【感動】盲目のピットブルと出会いが1人の少女の価値観を変えた

【感動】盲目のピットブルと出会いが1人の少女の価値観を変えた

交通事故に遭い両目を失明してしまったピットブルのベア。ベアは15歳の少女ケイティーと運命的に出逢い、2人の出会いはお互いに影響力を与えあい、少女の価値観までも変えるという大きな出会いになりました。2人の運命的な出逢いを紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

交通事故で視力を失い盲目となってしまったピットブルと少女の出会い

アメリカ・ペンシルバニア州に住んでいる1頭のピットブルがいました。そのピットブルの名前は「ベア」。ベアはある日、車による交通事故に遭ってしまい、事故現場の近くの動物病院に搬送されました。病院に搬送されたベアの状態はとてもいいものとは言えず、命を取り留めたものの、残念ながら両目の視力を失ってしまう事になってしまったのです。

交通事故による病院の治療費というものは、想像以上に莫大な費用が掛かってしまいます。当時のベアの飼い主は金銭的に余裕がなかった為、今回の交通事故による手術の費用、そして今後のリハビリなどの治療費を捻出するのが困難でした。動物病院の獣医師と話し合った結果、ベアに関する権限を全て獣医師に引き渡す事になりました。

ベアの権限を引き受けた獣医師は、地元のレスキュー団体ローハイド・レスキューにすぐに連絡を取り、ベアの事を相談しました。話し合いの結果、ローハイド・レスキューがベアに掛かる全ての治療費を負担する事になりました。

しかし、ベアの治療費を負担するにあたり、レスキュー団体は動物病院側に1つの条件を出したのです。それは、「ベアに帰るお家がある」という事でした。

事故により両目を失明してしまったベアにとって、それはとても難しい事だと思われました。しかし、ベアの運命を大きく変える運命の出会いがすぐに訪れたのです。

それは後に、ベアと1人の少女の運命を変える大きな出会いに繋がるのでした。

ベアとの出会いが15歳の運命に変化を与えた!

ベアが入院している病院に勤務している一人の女性との出会いがきっかけで、彼の運命は大きく変わります。彼女は、15歳のケイティーという少女の母親でした。

そして、母親からベアの話を聞いた娘のケイティーは、ベアを家族として迎える事を望みました。当時のベアの様子をケイティーは、「ベアの顔はまるでホラームービーを見ているようだった」と話しています。

交通事故に遭い、今まで一緒にいた飼い主さんと離れてしまい、悲しみに暮れていたベアの為に、ケイティーとフレーム家族はベアと心を通わせられるように、ベアに対して心を開放したそうです。

ケイティーさんの家族となったベアは、交通事故による怪我等の治療に専念しました、しかし、その甲斐も胸しく、ベアは眼球を摘出する事になってしまい、眼球の摘出手術を行いました。眼球を失ってしまったベアでしたが、眼球を失っても何事もなかったように普段通りの生活を送りました。

ベアは盲目ですが、普通の犬と変わりません。その事にケイティーも気づいていました。もちろん目が見えないので、物にぶつかってしまう事もあります。しかし、とても賢い犬なので、どこに障害物があるのかをすぐに理解し覚えて行きます。そして、次からはぶつかった障害物にぶつからない様に障害物を避けて歩くようになりました。
ベアは適用能力があり、目が見えない事を忘れさせてしまうくらい、その行動は優れているものでした。

ベアにはケイティーを含めた家族と「もう1頭」大切な仲間がいます。それは、先住犬のゴールデンレトリバー「リース」でした。

ベアが家族の仲間入りをしてからケイティーたちは、リースと仲良く暮らして行けるのか不安でした。ベアをリースに初めて会わせた時、やはり家族の不安が的中してしまいました。ベアが少々パニック状態になってしまったのです。しかし、家族は諦めることなく、ベアとリースの顔合わせに再度挑戦しました。

そんな努力の甲斐あって、2頭は徐々に距離を縮めて行きました。現在では、ベアにとってリースはなくてはならない存在です。2頭は一緒に水遊びを楽しみ、ベアが歩くときはリースの横について歩きます。

家族と出会ってからベアは徐々に変わっていきました。今では、知らない人が来ても怖がらずに膝の上に飛びついて、顔を舐める様になりました。

また、変化があったのはベアだけではありません。ベアと出会い徐々に変化していったのは、ケイティーでした。

ケイティーはベアと出会う前は、自分の人生の意味を見出すことが出来ず、毎日無駄に生きているような感覚に陥っていました。皆さんにも経験があると思いますが、15歳という年齢はとても多感な時期です。そんな多感な時期にベアと出会い、ベアはケイティーに多くの大切な事を教えました。

2人に言葉はありませんが、ベアと出会ったケイティーは、自分の人生に意義を見つける事ができ、どんなに気分が乗らない日でも人生を謳歌しなくてはいけないと思えるようになったのです。

ケイティーとベアの出会いは運命と言えるでしょう。素敵な運命の出会いを果たした2人は、これからもお互いに多くの事を学び、素敵な人生を送っていく事でしょう。

まとめ

不幸にも交通事故に遭い、両目を失明してしまい、人生のどん底という状態で強く生きたピットブルのベア。彼の存在は、ケイティーや家族だけでなく、多くの人に勇気を与えてくれる存在だと思います。

ケイティーとベアを見て私も勇気を貰いました。「どんな困難にも負けず、人生を謳歌する」大切な事ですが、私達は普段生活をしている中で、この言葉を意識する事が殆どないと思います。皆さんもベアを見て、どんな困難な事にも負けず人生を謳歌する事を意識して幸せな毎日を送れるように頑張って下さい。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。