犬の死因ワースト3。代表的なワンコの病気とは。

110416view

犬の死因ワースト3。代表的なワンコの病気とは。

この記事では、「犬の死因ワースト3代表的なワンコの病気とは」というテーマで犬の代表的な死因と、その治療法や予防法をご紹介します。是非チェックしてみてください!

監修:獣医師 加藤桂子

(伊達の街動物病院)

犬の死因で多いのは?

病院にいるハスキー犬

日本アニマル倶楽部「犬・猫 死亡原因病気TOP10」によると犬の病気による死亡原因は

  • 1位 ガン 54%
  • 2位 心臓病 17%
  • 3位 腎不全 7%

となっています。予想が当たった人、意外だった人もいたでしょうか?人間の病気での死因もガンが1位ですので、ガンで亡くなることは生き物としての運命なのでしょう。

愛犬が病気で亡くなることは悲しいですが、このランキングを見て、「治療法」や「予防法」を一度キチンと考えることが大切です。

犬の死因1位:ガン(悪性腫瘍)

診察台の犬

犬も高齢になるに従って、悪性腫瘍(ガン)を発生する可能性が高まります。現代では犬の平均寿命が延びており、その結果、ガンになる犬も増えて、死因の1位がガンになっています。犬のガンは、

  • 乳腺や精巣
  • 皮膚
  • 造血器系
  • リンパ系
  • 消化器系

などによく発生します。

肥満細胞腫

これらの他に、特に注意が必要なガンとしては、「肥満細胞腫」です。生後6カ月頃での報告もあるようですが、基本的にこのガンも高齢になるにしたがってできやすくなります。

皮膚にできる肥満細胞腫にはその悪性度をあらわすグレード分類があり、それによって治療法や予後が変わってきますし、皮膚以外にできる肥満細胞腫も悪性度が高いものと判断されることが多いです。
また転移することもある腫瘍ですので、しっかり検査をしてもらいましょう。

私の周りにも、このガンのために足を切断したという16歳のワンちゃんもいました。

治療法

外科手術や抗がん剤の投与、放射線治療などさまざまな治療法があります。愛犬の状態や獣医師の方針で総合的に決定するでしょう。

治療法によってはかなり高額になることもあるので、ペット保険を利用したり、愛犬の為の貯金をしておくなど、後悔のない治療を受けさせてあげられるようにしたいです。

また、年齢や進行具合によっては根治できないガンもあります。

予防法

飼い主さんが日頃から愛犬の体や仕草を観察して、異常にすぐ気づけるようにしましょう。早期発見、早期治療が1番大切です。

犬は私たち人間の4、5倍の速さで歳を取ります。つまり、ガンの進行が想像以上に速い可能性があるので、発見が遅くなって後悔した…ということがないようにしましょう。

ガンの症状としては、

  • 食欲の低下
  • 嘔吐・下痢
  • 元気がなくなる
  • しこりがある
  • 急激に痩せる
  • 貧血を起こしやすくなるなど

があります。これらの症状が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

犬の死因2位:心臓病

ハートのクッションを持つ犬

心臓病の種類として

  • 先天性の心奇形や
  • フィラリア症
  • 心筋症
  • 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

などが挙げられます。特に多いのが僧帽弁閉鎖不全症と言われる病気で、高齢の小型犬によく見られます。

治療法

薬によって、心臓の動きを強くしたり血管を広げたりする治療法や、外科手術で対処するケースもあります。手術の場合は100万円以上の高額負担にもなりますが、よくなる可能性もあります。ただ、限られた施設のみでの実施になりますので、あまり一般的な治療法ではないかと思われます。

予防法

小型犬や高齢のワンちゃんを飼っている人は、定期検診を受診するようにして早期発見できるようにしましょう。

また、心臓に負担がかかるような激しい運動はさせないことや、フィラリアの予防薬は忘れずにキチンと飲ませるなど普段の生活から気をつけていきましょう。

犬の死因3位:腎不全(腎臓病)

水を飲むビーグル

死因の3位は腎臓病です。腎臓病は腎臓の機能がおちていくことで、ジワジワと進行する病気なので飼い主さんも気づきにくいです。

治療法

悪くなった腎臓は回復しません。ですので、治療法としては投薬や点滴、食事管理などで症状を和らげること・状態をできるだけ悪くしないことが治療の中心です。腎臓病が末期になると「尿毒症」という症状になり、体に対して毒となる物質を排泄できず、胃に潰瘍ができたり、口臭がしてきたり、ひどくなると痙攣などを引き起こします。

予防法

塩分やタンパク質の多すぎる食事は避けましょう。また、犬の1日の平均飲水量は体重1Kgあたり40~60ml程度といわれているので、それよりも大幅に飲量が多い場合は一度動物病院に相談しましょう。

まとめ

聴診器を咥える子犬

いかがでしょうか。できれば愛犬には病気にならずに天寿を全うして欲しいですよね。

しかし、生き物なので病気にもなります。

実際に病気になったとき、早期発見・早期治療できるかが鍵となってきますので、日頃から愛犬の様子をよく観察できるようになりましょう!

記事の監修

  • 獣医師
  • 加藤桂子
  • (伊達の街動物病院 獣医師)

日本獣医生命科学大学卒業。仙台市の動物病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 かえで

     わんちゃんの死因1位は癌とゆうことに驚きました!
    2位が心臓病ということで、長寿なわんちゃんが多いのでしかたがないのでしょうね。
    昔飼っていたわんちゃんは、16歳~17歳生きてくれた子が二匹いましたが、やはり心臓病になりました。
     大好きなお散歩に行くのが、億劫になりやがて嫌がるようになりました。
    どこがが悪いのかと獣医さんに診ていただきましたら、検査の結果、心臓病だとわかりました。手術のできる年齢ではなかったので、お薬を飲ませてそして、食べ物にも気を付けようとお野菜も食べさせるようにしました。キャベツと好きなカボチャを湯がいて食べさせたりもしました。
     そのうち、食が細くなり食べなくなり、立てなくなり、静かに亡くなりましたが、介護中も賢くしてくれて本当に感謝しかなかったです。
     いま飼っているわんちゃん達も大きな病気を早期発見できるように、注意してみてあげたいとおもいました。
  • 女性 わんこ

    腎臓病予防にタンパク質をへらすのは間違い。腎臓病になってしまったら減らす。良質なタンパク質を摂取するのは予防の段階では必要であると言われています。
  • 30代 男性 やみす

    我が家の柴わんこも2017年5月に脾臓に血管肉腫かできて肺に転移して9月に亡くなりました 抗がん剤治療も行いましたが
    犬の場合進行がすごく早いです7歳以降は
    健康診断はかかせませんね
  • 女性 ぷうこ

    今年の4月18日に腎不全で旅立ちました。最初は膀胱結石による膀胱炎といわれて抗生剤治療をしていましたが、そのうち薬が効いていなくて腎盂腎炎になったと入院を勧められ24時間点滴受け1ヶ月後に腎不全といわれて3日後に旅立ち。膀胱結石が原因なら早くに手術しておけばよかった。寂しい思い痛い思いをさせてしまって結局旅立ち。後悔のみ。早めに気がついてあげれば良かったです。ゴメンね。
  • 50代以上 女性 小桃のかあやん

    我が家のスムチーももうすぐ7歳。
    これからは、今まで以上に、健康診断や日頃のチェックに気を配るようにします。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。