キャバリアのしつけ方とそのコツについて

キャバリアのしつけ方とそのコツについて

お気に入りに追加

キャバリアのしつけ方では、どのようなポイントに気を付けていかなければならないでしょうか。 キャバリアとより良い関係を持った生活をしていく上で、しつけをしていくことは必要不可欠です!今回はキャバリアのしつけ方のポイントやそのコツについて詳しく知っておきましょう。

8438view

キャバリアのしつけを始める時期とポイント

51554073 親子キャバ

キャバリアは垂れた耳に大きな瞳、滑らかでいつまでも撫でていたいような毛をもつ小型犬です。元来温厚で遊びが大好き、人懐っこく、飼い主に対して愛情が深いのでしつけがしやすい犬種といわれています。

そんなキャバリアのしつけを始める時期はいつ頃からでしょうか。それはキャバリアを家に迎えたその日からです!そもそもキャバリアのしつけは生まれてから既に始まっているといわれていて、母犬や兄弟犬と過ごしながら犬社会の言語や精神面を培っていきます。この時期をすりこみ期と呼び、成犬になってからの行動や精神の安定を左右すると言われています。キャバリアを購入する際ペットショップやブリーダーなどから、どんな環境で育ってきたのかなどを詳しく質問することがポイントとなります。

また、キャバリアはしつけをしやすい犬種といわれているので、叱りつけてしつけをするのではなく、褒めてしつけを行うことがポイントです。遊び好きな性格を上手に使って、おもちゃなどを利用しながらしつけることも良いですね。

キャバリアのしつけの種類と覚えさせ方のポイントとコツ

123209235 おもちゃとキャバ

キャバリアは他の犬種に比べてしつけがしやすいといわれています。子犬の時期の3ヶ月~6ヶ月のうちにキャバリアにしつけを覚えさせることが良いとされていますが、最初から上手く覚えるキャバリアはいません。根気強く、一貫性のある声掛けやジェスチャーを使い、キャバリアのしつけを行うことを頭に置いておきましょう。

キャバリアのしつけの種類にはさまざまなものがありますが、ここでは、基本的なトイレ、おすわり、ハウスの3つを取り上げてポイントとコツを詳しく説明していきましょう。

トイレ

キャバリアの子犬のしつけで最も大切で時間がかかるのがトイレのしつけと言われています。しつけのやり方ですが、最初にトイレの場所を決めてあげます。ケージにトイレトレイとトイレ用のシートを設置してあげることをオススメします。それからキャバリアの一日の排泄するタイミングや排泄する前の行動を観察してみましょう。

トイレのタイミングに多いのが、えさを食べた後や寝起きといわれています。また、ぐるぐるまわったり、クンクンと一カ所の匂いを嗅いだりしている場合、トイレをしたがっている可能性が高いと思われます。そのような時にトイレの場所までおもちゃなどを使って誘導し、うまく排泄し始めたら「シー、シー」などの声掛けをすることがコツです。出来たら褒めてあげましょう。

始めは上手くいかず失敗して違う場所にしてしまうこともあります。その時のポイントは強く叱ってはいけないことです。叱ってしまうとキャバリアはトイレをすること自体を叱られていると勘違いしてしまいます。失敗してしまった時は無言できれいに拭き取り、臭いが残らないように消臭してあげましょう。これを根気強く何度も繰り返し、キャバリアが自分でケージの中に入ってトイレができた時は沢山褒めてあげましょう。

おすわり

キャバリアの基本となる大事なしつけのひとつです。病院や家に人が来たときなど、さまざまな場面で重宝するしつけといえるでしょう。

まずキャバリアにおもちゃなどを使って自分の方を向かせ、目を合わせます。腰をゆっくり優しく落として行き、お尻がついたら「おすわり」と声掛けします。その間目を逸らさないのがコツです。その後に「よしよし」などと言って褒めましょう。この時、抑え続けないことがポイントです。

始めのうちはすぐ腰を上げてしまうことが多いと思いますが、えさをあげる前やゲージから出してあげる前などあらゆる場面で繰り返し、腰を落としている時間を徐々に長くしていきましょう。

ハウス

犬にとってハウスは快適で居心地のよい場所であることは重要です。また、キャバリアも最初は寂しかったり嫌がったりして鳴きますが、必ずハウスで過ごす時間に慣れさせるようにしましょう。飼い主が買い物や仕事に行く際の留守番、病気で入院しなければならなくなった場合、飼い主が旅行などでペットホテルを利用する時などのために、ハウスで過ごす時間に慣れさせておくことは大切なことです。

始めに遊ばせたり運動をさせたりしておきます。キャバリアが飽きたり、疲れたような様子を見せ始めたら「ハウス」と声掛けをしながらハウスの方向を指します。ハウスへ誘導し、入ったらすぐに「よしよし」などと言って褒めてあげましょう。鳴いても目を合わせなかったり、話しかけたりしないことがコツです。これを毎日繰り返します。自分で入るようになったら、いつもより沢山褒めてあげると良いでしょう。

キャバリアのしつけの注意点

65568310 舌出しキャバ

キャバリアのしつけのポイントは褒めて伸ばしてあげることです。また、一度にいくつも覚えさせるとキャバリアは混乱してしまうので、一つずつ根気強くしつけを進めていくことが良いでしょう。

ただ、どうしても叱らなければならない場面が必ず出てくると思います。その時は以下の点に注意しましょう。

  • 叱るときは低い声で「ダメ」や「ノー」と短く終わらせる
  • 感情的になって怒鳴らない
  • くどくどと長く説教しない
  • 体罰は人間への恐怖心を煽るだけなので絶対にしてはいけない

キャバリアのしつけでは、わかりやすいようにメリハリをつけることを心がけましょう。

キャバリアのしつけについてのまとめ

91862892 黒キャバ

キャバリアのしつけは他の犬種と比べ、比較的行いやすい傾向にあります。キャバリアをしつける時には褒めて伸ばしてあげると良いでしょう。お互いに良い関係を保っていけるようにキャバリアに根気強く繰り返してしつけをしていくことを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。