ります。

このように、英語のコマンドの方が短くなる場合が多いため、わんちゃんにわかりやすくなる訳です。

コマンドを統一できる

わんちゃんはもちろん、言葉を話しません。

コマンドとして、いくつかの単語や簡単なフレーズは覚えることができるようにはなりますが、人間のようにはいきません。

日本語の場合、一つの言葉でもいろいろとバリエーションがありますよね。

【オスワリ】をコマンドとして教えたのに、ついつい、
【スワレ】【スワッテ】など言ってしまうことがありませんか?

また、家族の中で統一しづらく、パパは【スワレ】だけどママは【オスワリ】なんてこともよくおきるケースです。

英語の場合、例えば【オスワリ】を【シット】とした場合、よほどの事がない限り、他の言い方をしませんよね?

ご家族がいる場合にも統一しやすくなると思います。

犬が混乱しにくい

わんちゃん達は、とっても観察上手です。

飼い主さんの行動をよーーーーっく見ています。

そして、もちろん、飼い主さんたちの発する言葉を、自分に向けられたものではなくてもいつもよーーーっく聞いています。

私たちが使う言葉は、普段、日本語ですよね。

なので、普段、耳に入ってくる言葉がコマンドとして使われると、わんちゃん達にとって新鮮味がなく、理解しづらいのです。

例えば、【オスワリ】

これはもちろん、座ってほしいことを伝えるコマンドです。

わんちゃんに、【オスワリ】と言ったら、その場で座ってほしい訳ですが、この【オスワリ】、日常生活でよく使っていませんか?

小さいお子さんがいるご家庭では
「はい、ここに【オスワリ】して~!いい子ね~」
なんて言葉も飛び交いますよね。

また、わんちゃんに対しても、ごはんの前などで、コマンドを言う前にわんちゃんが既に座っている場合、

「あら!【オスワリ】しているの?えらいわねぇ・・」

なんて、言葉、かけたりするのではないでしょうか?


ワンちゃん達は、人間とは理解のしかたが違います。

ワンちゃん達の頭の中をのぞいてみましょう。

この【オスワリ】は、自分に言われたから、座らなくちゃだめだよね?
あの【オスワリ】は、ボクのこと、見てないから座らなくてもいいの?なんで?
今の【オスワリ】は、ボク、座っているのに、なんでまた言われるのかなあ?

といった感じでしょうか?

そこで、コマンドを英語に変えてみます。

【オスワリ】であれば、【シット】ですね。

私たちの日常の生活で、【シット】という言葉は、あまり出てこないので、わんちゃん達は
【シット】というコマンドが出たら、【座ればいいんだ】と理解しやすくなるという訳です。

犬のしつけのコマンドを英語にする場合の注意点


おじぎをしているスタンダードプードル

犬は子音はほとんど聞き取れないと言われています。

例えば、オスワリを意味する【シット】ですが、犬は【イッオ】に聞こえているようです。

【フセ】を【ダウン】にした場合、犬が聞こえる音は【アウ】ですね。

犬に芸(トリック)を教えたいと思って、【おじぎ】をする行為を【バウ】という英語のコマンドにした場合、これも【アウ】と聞こえる場合が多いので

【ダウン】フセ→【アウ】
【バウ】おじぎ→【アウ】

で、犬がとても混乱するコマンドになります。

基本的な躾のコマンドは特に、音が似ていないか(特に母音)確認してから決めるようにしましょう。

犬のしつけに使える一般的な英語のコマンド


チンチンをしているスタンダードプードル

多く使われている英語のコマンドはこんな感じでしょうか?
実際に英語圏の方が使っているコマンドではなく、日本人が使っている英語のコマンドといった意味合いで列記してみます。

日本語 英語
オスワリ シット
フセ ダウン、ライ、ライダウン
立って スタンド
マテ ステイ、ウェイト
オイデ カム
止まれ ストップ、ホールドイット
イケナイ ノー
クレート(バリケン)に入る ハウス
よし オーケー、イエス、グッド
褒める時 グッド、グッドボーイ、グッドガール
ほっておきなさい(ひろい食いをとめたい時など) リーブイット
持ってこい フェッチ、ブリング
持て ホールド
出して(口から出す) アウト、ドロップ、ギブ
お手、おかわり ハンド、チェンジ、シェイク、ポー、アザーポー
チンチン ベッグ
おまわり サークル、アラウンド
ついて(人の左側にくる) ヒール

犬には英語のコマンドとジェスチャーを併用しよう

オスワリを教えてもらっているミニチュアシュナウザー

犬はコマンド(声符)よりも、ジェスチャー(体符)の方が理解しやすいことがわかっています。

例えば、【フセ】の

コマンドを【ダウン】
ジェスチャーを【手のひらを下にして胸の前で少し下げる】

にしたとします。

イジワルですが、【シット】(オスワリ)と言いながら、手のひらを下にして胸の前で少し下げる【フセ】のジェスチャーを同時にした場合、ほとんどの犬がフセをします。

それ位、ジェスチャー(体符)の方が、犬には理解しやすいのです。

ですから、コマンド(声符)と一緒に、ジェスチャー(体符)もつけると、より一層、犬の理解が早くなりますよ。

まとめ


ということで、英語のコマンドにした方が、犬にとってわかりやすいことについて書いてみました。

わんちゃんもコマンドを一生懸命、覚えようとしてくれます。

なので、人間の方も、

「オスワリ!あ、ちがった!シット!」

なんてことのないように、コマンドをしっかり覚えるようにしましょうね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ken

