僧帽弁閉鎖不全症は小型犬がかかりやすい病気

27230view

僧帽弁閉鎖不全症は小型犬がかかりやすい病気

お気に入りに追加

犬の僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)は、心臓病と診断されると不安でいっぱいになるかと思います。しかし薬をしっかり飲み続け、普段から落ち着いた生活を送ることで、犬の心臓の負担を減らすことができます。今回は、症状と向き合う事ができる「僧帽弁閉鎖不全症」について詳しく知り、病気と上手く付き合う方法を一緒に覚えていきましょう。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状

高齢のチワワ

高齢の小型犬がなりやすい病気のひとつに、僧帽弁閉鎖不全症があります。この僧帽弁閉鎖不全症は一般的に「心臓病」と分類されます。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状は、犬の咳がひどくなり、呼吸困難を起こしやすくなってしまいます。心臓が肥大してくるため、犬の気管を圧迫して咳が出て、酸素不足でチアノーゼが出てしまう場合もあります。

さらに僧帽弁閉鎖不全症が悪化すると、犬は肺水腫を起こす場合もあります。以前は他の犬に吠えたり、お散歩でもいっぱい走っていた犬が、疲れやすくなり、運動自体を嫌がってしまうこともあります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の原因

心臓

犬の僧帽弁閉鎖不全症の原因は、心臓にある僧帽弁というところがうまく閉じず、本来は一方通行の血液の流れが、逆流してしまう状態を引き起こします。血液が心臓で逆流を起こしてしまうと、犬の全身に行き渡る血液も少なくなってしまいます。

そこでさらに、犬の心臓は血液を送り出そうと頑張ります。しかし心臓自体はそんなに強くはなく、やがて弱まり、犬は僧帽弁閉鎖不全症を起こしてしまうことになるのです。

犬の僧帽弁閉鎖不全症は、血液を力強く送り出そうとした時、つまり犬が興奮してしまう時にひどくなることが多い病気です。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療

薬

薬でコントロール

犬の僧帽弁閉鎖不全症とわかると、まずは、薬で犬の心臓の負担を減らすようにコントロールしていきます。ACE阻害薬と言われるもので、犬に副作用も少ないので、まずは続けることが重要です。

生涯続ける薬を途中でやめてしまうと、犬の僧帽弁閉鎖不全症は余計に悪化することもあります。薬を嫌がる犬であっても、獣医師に相談しながら、まずは飲ませる習慣をしっかり持ちましょう。

犬に塩分を控える

犬の僧帽弁閉鎖不全症には、犬の普段の食事に関して塩分が強いものは与えないこと、犬のジャーキーなども控えたほうが安心です。

犬に落ちついた生活

犬の僧帽弁閉鎖不全症は、飼い主さんも、犬にも落ちついた生活を送ることが大切です。精神的なストレスや興奮は、犬は敏感に感じ取ってしまうものです。日々、落ち着いて暮らせるように、犬とゆっくりとコミュニケーションを取ってあげましょう。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の予防

診察を受ける犬

犬が高齢になってきたら、まずは健康診断を行う習慣をもつことが、犬の僧帽弁閉鎖不全症の早期発見につながります。「高齢だから疲れやすくなった、運動もできなくなった」と犬の歳のせいだと思っていたら、実は、犬の心臓病が原因であるという場合も多くあるのです。

また、犬が食べても痩せてきていると感じる、犬のお腹が膨らんできていると感じた時も、僧帽弁閉鎖不全症の注意が必要です。犬の気になる点には、まずは獣医師に伝えることが大切です。

実際、犬の身体検査やレントゲン検査などを行いますが、聴診器で犬の心臓の音を聞くと雑音が入っていることがあり、これは僧帽弁閉鎖不全症の大きな特徴です。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

ユーザーのコメント

  • 女性 aire

    うちの子は12歳のダックスです。いつも元気に走り回って食欲もあり、いつもと同じ生活を送っていましたが、2ヶ月程前にいきなり腰砕けの様に座り込んだり、酷い時は全身の力が抜けた様に横に倒れてしまいました。今まで大きな病気もなくきたので、とても驚きました。元々、テンカン発作持ちなのでそれかと思いましたが倒れる頻度が毎日になり不安になって検査を受けたら、僧帽弁閉鎖不全症の初期だと言われました。心臓病は治らないとの事。今は1番弱い薬を飲んでいますが…それが倒れた原因かはわからないそうです。血液検査などいろいろやりましたが悪い所はありませんでした。このところ落ち着いていたのですが、また今日いきなりふらふらと座り込んでしまい…原因がわからないだけに不安で仕方ないです。人間同様、高齢犬には早めの健康診断は受けた方が良いと思いました。
  • 30代 女性 翠

