子犬のしつけはいつから?時期や注意点まで

子犬のしつけはいつから?時期や注意点まで

お気に入りに追加

子犬のしつけをしなければいけないのはわかっているけれど、「いつからしつけを始めらたら良いの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「そもそも」の疑問にお答えします。

6764view

子犬のしつけは生後90日からスタート!

ラブラドールの赤ちゃん

犬種によって違いはありますが、生後90日頃からが子犬のしつけのスタートに最も適した時期といわれています。

なぜなら、この頃の子犬は最も好奇心旺盛で人なつこい時期なのでコミュニケーションがとりやすく、また、行動も習慣化していないため、望ましくない行動も直しやすいのです。

ペットショップから迎える場合などは、大体このくらいの月齢の子犬であることが多いのではないでしょうか?おうちに迎えたときから、しつけもスタートということです。

しつけを始めるときの注意点は?まず環境づくりから!

では、いざしつけを始めるとき、何から始めれば良いのでしょうか?「オテ」?「オスワリ」?それも重要ですが、まず、効果的なしつけができる環境づくりから始めましょう。

家族全員のしつけに対する意識を統一する

家族会議

お母さんは子犬を厳しくしつけているのに、お父さんは可愛さのあまり甘やかしてしまう。そんな家庭はありませんか?

家族によってしつけの温度差があると、子犬は何が正しくて何がダメなのかわからず、混乱してしまいます。しつけで大切なのは、家族のしつけに対する意識を同じレベルに統一することです。

ぜひ家族会議を開き、どこまで許して何を禁止するのか、話し合ってください。そして、それをしっかり守ることが大切です。

また、家族間でコマンドを統一することも大切です。例えば、子犬に座らせる指示を出すとき、「オスワリ」と言うのか「スワレ」と言うのか、といったことです。

言葉が違ってしまうと、子犬は指示を正確に覚えることができません。これも家族会議の大事な議題の1つですね。

子犬のリスクになるものを排除する

綿を散らかす子犬

子犬がいけないことをしたときには叱ってやめさせることは大切ですが、そもそも、子犬がいけないことをしなくても済む環境を整えておくことがより重要です。

子犬が噛んでしまいそうな電気コードが剥き出しになっていないか、誤飲してしまいそうなものや壊されては困るものが手の届くところに置いていないか、家の中をチェックして、保護カバーをしたり置き場所を変えたりといった対処をしておきましょう。

子どもに子犬との生活ルールを教える

家族の中に小さな子どもがいる場合には、犬が食べているときには手を出さない、むやみに追いかけ回したり突然抱きしめたりしない等、犬との接し方を教えておくことも必要です。

子犬の性格を把握する

人間の性格がみんな違うように、子犬にも個性があります。こういった性格の差は、一般的には生後50日頃には決まっていると言われています。

つまり、しつけを開始する頃には個性がしっかり現れているということです。人間にどこを触られても嫌がらない大らかな子もいれば、嫌がって噛み付こうとする子もいるでしょう。

しつけを始める前には、子犬の行動を観察することで子犬の性格をしっかりと把握して、どんなことが子犬にとってモチベーションになるのか、どんなしつけから入るのが効果的なのか、適したしつけ方法を選ばなければいけません。

まとめ

ビーグルの子犬を抱く女性

いかがでしたでしょうか?今回は、子犬のしつけのファーストステップを紹介しました。

初めのうちは上手くいかないことも多くて挫けそうになるかもしれませんが、成功したときの達成感は格別で、きっと愛犬との絆を深めてくれるでしょう。

これから始まる愛犬との暮らしをより素晴らしいものにするためにも、最初のしつけが肝心です。頑張りましょう!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ハッピー

    うちの子は子犬から迎えたのですが、その時すでに90日を過ぎていたので直ぐにしつけを行いました。
    事前にしつけ本を呼んでいたので、私自身は基本ルールは決まっていましたが、家族に協力して貰う事が一番大変でした。記事にもありますが、かわいいからといって色んな人が別々のルールで接すると犬も混乱します。(家に来てから暫くは、なるべく私が相手をするようにしました)
    家族に伝える時の簡単無コツは、ルールの要点を押さえて伝える事。甘やかすのは厳禁と決めるとわんちゃんも良い子になってくれますよ。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    『子犬の時期にしっかりとしつけをする』これはその後の十数年(長生きする子は15歳以上)の共同生活を穏やかに暮らせるかにかかってくると言っても過言ではないと思います。
    その為には、記事にもあるように一緒に暮らす家族全員が同じ認識でなければいけないと思います。そして、統一した《ルール作り》をして、誰かが甘やかしたりすることのないように注意することが大切ですね。子犬の時期は、何に対しても興味があるので、【危険なものは行動範囲には置かない】という飼い主が最低限の危険防止策をしなければいけないと思いますし、万が一いたずらをして物をかじってしまったりした際には、しっかりと「いけない!」という事を分からせるために統一した怒り方をすることが大事だと思います。ホメる時と怒る時のきちんとした表現の差が必要ですね。
    そして、しつけで一番大切な事、それは他の人や犬に迷惑をかけさせないことだと思います。
    家で接してる分には、家族が相手だから何とかなりますが、外で人や犬を噛んだり、吠えたり、その他不快な行動をさせると本当に迷惑をかけることになります。気持ち良く散歩させたり生活していくためにも、子犬の時期に心を鬼にして、是非頑張ってしつけをしてほしいです。
  • 投稿者

    30代 女性 ぶち

    愛犬のしつけをしたのはいつだったのか…忘れてしまいました(^_^;)でも子犬のときから可愛がってあげることは、しつけの第一歩だとわたしは思いますよ。信頼関係がないとしつけも上手くいきませんから。しつけって大変なんですけど、しつけをきちんとしてないと愛犬が加害者になってしまうこともありますからね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。