キャバリアの成犬の大きさについて

キャバリアの成犬の大きさについて

お気に入りに追加

とってもキュートで元気なキャバリア。室内でも飼うことのできるキャバリアの大きさはとても魅力的です。そんなちょうど良い大きさのキャバリアと一緒に暮らしたい!と考えている方も多いと思います。そこで、成犬のキャバリアの平均的な大きさ、キャバリアがどのくらいの大きさになっていくのかを予想する方法などをご紹介していきます!

11505view

キャバリアの平均的な大きさ

全身キャバ

成犬のキャバリアの大きさですが、小型犬の中では大きくなる犬種です。その大きさには個体差がありますが、以下が平均の大きさになります。

  • 平均体高が30センチ~33センチ
  • 平均体重が5~8キログラム

キャバリアの大きさは小型犬の中でも大型です。中にはこの平均よりも大きくなるキャバリアもいますが、個体差があると言われています。

キャバリアの大きさと分類について

走るキャバ

とても愛らしいキャバリアですが、そもそもキャバリアってどんな犬種なのかが気になりますよね。まずはキャバリアについて基本的な情報を見てみましょう。

キャバリアの体格

キャバリアは小型犬に分類されますが、実は体の大きさでは小型犬の枠の中ではやや大型の分類になります。運動が好きな性格をしているため、成犬になった時の筋肉はオス、メスともに意外とがっしりしています。骨も丈夫で、体重も少し重めです。また食欲が旺盛なので、大きさも大型になりやすい品種ともいえます。

キャバリアの見た目や性格の特徴

キャバリアの大きさは小型犬、垂れた大きな耳と大きな丸い目が特徴です。被毛はやや長めで滑らかな手触りです。

性格としては活発で穏やか、とてもフレンドリーです。また活発ですが暴れまわるような動きはあまりせず、優雅さを感じさせるしぐさや身のこなしをします。毛色としてはルビー、ブレンハイム、トライカラー、ブラック&タンなどがあります。

キャバリアの歴史

正しい名称を「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」といいます。19世紀の初めころに品種改良で誕生した犬種で、それはイギリスの王様のチャールズ2世に愛された血統であったと言われています。「キャバリア」という言葉は中世の騎士を意味する名前だったそうです。犬種として登録されたのはアメリカでは1996年、イギリスでは1945年となっており、アメリカにおいてはかなり最近の品種になります。

キャバリアがどのくらいの大きさに成長するのかを予想する方法

子犬キャバ

キャバリアを新しくお迎えしたいと思ったときに、どの子がどのくらいの大きさに成長するのかをあらかじめ想像できたら嬉しいですよね。育ってみてからのお楽しみではありますが、おおよそこのくらいの大きさになるかな?というのを予想する方法があります。

ワンちゃんの両親の大きさを見る

キャバリアに限らないことですが、両親のワンちゃんの体格によって大きさを予想することができます。大きければ大きく、小さな子であれば小さく成長する可能性があります。なので、もしも気になる場合は両親のワンちゃんの大きさを見て考えてみるのも良いかもしれません。

骨格を見てみる

キャバリアの体の大きさは小型犬の中でもがっしりしていて、オスでもメスでも触ると分かるくらいです。しかし、中には骨格がしっかりして骨太な子と、きゃしゃな骨格の子がいます。しっかりした骨格の子は大きく育ちやすく、きゃしゃな子は小柄な体格になる傾向があります。

手足の長さを確認

手足の長さも関係があると言われています。手足の長い子は大きくなる子が多く、手足の短い子は少し小さめの大きさになる子が多いと言われています。もちろん個体差はありますが、ちょっと気になったら見てみてください。

また手足、肉球の大きさも関係しているといわれており、大きな肉球の子は運動をするときに大きく動ける子が多いので、その分筋肉がしっかり成長して大きくなりやすいといわれています。

キャバリアの大きさと注意点

おもちゃとキャバ

キャバリアの大きさは成犬になっても小型犬ではあるので、室内で飼える程度の大きさではあるのですが、成長してくるにつれて健康のために注意した方がいいところがあります。

キャバリアは太りやすい?

実はキャバリアは他の犬種に比べ、食欲が旺盛で太りやすい傾向にあります。ついつい可愛らしくて食事をあげ過ぎてしまうと、中には平均の大きさよりも大きくなる子もいるようなので注意が必要です。肥満にもなりやすいので、飼い主さんが上手に食事をコントロールしたり、しっかりと運動をさせてあげたりしましょう。

毎日の運動やスキンシップを大切に

どのワンちゃんにもいえることではありますが、がっしりした体の大きさを持つキャバリアにとって、運動はとても大切です。毎日30分くらいの散歩をしてあげたり、室内で遊んであげたりすると良いでしょう。キャバリアは人と遊ぶのが大好きなので、よく遊んであげるとコミュニケーションにもなり、ストレス解消にもなります。ボール遊びや、引っ張り遊びなども好きな子が多いようなので、外で遊んであげるのも良いでしょう。

また、キャバリアの被毛はダブルコートになっているので、こまめにブラッシングをしてあげると被毛の健康を保つことができます。

キャバリアの大きさに関するまとめ

見つめるキャバ

いかがでしたか?キャバリアの基本的なことや、成犬になった時の大きさについて調べてみました。大きな子でも小さな子でも大切な家族になれることには変わりありません。毎日スキンシップをとったり、一緒に遊んだりして、元気で健康なキャバリアと一緒に過ごしていけたら最高ですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 オリーブ

     うちの子(キャバリアのオス)は、成犬になってから事情があって引き取ったのですが、うちに来たときの第一印象が「思ったより大きいな」でした。いままで見たことのあるキャバリアは、もっと小さかった記憶がありました。どうやら、標準より少し大きな子だったようです。
     記事にもあったように、キャバリアは太りやすい体質のようです。わたしの愛犬は、もともとの体の大きさも相まって、ピーク時には体重が10kg近くまで増えてしまいました。本当に食いしん坊で、「おやつちょうだい」のおねだり攻撃にこちらも根気負けしそうになりましたが、食事(フードに、野菜などの自然素材をプラスしたりして、カロリーと栄養、ボリュームを調節)と運動に気をつけて、ダイエットをがんばりました。シニア犬になった今は、年齢的なこともあってかなり痩せてしまったので、あの肉付きのよかった頃を懐かしく感じます(首周りに名残がありますが……)。

     成犬でわが家に来たので、子犬のときどんな様子だったのかはわかりません。キャバリアの子犬の写真を見ては、うちの子も、きっとかわいい子犬だったんだろうなと、想像しています。性格は穏やかで、先住犬とも仲良くやっています。甘えてくることはあまりないのですが、独りでいると落ち着かない様子。キャバリアって、ものすごく寂しがり屋の犬種なんじゃないかな、と飼っていて感じます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家のキャバリアはとても小柄です。市役所の登録で中型に分類されてます。10歳になった今でも、パピーちゃん?と聞かれるくらいです。食欲も普通。息子が連れて来ましたが、お母さんがとても小さいので、大きくならないと思いますと言われたみたいです。10キロ超えた事はないです。心臓の薬もまだ飲んでません。小柄だからかな?と思ってます。目でお話してくれる、表情豊かな可愛い末っ子です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。