    わたしはこの記事を読むまで僧帽弁閉鎖不全症という病気を知りませんでした。
    心臓病の一種で小型犬がかかりやすいとのことで、小型犬を飼っている私は不安になりました。
    ですがこの病気は早く見つけ、薬を飲めば基本的には大丈夫な病気ということなので少し安心しましたが、病気にならないことほど良いことはないので愛犬が病気にならないことを祈るばかりですね。
  • 40代 女性 茜

    犬も長寿の時代。何かと病気の事が不安ですよね。それが 僧帽弁閉鎖不全症等の心臓病となるとなおさらです。
    私のわんこさんは、若いとはいえやはり病気の事だったり考えると怖くなります。犬とはいえ、わんこさんは、家族も同然です。
    そんなわんこさん達の為にも定期健診をして 僧帽弁閉鎖不全症等の心臓病を防ぎたいものですよね。
  • 30代 女性 ゆうかりん

    『憎帽弁閉鎖不全症』という心臓病があることを初めて知りました。興奮している時に亡くなりやすいなんて、怖いですよね。
    歳をとったから、いつもできている運動ができないんだろうな…とは、普通に思ってしまうことだと思います。定期健診をしてもらうことが一番大切なんですね!
    愛犬の様子を気をつけて見ていきたいです。
  • 30代 女性 coco

    うちの愛犬も心臓が弱い方です。2歳の時に、定期的に受けてた検診で僅かに心雑音がすると言われました。
    ただ、診る人によっては聴こえないというほどのグレードの低さなので、投薬はせず年に1回のレントゲンや心臓エコーなどで経過を見ている感じです。うちの場合、逆流も少しあるので僧帽弁閉鎖不全っぽくもありますが、肥大型心筋症の方が近いと思われます。

    今年7歳になりますが、幸い心臓のサイズもほぼ変わらず特に重い症状もなく元気に過ごしていますよ^^
    ただ、塩分を摂らせない様にし過度な運動などは控える様にしています。愛犬が「心臓病」と言われたらすごく不安になりますよね。
    私もそうでした。でも心臓の動きを助ける薬があるし、生活に気をつければ普通通りに暮らせます。わが家は若い頃に定期検診で見つける事ができたので、対策も早くする事ができました。

    ですので、いつもより元気がなくちょっとでもヘンだな?と思ったら一度病院で診てあげて欲しいです。
  • 女性 桔梗

    なんの病気でも飼い主は、心配です。元気に遊んでいる姿を見られるのが一番嬉しいです。わたしの愛犬は、現在問題はありませんが、体が弱い体質なので年に一度は健康診断を受けたいと思います。
  • 女性 ハクまま

    愛犬も同病でまだ7歳ですが、エナカルドという薬を飲んでいます。心臓、ときいてこちらがショックを受け、動揺して泣いてしまいました。今は1日1回の投薬を守り、たまに咳をしたりしますがどうにか落ちついて暮らしています。いつかは別れが来ることはわかっているつもりですが、その日が1日でも遅くなることを願っております…
  • 40代 女性 ぽち

    わたしは僧帽弁閉鎖不全症という言葉を初めて聞きました。
    調べたところ、この病気は人間でも普通に起こり得るようですが、犬で最も多い心臓病でだそうです。
    わたしの愛犬は小型犬でいつも元気いっぱいです。まだ若いですが、今後シニアになってゆくことを考えると、色々と病気が出てくるのではないかと今から心配になります。

    この病気の予防としてストレスを与えないことですが、犬のストレスは多くの場合、飼い主から受けるストレスによるものだそうです。なんだか考えさせられますよね。
    また犬は暑すぎても、寒すぎても、身体はストレスを感じるため、温度管理もとても重要とのこと。
    たとえば暑い季節はアイスノンを用意してあげて、寒い季節は湯たんぽを使うのもひとつの手段ですね。

    愛犬の突然疲れやすくなったり、運動を拒否する、お腹が膨らむなどのサインを見逃さないことも大切ですが、普段から定期健診を受けさせることに越したことはありません。愛犬には健康にできるだけ長生きしてほしいものです。
  • 30代 女性 38moto