    なるほど、日本語だといろいろ言い換えて使ってしまいがちなのには覚えがあります…。
    しかし友人宅の犬はドイツ語でしつけられているため、私のコマンドが伝わりません。ポカ―ンとされてしまうことが多く、覚えたてのドイツ語でのコマンドが伝わりません。そういうわけで、やはり日本で生活しているならば日本語でいいのでは、と内心チラと思ってしまいますが。
    要するに、その犬に関わる人間が共通のワードを使うようにしないと犬が混乱してしまう、というわけですよね。犬にコマンドを入れる前に、人間こそコマンドをしっかり覚えないといけないってことですね。犬のしつけトレーニングと一緒に、飼い主も学ばなければいけないことがたくさんあります。
  • 投稿者

    女性 どんべえ

    先日、休みを利用して国際結婚をした友人の家に遊びに行ってきました。おうちにはプードルがいるのですが、英語で指示しているのを見て、かっこいい!と思いました。友人はやはり「日本語の方が長いので、英語で指示した方が簡単だ」と言っていました。確かに、日本語よりも短いし、音も日本語よりハッキリしているので、犬にとっては理解しやすいかもしれませんね。実は我が家の近くにあるドッグパークでも、ワンちゃんに英語で指示している人を見たことがあります。こういった理由で英語を選択したのかもしれませんね。今更ですが、我が家の愛犬にも英語コマンドで指示してみた所、「?」という顔をして見ていました(笑)。やはり日本語に慣れてしまっているので、混乱してしまいました・・・。
  • 投稿者

    女性 シュナ

    まずは飼い主が統一をしてわんこに教える、わかっていてもついつい余計な言葉が入ったり、難しいですよね。うちは一番最初にわんこの名前の呼び方ですら、呼び捨て派とちゃん付け派がいたりとごちゃごちゃになっていました。英語での指示のほうが犬にわかりやすい、経験としてもうなずけます。短い音でコマンドのみの発言になるので犬にも伝わりやすいのかなと私も思っています。「イケナイ」「ダメ」など、日本語ではたくさん表現方法がある言葉も英語だとNoの1通りですみます。昔、ラブラドールをしつけに出したときも。コマンドは英語でした。小学生ながらに私も一緒に覚えた記憶があります。たくさんの言葉でわんこを混乱する可能性があったり、指示がなかなか伝わらない、、などのお悩みがある場合は英語での支持派とてもお勧めだと思います。こちらの記事にある日本語と英語のコマンド辞典、うちも家族で再確認も含めて復習してみようと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 さくら

    確かに、英語の方が使う言葉は一つなので簡潔でわんちゃんも迷う事がありませんよね、うちでは日本語を使っていますが、やはり家族で統一性がなくいう事を聞かないことが多々あります。時々言葉によってはシットやアウトなど英語を使ってしまったり日本語では言いにくい単語は英語を使ったりしてます。統一したほうがいいのはわかっているのですが、すっと出てくる単語が英語と日本語両方に存在していたりしてこんがらがりますよね、こちらも訓練が必要という事でしょうか、知り合いの訓練士さんはすべて英語でスムースに行っているのでとても感心しています。何にせよわんこが迷わない言葉をきちんと使ってあげる事が一番ですね。
  • 投稿者

    40代 女性 シュガー

    主人が愛犬のトレーニングをしている頃に、アメリカの人気番組のドッグトレーナーのシリーズ(シーザーミラン)を良く見ていて、それに感化されてか英語でトレーニングをしていました。「いえっっす!グゥッドボーイ!」を大声で繰り返す姿に、周囲はドン引きしていました。
    「シーッット!」「イエッス、ぐっぼーい!」とヘタな英語を繰り広げる主人の隣は歩きたくなかったのを思い出しました。
    しかし他の家族はもちろん日本語でしつけを行っていたものですから、あまりよくありませんでしたね。
    肝心の愛犬はというと、とても賢い子なので、日本語でも英語でも基本な指示はわかったようで(空気を読んだかな)、常にGood boy!です。
  • 投稿者

    20代 女性 まるこ

    わたしもこの記事にあるような言葉の使い方をしてしまうことあります…。お座りして〜と子供に声をかけて愛犬が座ってしまうこともしばしば…。この記事を早く読んで知っていたらと思います!(×_×)確かに愛犬は走る時だけ『ラン!』というコマンドにしているのですが、これはブリーダーさんからそのまま習って使っていたので全く意味など気にしたことがありませんでした。もう我が家の愛犬は13歳なので今更、コマンドを全て変えることは難しいと思いますが、新しい家族を迎えた時にこの記事を生かしてしつけをしたいです。確かに英語の方が発する言葉も短いですし、飼い主の言い間違えや他の人が話してる会話もごっちゃごちゃにならずに聞けそうですよね。
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。