    僧帽弁閉鎖不全症、愛犬が咳をし始めたなと思ったらこう診断される確率が高い心臓病です。老齢になってで始めることが多いので、もう少し様子を見ようなどと思わずに早々に動物病院で心音を聞いてもらい、獣医師の診断のもと早期治療に入る方が賢明です。心臓病は早期発見が功を奏します。
    夜中~朝方にかけて乾いた咳から始まります。また息切れもしやすくなるので、呼吸が苦しくなってしまいます。もし絡むような咳をしている場合は肺に水が溜まっている可能性があります。肺水腫になると舌が紫になるチアノーゼが見られるようになるので、口の中もこまめにチェックしておくといいと思います。

    初期の治療はACE阻害薬を出されることが多いです。血管を広げる作用があり、余分な水分とナトリウムの排出を促す効果もあるので血圧を下げることができ、心臓の負担を減らせます。心臓の筋肉を保護してくれる効果もあるので、初期の段階ならこの薬でだいぶ症状は改善されます。
    心臓病の薬はそのままずっと飲ませ続けなくてはならないものですが、心配な副作用もないので安心して長期投与が可能です。

    うちの愛犬には薬の他の対処として、興奮させないこと驚かせないこと、階段や段差は飼い主が抱っこしてあげること、ブロッコリー、豚レバーを適宜食べさせること、などを心掛けています。ブロッコリーは心臓にいい栄養素が多く含まれるのでおススメです。ですが食べさせ過ぎには注意が必要です。
  • 40代 女性 ナツ

    先代のパピヨンが8歳の時に、夜中に乾いた咳をするようになり、病院で診てもらったところ、僧帽弁閉鎖不全症と診断されました。それから8年間、毎日お薬を続けていました。日常生活ににおいては、あまり興奮をさせない、塩分をとりすぎない、運動は控えめにするなど気を付けて生活をしていましたら、16歳まで元気に長生きをしてくれました。ひどくなると、乾いた咳と、夜中に苦しそうに座ったまま呼吸をしたり、伏せをする姿勢がつらいので眠れずにウロウロと歩き回ることがあります。水を飲んださいに、肺に水が入って肺水腫になることもありますので、水のがぶ飲みにも気を付けてあげたいです。
    春先など、気圧の変化の激しい季節の変わり目も心臓に負担がかかりますので、注意が必要です。
  • 40代 女性 かえで

     昔飼っていたわんちゃんが、僧帽弁閉鎖不全症になりました。
     そのわんちゃんは、保護犬で10歳で一緒に暮らし始めました。
     最初は、よく走りすごく活発な子だったのですが、1年半ほどたった頃、少し走るとゼイゼイゆうようになり、心配になりまして獣医さんに診ていただきました!
    すると、検査の結果、僧帽弁閉鎖不全症が疑わしいとゆうことでした。結局は、やはり診断があっていました! 
     まずは、お薬を毎日飲ませることから始まりました。最初は嫌がりましたが飲ませたあとのご褒美のおやつを用意して毎日お薬を飲ませました!だんだん慣れてきてすんなりと飲んでくれるようになりました。
    幸い、亡くなるまで大きな進行もなくほっとひと安心でした。
     少しの、変化も見逃さないようにしましょう。
  • 20代 女性 あめたま

    長らく小型犬を飼育していますが、僧帽弁閉鎖不全症という病名は初めて耳にしました。

    小型犬は気管支や足や骨、皮膚炎などの病気が知れ渡っているので飼い主も上記の病の症状が出た時は冷静な判断を下しやすいと考えられます。

    しかしながら、聞いたこともない心不全の病気となると飼い主は冷静でいられる可能性がグッと下がります。

    対処法が分からない症状や病気が判明した場合は自分で何とかしようとせず、かかりつけの獣医の判断を仰ぐ事が重要です。

    したがって、薬を飲み安静にしていれば怖い病気ではないという点を小型犬を飼育する飼い主により認知してもらう必要性があると考えられました。

    病気だからといって闇雲に怖がるだけではなく、専門医の指示に従い適切な治療を行う事が愛犬にとって最も良い接し方です。
  • 40代 女性 まかぶらあろたる

    この記事を読みながら、これは人ごとではないなーと感じていました。なぜならわが家には3匹の犬、そしてどの子も小型犬だからです。
    必ずなる病気ではないですし、中大型犬だから大丈夫というわけではないと思いますが、確率的に高いということなので、しっかりと頭に置いておかないといけないと感じました。

    ちなみにうちの子は、1番上がもうすぐ5歳、2番目が4歳半、そして1番下が6カ月です。まだまだ今は若いですし、どの子も今のところは持病やアレルギーもなく、とても元気です。
    ただ人間と同じで、歳を重ねていくと、思いがけない疾患がこういう風に出てくることも、覚悟しておかないといけないですよね。

    大事に至らないようにするためには、日頃から観察しておくことが必要だと思います。またしっかりとコミュニケーションを取って、身体の各部位を触らせてくれるように慣れさせておく必要もあると思います。
    犬はとても我慢強いという話を聞いたことがあります。自分の弱い部分(お腹や脚)を触られるくらいなら、痛みを我慢する子もいるそうです。いつもと様子が少し違うな、と思った時に、飼い主が触るだけではなく、獣医さんにもちゃんと触診してもらえるように、たくさんの人に触られることが平気な子に育てることも大切かな、と思いました。

    愛犬にはいつまでも元気でいてほしいですよね!
    ジャーキーは控えめに、ということも書かれていましたが、わが家ではジャーキーは子犬のころから与えていません。少し値段は高いですが、裏面の原材料表示を見て、鶏肉などの素材以外の混ぜ物や添加物の入ったものは、あげないようにしています(^^)
    もともとは、その混ぜ物にどんな肉や穀類が使われているか分からない、というのを聞いたことがそのきっかけですが、塩分を控えるという点でもそれは有効的だったんですね!

    高齢になっていく愛犬が、どれだけ気をつけていても、もしかすると病気になってしまうかもしれません。それでも、やるだけのことをやっていていれば、自分自身後悔はないと思います。そして、最少限度に抑えることも可能だと信じています!
  • 女性 モモかーちゃん

    うちもそろそろシニアになる犬がいるので、心臓に関する病気は気になるところですね。特にこの記事など「心臓が弱い」ことで取り上げられる機会も多い犬種なので、かなり気にしている方だと思います。最近は疲れやすくなってきたような気もするので、健康管理や健康診断をきちんとしていかなくてはと改めて思いました。
  • 女性 たまさん

    うちの子も僧帽弁のこの病気で最後を見送りました。もうすぐ17年目だったので、他にも肝臓や腎臓も加齢により弱っており、薬ばかりの毎日はお互い大変でしたが、発病してから2年半ほど頑張って元気に暮らしてくれましたよ。それでも薬の量が肝臓に負担がかかっていたため主治医と相談し、優先順位を決め、夏場など特に心臓に負担のかかる時期はACE阻害薬を優先して飲ませていました。
    夏は室温管理を大事だなと実感しました。うちの子は心臓発作を何度かおこしました。もともとてんかん持ちだったので、慣れていましたが、初めて直面する方は、発作で硬直したり泡を口から出したりで、驚いてしまうかもしれませんね。でもそういう時は揺り動かしたり大声で名前を呼んだりせず、静かに寄り添って見守ってあげて下さい。うちの子の場合だいたい5分くらいでおさまりました。落ちついてから涼しい時間帯に病院で診てもらった方がよいと思います。焦って行動して、暑い外気にさらさせたり、病院でドキドキさせてしまっては本末転倒かと。

    夏場以外には、気圧の変化の大きい日は注意です。お天気を前もってチェックし、薬を飲ませるタイミングを決めると良いと思います。
    うちの子の場合、人でいう喘息患者の症状と似ていて、朝方の咳が激しく、その時間帯にしっかり薬が効くように投与していました。飼い主さんもそれに合わせてしっかり寝て下さい。できるだけワンコと同じリズムで生活していないと、長い闘病生活が辛くなります。

    最後の数ヶ月は薬をあれこれ工夫して混ぜても食が進まず、心臓に良い野菜を煮込んでおじやにしてあげていました。薬は飲めなくてもご飯を少しでも食べてくれるのが何より嬉しかったです。

    最後に、どんな病気もそうですが、色々決断すべき事が多いので、一人で悩まず、セカンドオピニオンを含め、信頼できて一緒に伴奏してくれるお医者様に巡り合えたら飼い主も心穏やかに過ごせていいですよね。
  • 40代 女性 たまさん

    うちの子も僧帽弁のこの病気で最後を見送りました。もうすぐ17年目だったので、他にも肝臓や腎臓も加齢により弱っており、薬ばかりの毎日はお互い大変でしたが、発病してから2年半ほど頑張って元気に暮らしてくれましたよ。それでも薬の量が肝臓に負担がかかっていたため主治医と相談し、優先順位を決め、夏場など特に心臓に負担のかかる時期はACE阻害薬を優先して飲ませていました。
    夏は室温管理を大事だなと実感しました。うちの子は心臓発作を何度かおこしました。もともとてんかん持ちだったので、慣れていましたが、初めて直面する方は、発作で硬直したり泡を口から出したりで、驚いてしまうかもしれませんね。でもそういう時は揺り動かしたり大声で名前を呼んだりせず、静かに寄り添って見守ってあげて下さい。うちの子の場合だいたい5分くらいでおさまりました。落ちついてから涼しい時間帯に病院で診てもらった方がよいと思います。焦って行動して、暑い外気にさらさせたり、病院でドキドキさせてしまっては本末転倒かと。

    夏場以外には、気圧の変化の大きい日は注意です。お天気を前もってチェックし、薬を飲ませるタイミングを決めると良いと思います。
    うちの子の場合、人でいう喘息患者の症状と似ていて、朝方の咳が激しく、その時間帯にしっかり薬が効くように投与していました。飼い主さんもそれに合わせてしっかり寝て下さい。できるだけワンコと同じリズムで生活していないと、長い闘病生活が辛くなります。

    最後の数ヶ月は薬をあれこれ工夫して混ぜても食が進まず、心臓に良い野菜を煮込んでおじやにしてあげていました。薬は飲めなくてもご飯を少しでも食べてくれるのが何より嬉しかったです。

    最後に、どんな病気もそうですが、色々決断すべき事が多いので、一人で悩まず、セカンドオピニオンを含め、信頼できて一緒に伴奏してくれるお医者様に巡り合えたら飼い主も心穏やかに過ごせていいですよね。
  • 女性 ぴにょ

    うちの子もこの病気でした。大体は老いていくにつれて症状が出てきたりするものですがうちの子は4,5歳くらいで診断されました。また胆汁の方も悪く心蔵の方は薬を必要とするほどのステージではなかったため胆汁数値を下げるためにそっちをメインに治療をしていました。

    8歳の誕生日を迎えた数週間後突然息があがるようになり咳込むように。また吐いたので病院に連れて行った所、胆汁の数値が振り切っていて深刻な状態だったため入院。すると翌日には肺水腫を起こしました。ここでいきなり心蔵のステージが瀑上げしました。
    なんとか肺の水もとれ退院はできましたが胆汁よりも心蔵の方が悪化し、一時は落ち着きましたが次々に不整脈、頻脈、2回目の肺水腫になり3ヶ月後に恐らく心不全で亡くなりました。この病気は薬で進行を遅らせる事もできますが突然進行する場合もあります。診断された方は「愛犬が「僧帽弁閉鎖不全症」と診断されたら読む本」という本を読んで、手術の可能性。手術に耐えうるステージや、手術を選択しなくても飼い主の心構えなど…。横浜でこの病気の手術を何度も成功させている先生が書いてます。

    ぜひ読んでほしいです。
  • 女性 Chika

    「僧帽弁閉鎖不全症」と難しい漢字がいろいろ並んでいますが、要は心臓病ですよね。犬にも本当にいろんな病気があると思いました。心臓病は人間でも怖いですが、犬の体はもっと小さいのでとても負担になるだろうと思います。やはり、病気の早期発見は定期健診に行ったり、日頃から犬をよく観察しておくことですね。ちょっとした変化に、いかに早く気づいてあげれるかがポイントになると思います。
  • 40代 女性 りんずママ

    10歳のペキニーズを飼っています。2年程前から心雑音が聴かれると獣医さんに言われていましたが、日常生活に問題はなく、しばらく様子をみることになりました。でも今年の4月に急に呼吸困難になり、病院に行ったところ、心不全から肺水腫を起こしていると言われました。幸い早期の対応で、命は助けていただきました。でも1度起こすと、1年以内にまた起こすリスクは高いそうです。それから投薬治療が始まり、定期的に検査を受けていますが、今日はエコーをしてもらい、僧帽弁閉鎖不全だと確定診断を受けました。腎臓も悪く、食事療法もしています。私に出会わなければ、病気にもならなかったのでは…とか思います。辛くて悲しくて申し訳ない気持ちもありますが、とにかく苦しくなく、穏やかに暮らしていけるよう、この子と病気に向き合っていきたいと思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。